FC2ブログ

プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


クール!!

私、たっての希望で発足させた小ユニットのコーラス集団。
その名も「クール・シェノン」
フランス語でクールは合唱、シェノンは幸せの連鎖
というカッコいい名前にしたのですが、
いやーーーー。
これ、クール!!(超かっこいいーー)

自分もコーラスメンバーに加わることで
一人一人の良さが逆にすごく良くわかりました。
そして、なによりも楽しい!!
合唱大好きの熱度の差がないから
(ユニットのスタートをお願いしたら、メンバーが拍手で承認してくれました)
めっちゃ楽しい!!
このメンバーでいろんな曲にチャレンジしたいし、楽しみたいし、
どんどん発表したいですね。
コーラスってダサくないんだよー。クールなんだよーってね。

もーね、
ご当地アイドル(おばさんだけど)になるくらいの勢いでいきますからね。( ̄▽ ̄)

そして、
クリスタルクワイヤー月組が挑戦している女声合唱「枕草子」
いやーーーーーー!
仕上がりが楽しみすぎるーー!
こちらはシェノンメンバーとかぶっている人も多いのですが
またまた違った味わいのコーラスです。

還暦目前にして、やっと
やりたいことのスタートに立ちました。

もちろん、五月のクリスタルコンサートに向けて、(5月28日大曲市民会館小ホール)
ペアーレ受講生の皆さんも本気です。
いつもいつも言ってますが、
熱心な生徒さん達は私の自慢です。
コンサート初の男声合唱もありますよー。
市民によるクリスマスコンサートが終わって一か月。

面白いことやろうよ~
せっかくみんなで楽しいステージできたんだから~

と、

合唱集団クリスタル
月組(女声合唱)
星組(ア・カペラ中心の女声合唱)
宙組(混声合唱)
と、

三団体を同時に発足させた私。。。。
もちろん、ペアーレ大仙のコーラスやゴスペル受講生の皆さんで構成しようと思っていましたよ。
そして複数の組に重複して参加してくださる皆さんだろうと思っていましたよ。
たった一つ、混声合唱が成り立つかどうか、ちょっぴり心配していました。
ですが、
実力派の男性陣が10人も集まってくれました!!!!
嬉し~~~~!!
女声合唱とは違った音色の合唱に、毎回一番得しているのは私です。

所属合唱団の垣根を越えて
楽しみ、学びあい、分かち合う
そんな合唱をしましょうよ。
呼びかけに答えてくださった皆さん
ありがとうございます。
辛くて時間のかかる音とりから解放されましょう。
集まったら楽しく歌えること、
それを実現するために、いろいろ工夫しますから。
どうか、合唱をスポ根と一緒にしないでくださいね。
一つのステージを作るのにまるまる一年もかかるなんて思わないでくださいね。

音とりは最小限の苦労にしましょう。
本当は時間をかけるべき
作品の芸術性や美しさを追求しましょう。
美しい発声法、発音、表現力を身につけましょう。

正しく音がとれた
ほかのパートにつられず歌えた

合唱ってそういうことじゃないはずですよね。
わずか二回の練習で
新曲一曲、ほぼ仕上がりました。

合唱集団クリスタル
進化します!大仙市のコーラスシーンを変えます!

JAGMO

私はゲームというものを一度もやったことがありません。
あ。
スーパーマリオは一回ぐらいやったかな。あと、テトリス。。。。(爆笑)

ところがゲーム音楽って馬鹿にできないですね。
いや、馬鹿にできないどころか
一つの音楽ジャンルとして定着した感があります。

ファイナルファンタジーを次女が弾き始めた頃から
おやおや?
良い曲がたくさんあるなぁと感心していました。
ゲーム音楽専門のオーケストラJAGMOを知ったのはNHKのニュースでした。
その翌日、BSで「シンフォニック・ゲーマーズ」という番組があり、
そのJAGMOの演奏だと知り、興味深く聴きました。
大学卒業以来、オーケストラを聴きたい気持ちがすっかり失せまして
「たいくつ」
「おおげさ」
「疲れる」
という感想しか出てこなかったのですが、
いや。これはクール!!
ゲーム音楽専門のオーケストラ?その発想は凄い!
機会があったらナマで聴いてみたいです。

今日はお会いしたことはないけれど、
音楽や植物の話ですっかり意気投合した方から
フランス歌曲のCDをいただきました。

大学の卒業演奏に選んだのは、
ドイツ歌曲でもイタリア歌曲でも日本歌曲でもなく
フランス歌曲だったワタクシ!(どんだけへそ曲がり?)
当時、誰一人フランス歌曲なんかやってなくて
もちろん先生もバリバリのドイツリートの方でしたから
もうね、、、誰だったか有名な歌手の歌ったのを耳コピしましたよ。
フランス語なんて習ってなかったし。
今、思うと恐ろしいことをしたものです。

最近、フランス歌曲をまた歌ってみたくて
フォーレの楽譜を取り寄せましたが、
すっかり忘れてました。
これ、暗譜して歌ったの?わたし?
再び。。。信じられないことをしたものだー!(°▽°)

プーランクも歌ってみたいなぁ。
あ。フランスじゃないけど
武満徹も歌ってみたいなぁ。。。。と、
クラシック音楽は嫌いじゃない。
だけど、やっぱり自分の好みはへそ曲がりかも知れないとあらためて思った次第です。




無謀?

来年は
クリスタルコンサート10周年!
カルチャー講座の「楽しいコーラス」の生徒さん達を大舞台にあげて
ハッタリかまして(笑)10年です。

10年ってすごいです。
生徒さん達が、生徒さんでありながら
運命共同体に育ってしまってるんですね。
私が美しいと思っている発声やハーモニーを
皆さんも感じ取れるような耳と心が備わっちゃってるんです。

無謀にも(笑)
コダーイの
「天使と羊飼い」に挑戦しています。
平均年齢60に近いメンバーが、
いらない装飾や、無理や無駄を徹底的に排除した歌に挑戦ですよ。
私が求めている「音」をみんながイメージできているんですよ!
すごいことです。

プロでも、セミプロでも、アマチュアでも、レジャーでも
立ち位置を超えるものができたらすごいこと!
うちのメンバーはもともとはレジャーの域でコーラスに来た人ばかりです。
しかし、
今や演奏と意識は少なくともセミプロのレベルです。
毎年言ってきましたが、私は生徒さん達を自慢に思います。

14717331460.jpeg

冬の開催から準備半年足らずで臨んだ初めての夏開催。
練習期間が短かったので、生徒さんにはほんとに難儀をかけました。
いつも以上に自主練習してくれたのがわかります。

初出演の方四名も初出演とは思えないくらい堂々としていて、
しっかりとソロも担当しました。
今回は初心にかえって、
舞台に立つ人もお客さんも共に楽しめるステージを目標にしました。

第三部はみんなが知っている曲を楽しく聴ける構成にしました。
一人一人にスポットが当たるようにといろいろ知恵を絞った結果、
私の無茶ぶりに、(例年のことですけどね)
か弱い心臓をバクバクさせた人もいたようですが
最後は思いっきりはじけていました。
うちの生徒さん、みなさん、肝が座ってる。(笑)

オリンピックの選手じゃないけど
これだけ練習したんだから
うまくいくに決まってる!って思えるはずなんです。
もちろん、私もそう思っていました。

そうなの。
きっちり基本があって、一人一人が歌えることが一番大事。
そのためにはひたすら地味な声作りです。
その上で基本から外れたことを敢えて見せられることがさらに高等技術。
と、私は思います。
「音楽樹」の皆様と出会って、これは確信持ちました。

大人になってはじめた趣味なのに、
こんなに真剣に取り組んでくださる生徒さんは
私の誇りです。

そして、いつも伴奏を引き受けてくれる万里奈さん。
自分の練習や生徒さんのレッスン
そして今年は子供さんの進学にともなう生活のリズムの変化。
いろんなことがあったと思うけど
今年の万里奈さんは、その分逞しくなってました。
いつもはハラハラドキドキが伝わってきましたが
今年はリハから私をサポートしてくれて
主催者側の大きな柱になっていました。
ほんと、助かった。

こどもミュージカルを任せたひみちゃんも成長しました。
小さい頃から見てるから、
あの子が
袖で子供達を励まして、
注意点を確認して、
舞台に送り出している姿にじーんとしました。
振り付けも、子供達の良さを生かし、伝わるものがある
愛らしい作品でした。
子供達も少ない練習時間でよく頑張ったなあ。
年々表現力アップしてます。
表現力って総合的なものだから
本をたくさん読んだり、ピアノを弾いたり、絵を描いたり、劇をしたり、スポーツしたり
全部生きてくるんですよね。
モダンバレエだけしていればモダンダンサーになれるわけじゃない、
ピアノだけしていればピアニストになれるわけじゃない。。。。当たり前ですが。


そして、今年も舞台スタッフにはたくさん助けていただきました。
最初にお仕事をお願いしたのは第3回目だったと思いますから
もう6年もお付き合いが続いているのですね。
照明さんはいつも抜群のセンスで
何も言わなくても行間を汲み取ってくれます。
(それも才能だと思います。)
ひみちゃんの「ひこうき雲」の照明があまりにも音にぴったりで感動的でした。
終演後、そのことを伝えたら
「いやいや。先生んとこの生徒さんにこそ感動しました。」と
言ってくれました。

お世辞だったかもしれないけど
少なくとも舞台関係者は舞台を作る側のプロですから
プロの目から見て「良かった」と言ってもらえることは
何よりも嬉しいです。

そして、ボランティアで受付や雑用をてきぱきこなしてくれた
親友のひとみちゃんはじめ、しげこさん、ゴスペル受講生の加藤さん
特にひとみちゃんは
大事な試験勉強の時間を割いてくれてありがとう。

珍しく、今日はオフです。

8月末締め切りの企画書、つらつら考えます。
あるプロジェクトを立ち上げます。
口に出してしまえば実現すると思うので。。。(笑)

14717331740.jpeg

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»