プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


ガラス胎七宝に出会って15年になる。
毎回、驚くべき作品を見せてくださった長谷川先生も、経営していた材料店を今年いっぱいで閉めるという。

時間と手間とコストがかかる工芸としてはステンドグラス以上だとも思うのだが
広く普及しなかったのは大型電気炉が必要だからかな。

ガラスにお絵かきするのは確かにつまらない。
紙に描けばもっと微細な表現ができるんだもの。

ではフュージング中心に・・・と、ここ何年かガラスの良さだけを目指して作ってきたが・・・・。


今年は瀬戸行きがなくなって
ぼーっと一ケ月過ごして、
そのあと猛烈に色鉛筆画が描きたくなり
そしてまた
一ケ月

またまた一ケ月。

はっと気づいたら12月の個展まであと一ケ月しかないじゃないか~~~!


で。


めぐり巡って
はじめて出会った時にはできなかった「温度管理」と「手間ひま」を
しっかりやってみたくなった。

ガラス胎七宝というと、
「七宝焼きですか。」と言われるので
「ガラスクラフト」なんて言ってみたけど

このたび自分の作品にこのような大それた名前を付けました。
「ガラス釉彩画(ゆうさいが)」
はい。私の造語ですが。


CIMG1150.jpg

まだ途中だけど
半立体とまではいかないけど、
平面ではない絵。

ガラス釉薬で描くからこそできる、このでこぼこ感。
温度管理を間違えると土台となるガラスに溶け込んで平面になってしまう。
何度も何度も重ねて焼成を試みているが
果たして複数回焼成してもいいのか?

この調子じゃ、一つの作品に何日もかかるだろうなぁ・・・。
ブランカさん、ごめん。(笑)

コメント

何をおっしゃいます~???

ガラス釉彩画(ゆうさいが)~いいねぇ!
水彩画の様な~立体のような~
ステンドグラスと違う複雑な光との融合に
出会える喜びを観る人も感動です。
作っている人こそ偶然性も感動でしょうが・・・。
ある時は画家 ある時は工芸作家 ある時は職人
素晴らしい感動を味わい、感動を与える・・・。

待ってるよ!

ガラス釉彩画

ガラス釉彩画っていう響き、良いですね~!
ぷっくり感が出るのも素敵♪
手でさわって、感覚が確かめられるものは、
見ても楽しい気がします。
作品紹介を楽しみに待ってます☆

とっても素敵な・・・ネーミングだと思います

個展はブランカさんでですよね・・・
今から、すっごい楽しみです・・・

どんな猫「ちゃん達うまれてくるんだろうな~~

おや

もーた?
その背中は。

Re: タイトルなし

☆blanca200211さん
15年前、思えばガラス胎七宝に出会ったのと
猫と暮らし始めた時期がかぶっていて
どちらも私にとっては道の曲がり角だったと思う。

今、あらためて振り返ってみて
やっぱり、きちんとガラス絵に向き合って
うちの子たちをモデルにしたものを描いてみたいと思ったの。
少数精鋭でいくね。
(販売品はたくさんあるよ~)

Re: ガラス釉彩画

☆わかさん
いつも応援ありがとうございます。
作品から光がこぼれてくるように・・・というのが
私の理想です。
来年から作家名を本名に戻すつもりです。

Re: タイトルなし

☆コカコカさん
いつもありがとうございます。
ネーミング、いいですかね?
たいそうな名前つけてしまってビビッています。(笑)

個展はブランカさんで
12月4日からです。よろしくお願いします。

Re: おや

☆次女さん
新緑に見入るモータ
秋空を見上げるみーちゃん
などなど
立派なモデルたちが近くにいたんだわ~。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |