プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


これは1月20日朝の南の空
冷えた月があまりにも凛として見えて、思わずカメラを手にした。
DSC_0165.jpg

秋田公演に向けて、恐怖の4日連続お稽古が終わった。

で・・・今朝は・・・・


寝坊した。



大仙市公演が終わってから気持ちがずいぶん変わった。
プレッシャーから解放されたせいばかりではないと思う。終わりに近づいて出演者の皆さんとも少しずつ心が通い、(今頃?と言わないで。あんだんては意外に人見知りなのだ)何か満たされた感じが日に日に濃くなっていく。

昨日も休憩中に話していたら、雄物川町出身者が4人もいるという話になって大盛り上がり。

私は幼少の頃、横手市雄物川町に住んでいた。
兄弟のいなかった私は近くのk旅館のお姉さんたちが大好きで、本当の姉妹のように面倒を見てもらった。

父は独身時代、その旅館に下宿し、小学校の教師をしていた。

結婚後は町内のあるお宅を借りて住んでいた。



ミュージカルで老メアリーの役を演じていらっしゃるS木E子さん・・・高校の大先輩だとは聞いていたが、なぜかそのお名前が気になっていた。
遠い昔、母がよく「お世話になった」と言っていたような気がしてならなかったのだが、よくあるお名前だし、同姓同名なのかな・・と、聞くのをためらっていたのだ。

ところが、そのS木E子さんも雄物川町出身と聞き、


えええ????


もしや・・・

「あの・・・T子(母の名)ってご存知ですか?」

「え?知らないわ。」

そっか、、、やっぱり思い違いか。

「では、遠山T子は?」(私の旧姓は遠山である)

「さぁ・・・。え?遠山って遠山先生?」

「はい!私、遠山の娘です!」

「!」


なんとE子さんは独身時代の父の教え子だった。
k旅館に下宿している父を朝早く起こしに行って
絵画を習ったこともあるというではないか!!
「素晴らしい絵を描く方だったよ。
私も先生にたくさん教わって、いつもコンクールでは金賞だったの。」


しかも、しかも、しかも


父が結婚した後、借家していた家の持ち主だという!!


もう、感激のあまり、二人して涙目になってしまった。
50年の時を経て、こんな出会いがあるなんて・・・・


人の縁は不思議。

そんなふうにつながっていくと、世界中のみんなとどこかでつながっているかもしれない。

外は吹雪だけど、心はポカポカ温かい日となった。

シータにいちゃん、狭いってば!
(割り込んだのはイチ子ですがね~)
DSC_0154.jpg

コメント

No title

そんな出会いがあったのね~
あんだんてさまのご両親が、生きてきた証が
今を結んだんだね~素敵なご両親だったんだね!
あんだんてさまが良い生き方しているのも納得~v-22

改めて私も縁を大切にしなくっちゃぁ。。。v-10
自分の子供が、どんな出会いをするか分からないもんね!
多分、私の事だから、ぼんやりした変人だったと言われるかも~
可哀そうに・・・我が子と孫たちよ~許してくれ!

人んちのブログにゴメン!

呼び寄せられるように

出会うべくして出会っているのね。
タイミングも、これまた不思議なもの。

そういえば、T子おばあちゃん七宝やいてなかった??
台所で七宝を焼いてる姿が記憶にあるんだが。
作品があるなら見たい。

遠山先生にはお会いしたことがないけど、
わたしも絵を描くのがすき~

No title

不思議なつながりってあるんだね。

人との出会いは大事にしよう・・・うん^^


秋田公演も頑張ってね!!!

No title

この世に偶然はないと言うのですが
こんな素敵な偶然に出会えた時
思うのは誰かに見守られて生きてる
そんな気が私は致します。

Re: No title

☆blanca200211さん

父は私が小学校2年生の時に
病気で倒れ、
6年生の時に亡くなっているので
語り合った思い出がないんだよ。

熱血漢で
ハイカラの先生だったって。

私も「突っ走ってばかりの変人だったよ。」と、
言われそう~~(汗)
ははは。ま、しょうがないな。

Re: 呼び寄せられるように

☆次女さん

そうそう。
作品はないけど、七宝やってたねぇ。
赤にビーズをくっつけたりして
なかなか面白いもの作ってたっけ。
年の割にハイカラなセンスだったね。

父は油絵を描く人だったよ。
応接間には西洋美術全集が並んでた。

声や言葉は何も思い出せない。
小さかった頃に病気で倒れて
ずっと寝たきりだったからねぇ。

Re: No title

☆chamiさん

ほんとに不思議なこともあるもんだと思いました。
人との縁はどこでどうつながっているやら・・。
考えてみればchamiさんとの
出会いもまた面白いものでしたね。

Re: No title

☆kibiさん
父は私が小学校2年生の時に倒れ、
寝たきりになってしまい、
6年生の時に亡くなりました。
いつぞや「見える」人に言われたことがあります。

「お父様がやさしく見守っています。」と。

父はもうとっくに気高い光の国の住人になっていると思います。
美しいエネルギーとなって、私を包んでくれていたのですね。
kibiさんもきっと
ハジメさんの力強い愛に守られていますよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |