プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


夕べは夫が会議だというので、長女と二人でラーメンでも食べに行くか~・・・と、いうことになった。
蒸し暑い日で、「窓、閉めたら部屋の中、暑いよね。」と、電気をつけずに窓を開けておくことにした。
もちろん、網戸だが。

お目当ての中華料理屋さんは定休日で閉まっていた。
でも、なんだかしょっぱいものが食べたい。フラフラとあてもなく走り、ふらっと入ったラーメン屋は「みそ・塩・しょうゆ」の三種類しかなかった。味も感心するようなものではなかった。いや、むしろ、不味いんではないか?

美味くもないラーメンをかっこみ、家路を急ぐ。

急にいわれのない不安が襲う。
「網戸に手をかけてさ、誰かが開けちゃって、みんな脱走してたりしてね・・・」
笑って不安を払拭しようとするが、なんだか頭から離れない。
家について、再び口にする。
「誰か、屋根の上歩いてないか?」

私が車を車庫にいれている間に、長女は部屋にあかりをつけ、窓締めを担当。
部屋に上がっていくと(我が家の生活空間は二階)
「やらえだ~!」と、長女。

「イチ子が窓から身体半分だしててさ・・・。へ?・・・と、思ってベランダ見たらクマが出てた。」
長女はヘラヘラと笑っている。
しかし・・・・・・私の不安はますます増大する。

人員点呼!!

あ!!やつがいない!!!
「風太がいない!!」
「いるべ。そのへんに。」

バクバクする心臓を押さえ、外に飛び出す。
ベランダから下には降りれないはずだ。しかし!万が一、降りてたら、もう、見つからないだろう。風太は、人にも知らない場所にもあまり警戒心がない子なのだ。

「風太~!!ふ~ちゃ~ん!!」
あんだんて、必死で叫ぶ
どうしよう・・・どうしよう・・・どうしよう・・・・見つからなかったら、どうしよう!!!

にゃぁぁ~ん?

あ。屋根から下を覗き込んでいる、茶色い影!!
いた!!風太だ!!

「おねえちゃん、あんたの部屋の窓あけて~。風太を呼んで!!」

私はリビングに駆けもどり、ベランダに出る。
長女の部屋の前で(屋根)座っている風太に声をかける。
「おねえちゃんの部屋にポンって飛ぶんだよ。」
何度も声をかける。
長女も「おいで~風太。」と声をかける。

しばらく迷っていたが、風太はベランダ側の私のほうに歩いてきた。
な・・なに???こっちに来るのかよ。
こんなとき、つくづくバレエをやっていてよかったと思う。
ベランダから長い足を持ち上げて、屋根に降りる。幸いうちの屋根は平らだがベランダの手すりはずいぶんと高い。
だから8kgの風太を抱いたままもう一度ベランダに戻るのは無理だ。しかも風太は抱っこが嫌いときてる。

助ける道はこれしかない!
一瞬のうちに風太を抱え、長女の部屋に投げ入れる!!
よし!大成功!!

嫌な予感が見事に的中してしまった。
教訓・・・・・猫たちだけを置いて出かけるときは部屋の窓を閉めていくこと。キャッツらを見くびってはいけない。


ところで、クマは風太が出て行ってしまったので、どうにかしなきゃと焦っていた模様。ベランダに必死で出てはみたが、屋根に降りることはできなかったのだろう。
私が風太を探している間もその後の展開も興奮して見ていたから。
シータ、モータ、イチ子は小心者なので、窓があいても出て行けない。ミーちゃんは我、関せず・・で、興味なし。
やっぱり次の級長にはクマが適役なのかも・・・。

「風太大脱走事件」の顛末でした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |