プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


初心者の蘭栽培の覚書として・・・

20150302103519d9e.jpg
テーブルシンビジュームの「このみ」
石田蘭園さん出身のホームセンター売り。
やさしい緑色にリップがピンクがかってる。蘭の中では一番好きな色。
似た配色の「スプリング・パール」とは花の形が違う。
スプリング・パールはより和蘭っぽい感じ。
交配で、同じ親でもどちらが母になるか父になるかで花の形が変わるんだって。
これは、ふるさと村の蘭フェスタに来ていた沖縄の販売者さんから聞いた話。

20150302103609422.jpg
和蘭「よしの」
これは石田蘭園さん出身、「森水木のらん屋さん」販売。

石田蘭園さん出身の蘭たちはとても丈夫!!
なにしろ、この秋田でもちゃんと冬を越す。
あ。もちろん、屋内だけどね。
テーブルシンビジュームや和蘭は思ってた以上に寒さに強い。
風除室や暖房のない廊下でもちゃんと新芽や花芽が伸びてくるのにはびっくり。
そして、
一般的なシンビジュームがたいそうな肥料食いで
しかもかき芽をしないと花が咲かないのが多い中、
テーブルシンビジュームは
苗も小ぶりでまとまりやすく
場所を取らず
あまり手をかけなくても結構な割合で翌年も咲く。

昨年、処分品を春先に連れてきたが←あいかわらず処分品好き
なんと三本の花茎を伸ばしている。
楽しみ!
石田蘭園さんによると、白系の花は連年開花が期待できるんだって。

自分の蘭栽培を顧みるに、
手のかけ過ぎ、水のかけ過ぎで失敗していることが多い。
植え込みは「森水木のらん屋さん」では水ゴケを推奨しているが
我が家に限って言えば、
バークのほうが圧倒的にうまくいく。
冬の間、我が家は温度は心配ないが、湿度が足りない。
何よりも日照が足りない。
それでも生き延びるのはバーク植え込みのほうだった。

蘭歴4年。
殺戮と挑戦を繰り返し(ダメじゃ~~ん!)
やっと、こうすればうまくいくかもよ!というところがわかってきた。
昇天した子たちには気の毒だけど、
やっぱり投資して学ぶことで
気付くこともあるわ・・・ってことで、ごめんして。

20150302104132ad9.jpg
「アイスダンス」石田蘭園さん出身ホームセンター売り。
花茎二本でお買い得!と、思ったら、
我が家に来てからさらに三本の花茎が伸びてきた!!
石田蘭園さん、ありがと~~~!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |