FC2ブログ

プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ



この二人は姉妹です。若い頃はきっと仲の良い姉妹だったはずです。
左は私の母です。
右も。。。。
私の母です。この11月21日に亡くなりました。

話はシータさんから離れます。

ここからは長い長い話になりますし、
私の身の上話になりますから、スルーしていただきたいです。
誰かに知ってもらいたいからということではなく
ただ、純粋に人生には奇跡が起こるんだ!と、
心が震えたことを記しておきます。



母が産みの母ではないと知ったのは大学生の頃でした。
大学生になって、大酒呑んで朝帰りするような素行の悪い娘に我慢ができなかったのでしょう。
ある日、「お前は本当は私の子じゃない。」と、母は叫びました。

産みの母と育ての母は姉妹でした。
叔母さんと呼んでいた人が私を産んだ人で、
二十年共に暮らした人は
その人の姉でした。
その時聞かされたことは
混乱した頭ではきちんと処理できなかったと思います。
知ってしまったからと言って、実の母の元に駆け込むような勇気もありませんでした。
そのまま、なにも知らなかった時と同じように過ごし、
やがて社会人となった私は、
産みの母のごく近くに就職しました。
しかし、
やはり会いに行くこともなく、
月日は流れたのです。

なぜ会いに行かなかったのか。

育ての母に
「決して会いに行ってはいけない。生活が脅かされるようなことが起こるよ。」と、
言われ続けていました。

だらしない暮らしなのだ。
お金に困っているのだ。
行ったら利用されるに決まってる。
あっちはお金に困って、お前を里子に出したのだ。

私はそれを信じ、
母方の親戚筋には決して近づかず、
当然、産みの母の家からも遠ざかる生活を続けました。

平成十三年には育ての母が亡くなりました。
それでも
その後も言いつけを守って、誰とも交流せず、
親戚筋に会うとすれば、誰かの不幸があった時だけ。
そして、今回、叔父の死。
いつものように火葬と葬儀に出席してそれでおしまい。
そう思っていました。

従兄弟が、
「あのね、相葬いって、喪主同士というか、その家同士が行き来しちゃいけないだけなんだって。
それでね、叔母さんの葬儀、急だけど25日に決めたから、出席できるか教えて。」
叔父が亡くなり、その二日後に叔母(実の母)が亡くなりました。
はじめは、不幸が重なったので、叔父さんの不幸が明けてから
お別れの会をしようという計画だったらしいのです。
あ。それなら行くわ。と、思っていましたが、
今日23日葬式で、1日置いて25日?
先週水曜日、シータさんも危篤状態で、コーラスの練習ドタキャンしてしまい、
日曜日なら挽回できると思っていたので、

「あー。わたし、仕事があるから無理だわー。」
と、答えました。
従兄弟も
「いいんだ。無理しなくてもね。」と、言ってくれたので、
その時点で、産みの母の葬儀は行かないや。と、おもっていたのです。

叔父さんの火葬の席で
一番下の叔母さん(亡くなった叔父さんの一番下の妹)、従姉妹(猫好きゆえに、唯一交流していた親戚)、従兄弟の奥さん(親戚筋の不幸の席で、常に隣になる)と、お茶を飲んでいました。
ふと、私の口から
「で?私って、なぜいらない子だったの?」と、いう言葉が発せられました。
自分の意思ではなかったかのように、自分の耳にも響きました。
言う気は無かったのに、なぜそんなこと言ってしまったのか、
自分でも不思議でした。

その瞬間、
一緒に居た三人とも
驚いた顔で
「え?」

叔母さんが真っ先に否定しました。
「遠山先生(育ての父)が美果ちゃんを望んだの。姉(育ての母)のところには子供ができなくてね。
それで、産まれたら是非!って。要らなくて捨てられたんじゃないよ。」
従兄弟の奥さんが
「わたし、何度か(介護施設に)お見舞いに行ったけどね、
叔母さん、いつも美果ちゃんとゆっくり話がしたいって言ってたのよー。」
従姉妹も
「違うよ。捨てられたんじゃないよ。」

え?え?
何なの。
母から聞かされてたことと違うじゃない。
何でみんな知ってて、わたしだけ真実を知らないの??

悔しいのと
悲しいのと
寂しいので

胸が塞がりました。

チクショー、私は何で捨てられたんだよ!と、
言ってやろうと思ってたのに。。

三人の思いがけない言葉に、
気持ちが揺らぎ、
「前言撤回。葬儀に出るよ。」
と、決心したのでした。

(つづく)




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |