プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


CIMG0798.jpg
ロディゲシーちゃん、満開でっす!

CIMG0800.jpg

CIMG0801.jpg
見て見て!
この眠たげなピンクと、大きなふわふわ・・・。
可愛い!ラブリー♪

花付きではないひょろひょろ株がこんな風になるなんて、感激です。


締め切りギリギリでなんとなく気持ちが落ち着かない中ではありましたが
思い切ってやってよかった!「表現を学ぶ会」

バレエのS先生の熱い心につい動かされて(笑)
へば!
と、立ち上げたプロジェクトでしたが、
見通しも計画も目標もな~んもなく、(K先生、ごめんなさい!)
とりあえずやってみてから考えよ・・・と、いういつものパターン。

でも、でも
声をかけたら10人もの人が「やってみたい。」「参加してもいいよ。」
当日は二名欠席でしたが、単発の参加者、連続受講の方、それぞれ楽しんでくださいました。
K先生、こんな私にあきれないでくださいね。
本当にありがとうございました。

ところで


演劇とコーラスは似ているところがあるなと思いました。

コーラスは、音とりや確認のためのパート練習はありますが、基本的にメンバー同士で教えあったり、歌い方を工夫したりすることはまず、ありません。
作品として完成させるための絶対権力者(?)は指揮者だからです。

たとえば、
「青い空」と、歌うとします。
青いの「あ」だけでも、発声の仕方、発音の仕方が違って当然なのです。曲想、ジャンルにもよりますが、文節を大事にするか、音色を優先させるかによっても違います。

だから、「青い空」をメンバーでああでもない、こうでもないなんてディスカッションすることは実のところ無意味です。

誤解を恐れずに言うならば、指揮者の解釈で作品は創られていきます。
そのために歌う側は技術を身に着け、要求に答えられるように練習するだけです。
もちろん、作り上げていく過程において、歌う側と指揮する側の信頼関係、音楽的な共感などがあるということが前提ですよ。

小学校の合唱部を担当していたとき、
コンクールのための作品作りに、約半年もの時間をかけます。同じフレーズを50回も百回も、いや、それ以上に歌うわけです。
それでも、「あ!それだ!今の感じ!」という表現に至るのは
わずか数回。または納得できないまま本番を迎えるなんてこともあるわけです。
ところが、このとほうもない作業が好きだったんですね、わたくし。
今思うと、ほとんど阿呆ですよ。子どもたち、ごめんね。


私は、「表現すること」が基本的に大好きなので
踊りも歌も創作もやめられずに今に至っています。

しかし、演劇をもう一度やろうという気は実のところ起こらなかった。
某ミュージカルに一年三か月もかかわったのにね。(笑)


役作りと称して役柄で呼び合ったり、からむ出演者同士で関係づくりをしたり、
まず、そこんとこなじまなかった。(笑)
他の出演者から立ち位置やセリフの間合いなどにダメ出しされるのは
初心者だからしかたないとは思ったけど、

心の片隅で
演劇を作るのは演出家ではないのかい?

と、いつも思っていました。

だから私、これまた恐ろしい発言をしますけど、
役者になりたいとは思わない。演出ならやってもいいよ~。(爆)

野球なら選手ではなく監督になりたいもん。
合唱隊なら指揮者になりたいもん。

「表現する」以上に「表現させる」ことが
好きなんだな、自分。
ということに、あらためて気づかされた昨日でした。

だからこそ、しっかり学びます。「表現」を!
注文していた本も来ました。締切ひとつクリアしたので読みますよ~!

こどもミュージカル講座も始まりました。
小学二年生から中学二年生まで、全員違う学校の八名の女子です。
とっても楽しみ。
輝くライトを浴びて表現する楽しさを、ぜったい味わわせちゃうもんね!

コメント

もふもふ(*´∀`)

蘭の「もふもふ」かわゆいですね♪
触ってみたくなる誘惑が・・・

こどもミュージカル講座!
素敵ですね☆
一人一人がステージの上で輝く楽しさを知ることができますように♪

Re: もふもふ(*´∀`)

☆わかさん
かわいいでしょ~~。
蘭にハマったのは
ホームセンターで買った処分品が思いがけなく咲いてくれて感激したからでした。
高値の花を
あくまでも安値で買おうという(笑)

こどもミュージカル、ほんと、わくわくしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |