FC2ブログ

プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


イングリット・フジコ・ヘミング&リトアニア室内管弦楽団 公演

行ってまいりました。

あんだんてはあまりTVを見ないので、何年か前にフジコ・ヘミングの番組をやったときも見ていませんでした。
フジコ・ヘミングの絵本は買ってもCDは買ってないしね。
そして、「リトアニア・・??知らないよ、私。たぶん、一度も聴いたことない。」と・・・一万三千円という高額なチケットを買った割には事前学習もなんもせず、ペロっと会場にいってしまいました。


第一部のモーツァルト、えがったっす。
弦の音がやわらけ~
音色そろいまくり~

久々に室内楽聴いて気持ちよく、眠くなりました。←きいてんのか?

フジコ・ヘミングとのピアノ協奏曲もモーツアルトでした。
私、フジコ・ヘミングに関してもあまり詳しいことは知らずに聴きにいったので、モーツアルト聴いてものすごい違和感がありました。

こんな重たいモーツァルトもありなんだ・・・・
どうも、モーツァルトには良いイメージがなくて。
「革命が起きたことも知らない音楽ばか・・」
「ちゃらちゃらした音ちりばめおって!」
・・・みたいに思っておりましたし・・・・。
(それもまぁ、学生時代、ピアノの教授にモーツァルトの課題のとき、しこたま非難されたことがトラウマになってるんですけどね。)
のだめじゃないけど、モーツェルトはピンク!だろ。みたいな先入観がありましてね。

いや~、いぶし銀でしたわ。フジコ・ヘミングのモーツァルトは。


木管とピアノの掛け合いが絶妙~~~。
この楽団の木管すてき~~~。

フジコ・ヘミングって耳が不自由だったんですね。
それも、うろ覚えで・・・・あは。すみません。
そう認識しなおして聴いてみると、このモーツァルトはフジコ・ヘミングだけにしか弾けないのかも・・・。


フジコ・ヘミングが何度かのカーテンコールの後、「こんなにもたくさんの皆さん、聴きにきてくれてありがとう。ショパンの夜想曲とリストのカンパネラを弾きます。」と、再びピアノに向かいました。

ああ~~
どちらもすばらしかった。

人の心をうつ演奏するには技術が絶対に必要でしょう。でも、技術だけではないのですね。彼女が「魂のピアニスト」と呼ばれるのもうなづけます。
泣きたくなるような夜想曲。
映画のワンシーンを見ているかのようなカンパネラ。

最初で最後かもしれないフジコ・ヘミングの生演奏。やっぱり聴けてよかった~~


第二部ですか?
大金を使った分、ゆっくり寝てきましたよ。
いや~、よい室内楽団だった。

帰宅するなり積んでおいた本の中から「フジコ・ヘミング 真実の軌跡」を取り出したことは言うまでもありません。←ミーハーですから。


新作招き猫チョーカー・・・瀬戸に旅立ちました。


ところで!!!!

5月12日から銀座松屋で開催される「着物で遊ぼう」というイベントになぁぁんと、「猫もの」ではなく、「帯止め」で出展が決まりました!!!
ついにデパートデビューです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |