プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


土曜日、秋田市まで行ったついでにブルーメッセまで足を延ばした。

世界の蘭フェア2013

もちろん、これが目的!!


潟上市には蘭の愛好会もあるので、ふるさと村の蘭展よりはるかに見ごたえがある。

出展している業者さんもおなじみの方々で、安心して買うことができるしね。


例によって、販売展示棚はざざっと早足で見て、
カトレアには目もくれず(もう、カトレアはあきらめた)
ひたすら地味系を物色。

しかも、棚の下をあさる。

でも、業者さんもある程度蘭に興味がある、ちょっとは育てているというお客には親切にレアなものを探してくれたり、陳列棚の下のほうから取り出してくれたりするので、これもまた展示販売会の楽しみ。

まったく蘭に興味のないお客さんものぞいて、「これ、どれが花?」「虫みたい」「あややや。こんた花っこなばいらね!(こんな花ならいらない。)」と、勝手なことを話していくので、私のように地味な子たちに目がハートになっている珍客はことのほか親切に接してもらえるのだ。

今年もこんなに買っていいの?というくらい(激安の棚の下漁りですから。しかも小さい鉢ばかりですから。←誰に言い訳してるの?)買い込んで、やっぱり気になっているお店に舞い戻る。

今年もマキシラリア2鉢。バルボフィラム2鉢。
だけどだけど。。。。
ちゃんとしたのもほしい~~~。

と、いうわけで、開花中の美人さんを三人も嫁にもらってしまった。あ。4人か・・。
美人さん撮影会

CIMG0684.jpg
一目で気に入ってしまった。
二輪咲きのパフィオちゃん。
インディアンの双子の娘に見えてしかたがない。

パフィオは地味な色とそのみょうちくりんな形で好みが分かれるところだと思うが、
クマガイ草やアツモリ草の仲間で、蘭なのに、地面に生えるし、水も好きらしいし、ある程度の寒さにも耐えられる。
つまり、東北の日本海側でも育てられる敷居の低い蘭なんだな。

CIMG0682.jpg
この子は花の形が丸っこくてつやっつやで、パフィオの優等生ってかんじ。

CIMG0680.jpg
プリミリウムの血を引く性質らしく、次々に花が咲くらしい。
ちなみに去年の2月に買ったプリミリウムは一年間、一輪ずつ、ずっと咲き続けている。一年間だよ!
パフィオは一年中成長し、花が咲いている時期も一ヶ月と、長い。
面白い蘭なのです。
秋田の皆さん、是非、ご一緒に。危ない道へ。うふふ。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |