プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


酒蔵見学

もう二日も前のことになってしまったが、横手市朝舞にある「天の戸」さんの見学に行った。
朝舞は郷様のふるさと。
そして、私は幼少の頃、雄物川町沼館というところに住んでいて、小学校入学と同時に秋田市に引っ越したものの県南が大好きで、毎年、ローカル列車の走る、横庄線(ってかくのかな?)に乗って朝舞を通って沼館に行ったものだった。

杉球が玄関でお出迎え

こちらは「天の戸」さんのシンボルマークの勾玉


お話をして、蔵内を案内してくださってのは森谷康市さんで、俳優の「真田ま○○き」をちょっと大きくした感じのステキな方だった。
お話が上手で、ぐいぐい引き込まれる。
酒蔵のいとなみってどこも同じだろうと思っていたのだが、その斬新な発想力と行動力で伝統を受け継ぎながらもよりよい酒造りのために蔵を変えてきたんだなということが伝わってきた。
よい酒造り←働く環境の整備←一人ひとりの創意と工夫←仕事に対する高い意識←愛に支えられたプロ集団

こんなよい連鎖が続いているんだろうな。
これはどの職場にも当てはまる当たり前のことなのかもしれない。だが、伝統を重んじる酒蔵で非難をあびながらも(私の想像だが)改革を進めてきたということは相当なエネルギーと愛の持ち主なんだろうな。


正直言って、昔は「天の戸」なんて買ったことはない。
うちは夫の仕事がら、お酒をいただくことは多いのだが、最近しょっちゅういただくのが「天の戸」なのだ。「何がいいでしょう?」とお客様に聞かれ、「やはりこれでしょう!」と酒屋さんたちがこぞって勧める結果らしいのだが。
そしてこれがわれら飲ん兵衛一家に「お!!こ・・これは・・」と言われるおいしさなのだ。
郷様から誘われて、もう~楽しみで楽しみで!!

そして、お待ちかねの試飲タ~~イム

伊藤家は親子三人で飲みまくり!!
郷様は運転だったし、くまこもすっかり醸されちゃってて、結局、飲んべえ一家はしっかりその実力を発揮してきたのだった。

試飲タイムの後は杜氏の鈴木さんからさらに商品の味見をさせていただいて、おまけにまかないのお母さんがめちゃくちゃおいしいものを次から次と出してくださる。
酒かすにつけた鶏肉をチリっと焼いたものとか、タラの芽のてんぷらとか・・・や~~~ん!!酒が進むじゃありませんか~~

蔵見学者限定のかわいらしいガラス瓶に入った500mlを大量に買い込み、一番好きな「醇辛」は一升瓶と四合瓶を一本ずつ買い
試飲したらとてもおいしかった「美稲(うましね)」も一升買ってしまった。わはは!

でも、大事に大事に飲もうと思った。
蔵の人々皆さんの思いがいっぱい詰まっていると思うから。そして、米と水と麹だけでできる奇跡の創作物であると思うから。
ものづくりっていいなぁ。
作った人の顔が見えるっていいなぁ。

やっぱり県南っていいなぁ。

お腹もいっぱい、幸せ胸いっぱいの一日だった。
「天の戸」スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

ブログ「夏田冬蔵」はこちら
あっちゃ~!!われらの写真入りです

明日から30日まで主婦休暇をもらいました。
久々の二泊三日だ~!というわけで、ブログはお休みです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |