プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


IMG_2577.jpg

9月19日23時23分だった。

不思議に悲しいという気持ちはない。

ただ、ただ、いとおしい・・・

ただ、ただ、さびしい・・・


異変に気づいてから一か月だった。

制作、バレエやミュージカルのおけいこ、ガラス教室、コーラス指導・・・・怒涛の9月だったのだ。
19日と20日だけは完全オフの私を待ってたかのように、み~ちゃんは旅立った。
最後の最後まで私のことを愛してくれたんだね。



「どちらかが外出中に逝ってしまっても連絡しないことにしよう。」夫は、車で移動する機会が多い私を気遣ってそういった。
「そうだね。死に目に会えなくてもしかたないよね。」

でも、私は心の中で「最後まで見守りたい!!」と、強く思っていた。

帰ってくるたびに頭をシャンと起こして待っているみ~ちゃんに「ただいま~!!帰ってきたよ~!」と言える毎日がどのくらい続くのだろうといつも不安だった。

でも、み~ちゃんは待っててくれた。

19日はぐだぐだになってみ~ちゃんといっぱい話して、いっぱい泣くんだもん。決めてるんだもん。




12時20分、今までにないような大きな吐き気に襲われ、胃液のような血液のようなものを苦しんで吐き出した後、瞳孔が大きく見開かれ、文字通り死んだようになったのを、「まだ、行っちゃだめ~!!」と、引き留めた私。
夫が帰ってくるまでどうしてもいてほしかったのだ。
30分くらいして、「あら?おかあさん。どしたの?」と、真顔になったみ~ちゃん。
「今日はなんかしょっちゅうここに来るのね。ちょっとうざいかもよ。」

み~ちゃんは前日の夜まで、自力で歩いていた。
ふらふらになりながらも、トイレ方向目指して(もちろんたどりつかないけど)用を済ませて、途中でへたり込んで、また30分かけて戻ってきた。
キッチンのカウンタに座っているのを夜中に見つけたときには腰を抜かした。
ど~やって飛び上がったの????

でも、さすがに12時20分の時点から起き上がることすらできなくなった。

夕方、夫が戻ってきたときには「み~ちゃん」と呼びかけられて「にゃん」と返事をした。


み~ちゃんはめったに声を出さない子だった。
でも16日の夜中から大きな声で鳴きはじめ、その後も声にならない声で「にゃぁ」「にゃぁ」と時々言っていた。

ここのところ、うとうとしてはみ~ちゃんが息をしているか確かめに行く生活が続いていたので、ちょっと横になろうかな・・・と、23時にベッドに入った。
でも、なんだか音がしたような気がしてもう一度もどった。
吐いてぐったりしているみ~ちゃんが目に入った。

こんなになってもまだ吐き気があるんだ!!
かわいそうに!!

「苦しませないでって言ったじゃない!!」
宇宙の癒しのエネルギーがあるとしたら、そいつがわるいぞ!そいつに向かって叫んでやった。

しばらく静かな呼吸が続いていたが、23時23分、大きな大きな発作のようなものがきて、み~ちゃんの体は大きくのけぞった。
私は、泣きわめきながら夫を起こし、飛び起きた夫はみ~ちゃんを揺さぶろうとした私を制止し、「さわるな。下顎呼吸だ!」と言った。
み~ちゃんはそのあと、10回以上も大きな呼吸を繰り返し、その間隔がだんだん遠のき、23時40分前、もう二度と息をしなかった。

「最後は人も動物も同じなんだよ。苦しんで逝ったんじゃないんだ。こうしてだれでも逝くもんなんだ。」


誇り高き女王様、み~ちゃん。


最後まで誇り高かったね。
そして、誰よりも美人だよ。

もう思いっきり走り回っているかな。
猫爺にわがまま言って困らせてるんじゃないかな?

二人とも約束を守ったね。
この一か月、どんなにお互いのことが大好きだったかいっぱい確認しあったね。
点滴やめてから「かあちゃんは頼りないから、もう少しいっしょにいたい。
できるだけ日程調整してあげるわよ。」と、言ったみ~ちゃん。
「最後まで見守るよ。」と言った私。

その強くて優しくて清らかなエネルギーは、きっとまたどこかで何かを生かすために使われるんだね。
み~ちゃん。

会えてよかったよ。


ありがとう。






*下顎呼吸についてはこんなことも書かれていた。

コメント

彼岸の入り

みーちゃんの御冥福を心より
深くお祈り申しあげます。

皆、同じ思い・・・

いつまでも、いつまでも・・

みーちゃん女王様

何もかも段取りして、頼りない母ちゃんを気遣って
お二人に最期を看取らせてくれたんですね。
さすがでございます。

ちょこっと前に家の子達が行ってます。
どうぞ、仲良くしてあげてね。

あんだんてさん、さびしいですねー。
さびしいです、さびしいです。
思いっきり、さびしーって一緒に叫びましょう!

ツンデレ

やばいな。
仕事してれば然程気にならないんだけれど、不意に思い出すと目の前が霞む。
今日は1日頭が痛い。

ツンデレみーちゃん、あっさり去ったと思う。
「なによ、未練なんてあるわけないでしょ!!……ふん、…あー、中々楽しかったわね。」ってさ。

にしても、ブログ読んでると父上が凄く真っ当で感動するようなことばかり仰る。
びっくり、とか言ったら失礼だな。

みーちゃんの気遣い

たぶん、ほんとに母さんが暇になるの待っててくれたんだ。
飲まず食わずで1ヶ月も生きられないよ。
みーちゃんの身体は気力でできてた。

会議に行く途中の電車で、おもくそ泣いた。
涙出さないようにしてたけど、むりだったわー。

たくさんのひとがみーちゃんのことを応援してくれたり、励ましてくれたりしたことが、私はすごく嬉しかったなあ。

行ってらっしゃい・・・

この頃良く虹をみます。
もしかしたらミ~ちゃん・・・・と思ってしまいます。
いつも虹のアーチで遊んでいるワンニャンをイメージしてしまう。
ミ~ちゃん、安らかに。。
いつか湯沢のおばちゃんと虹のふもとで遊ぼうね。

み~ちゃん

こんにちは。
み~ちゃん、生き抜きましたね。お見事でしたね。み~ちゃんの様子に、すごい意思を感じました。
あんだんてさんのお宅で暮らし、世界で一番愛されて、生きたのですね。
命あるものはみんな最期という時があって、すごく喪失感もあるのですが、それでもやはり共に生きた時間の素晴らしさといったら!
今はさびしさがあると思いますが、あんだんてさんのお心が、み~ちゃんの素敵な思い出で再び満たされますように。
美人なみ~ちゃん、どうか安らかに。

ご冥福を

無事に旅立たれたようで・・・

僕はどこかホッとしております。
まあ・・綺麗なお花に埋もれちゃって。

Re: 床屋の娘さん

ありがとうございます。
み~ちゃん、かっこよすぎて・・・
すごいです。

Re: 越後屋はなにゃんさん


> ちょこっと前に家の子達が行ってます。
> どうぞ、仲良くしてあげてね。

そうですね~・・・そうでしたね~・・・
はなにゃんさん、立て続けにお二人も亡くして
どんなにおさびしいでしょう

さびしいです。さびしいです。
じわじわと
ますます
さびしいよ~~~~!!(叫)

Re: kisaさん

最後に会いに来てくれて
み~ちゃん、うれしかったと思うよ。
Kisaのこと、大好きだったもんね。

一緒に「特別ごっこ」ができて良かったよ。

父ちゃん、いい人だよ。

「あど、増やすな!多すぎだ!」ってまた言ってた。
おっかあが泣く回数を減らしたいんだろうな。

Re: 次女さん

> たぶん、ほんとに母さんが暇になるの待っててくれたんだ。

うん。ほんとにそうだと思う。
わかってたんだよ。
そういえばナムもチョビも私たちが身動きできる日を選んで
逝ってしまったっけなぁ。

動物って見返りを求めないんだね。
ただただ私たちを愛してくれるんだね。

> たくさんのひとがみーちゃんのことを応援してくれたり、励ましてくれたりしたことが、私はすごく嬉しかったなあ。

わたしもそう思う。
幸せだね、み~ちゃんも私たちも。

Re: sasakinさん

みんなで待ってると思います。
虹の橋のたもとでは
うちの親戚にあたる猫好きさんが
茶店を出してるはずです。
そこに行くまで
もう少し、こっちでがんばります。

Re: ねこまるさま


> 命あるものはみんな最期という時があって、すごく喪失感もあるのですが、それでもやはり共に生きた時間の素晴らしさといったら!

そう。そうなんです。
亡くなったらかわいそうだからもう動物は飼わないという人もいますが
動物たちからもらったものは素晴らしい贈り物ばかりなのです。
だから、見送ることも含めて
共に生きることだと思いました。

とはいえ、
亡くなってから見送るまで
バタバタと過ごし、
寒くて冷たい雨のせいか
急に力がぬけてしまいました。
ゆっくり立ち上がります。

お言葉をありがとうございました。
フェレットちゃん、お大事にしてください。

Re: ヒデヨシさん

ありがと。
あ、私もちょっぴりほっとしています。
すんごく我慢強い子だったので・・・

全部うちの花ですよ。
ちょうど、真っ赤なとても香りの強いバラが咲いて
誇り高き女王様にぴったりでした。

No title

今年は虹を渡る子がホントに多い。

うちも死んだ顔が、とってもかぁいいから載せようかなぁって
思ったんですが、やめました。
でも、ここのみ~ちゃんみたら、載せて自慢してもよかったかなぁって
思いもします。

でもなぁ。私のまわりの猫どもって、み~んな幸せな子ばっかり~~

それとココを読ませていただいて、ホッとしたことがあります。
死ぬときは、苦しんでないってトコ。
うちのアナさんは、最後は呼吸がしにくくなって死ぬって言われてたから、とっても怖かった。でもココで、あぁ、きっとアナさんもあっちへ行くときは、大丈夫やったんだなぁって。
ま・死に顔みたら、ぜ~んぜん苦しそうな顔してないから
あんまし心配はしなかったんですが・ちょっと気にはなってました。
でも 安心しました。

み~ちゃんの死に顔もキレイですーーー!

ご冥福をお祈りいたします!

無事に旅立たれたようで・・・

知らなかった~~~

今日のコンサートのお礼を言おうと、
今、開いたら・・・・・

知らないといえ~気が付かずにゴメンナサイね。

なんと言ったらいいのか・・・・・・・・。

Re: おまりさん

えへへ~。
どんな顔も美人なんだよ。(親ばか!)

最後まで頑張って生き抜いた顔なので
やっぱり自慢です。

苦しいのかな、
痛いのかな、

って、そう思って見守っていると
心が本当にずっきんずっきんと痛いですよね。
苦しくないんだってわかって私もほっとしたよ。

今年は虹の橋が知り合いの子たちで賑やかそうね。
走り回っているでしょうか?
いや、のんびり日向ぼっこしてるかな?
ちょっと覗きに行ってみたいよね~。

Re: blanca200211さん

泣いた眼をしてコンサートに行かないように・・・って
そこまで考えてくれてました。

コンサートは楽しかったよ。
一回ごとに楽しさが増していきます。
いつも発表の機会をありがとうございます。
地域に根差したコーラスユニットとして皆さんに好かれるように
ますます精進します。

ご冥福をお祈り致します。

み~ちゃんにお疲れ様って言ってあげたいです。
そしてあんだんてさんの元で暮らせて幸せだったね。とも。
み~ちゃんのいる向こうの世界、私たちもいずれ行きます。
その時までこちらで頑張りましょう。

19日は私の誕生日。
この日は忘れる事のない日になってしまいました。
それにしてもみ~ちゃんの綺麗なお顔。
とても安らかです。

にゃんこ命さん

み~ちゃんが幸せだったかはわかりませんが
私はみ~ちゃんと出会えて本当に幸せでした。

今はまだ、様々なことを思い出すのが
ちょっと痛いのですが、
きっと時間薬が効いてくるころには
あんなこと、こんなこと、
あったかい思い出が胸を満たすことでしょう。

応援、ありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |