プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ



陽だまりのポチくん

続きを読む>>

クリスタルコンサート2018(来年の話な。)の開催要項、やっとできた。
ゴスペルの皆さんに早々に配ったら

ある受講生さんが


「わー。楽しそう。お客様になりたーい!」って言ったの。

ハッとした。

そうなのよね。

プログラム見て、
わー。お客さんになりたいって思うくらい
ワクワクしてくれたんだ!

そうだよね。それが舞台のあるべき姿だよね。
だって、私もそう思って構成考えてるもん。
つまんない舞台になんか足を運びたくないもんね。

土曜日に、あるスタジオのステージ観るために、
秋田市に行きました。
徹底的に「見せる=魅せる」構成でした。
魅せられました。唸ったよ。
やるなぁ。。。
オシャレで都会的だった。
間違えてはいけないんだけど
「私たち、すごいでしょー
ほら、見せてやるわよ。」は、お客様につたわっちゃうんだよね。
「楽しんでもらいたい。ワクワクして欲しい!」と
紙一重の差なの。

ワクワクしたよ。
楽しかった。

みんな何かを伝えたいんだ。
クラシック、モダン、アート、それとも何?
なんでもいいんだけど、

「神は細部に宿る。けれど、民衆は細部を見ない。」

それを噛み砕いて、
こだわりとか理念とか、そういうのは捨てて、
伝えたいものを明確にすることだと思う。
なんか、わかってきた。

ここ数ヶ月?いや、数年?
私が誰かにいろんな不愉快な思いをさせてるのも、今はわかった。
ごめんなさいね。
ほんと、ごめんなさい。

許して欲しいとはいわないけど
謝るよ。



新しい掛け布団カバーを買った。
準備d(^_^o)と、
セットしたとたんに


風太に奪われました。



猫様たちにドーナツ座布団買ってあげたのに
誰も使ってくれないから
仕方なく自分で使おうと椅子に置いたとたんに


ポチくんに奪われたよ。
20171122112009ff3.jpeg

君たち!

続きを読む>>

先週は嵐の一週間でした。
突然の出来事が複数勃発して、

だけども
東京に行って舞台観たり
タイムリーな言葉が満載の本を宮司さんからいただいたり
新しい出逢いがあったり、
差し引きゼロあるいはややプラスととらえています。

ラジオパーソナリティー、コーラス指導に加え、
もう一つ仕事が増え、
余計なことを考えてる時間も余裕もありません。
実際のところ、容量オーバーぎみです。


それでも

全てはうまくいっている。


先輩、ぼく、尊敬してます!
2017110413112776a.jpeg

うまいこと言って毛づくろいしてもらってるだけだよね。ぽちくん。
20171104131122a03.jpeg

気温が下がるとわかりやすい二人です。

続きを読む>>




201711141559350e7.jpeg
くまたん、なんちゅ~汚っこい顔だ。(笑)

続きを読む>>


ねんねのシータさん
牙出てますよ~。


シータさんの白豆パン
20171109091400bc6.jpeg

続きを読む>>

今日、不思議なことが起きた。
いつもならぐだぐだで立つことも降りることもままならないポワントで
なぜか別人のようにエシャペができ、
アテールからルルベ、パッセに立てた。
まぁ、まぐれだろうけどな。

今までと変わった点は???特にないと思ったんだが
よくよく考えてみたら
思い当たるフシはあるなぁ。

その1
ポワントジプシーをやめたつもりだったが
その昔、お蔵入りさせたシルビアを引っ張り出して
履いている。
自分には合ってないと思っていたけど、
指が床にあたる部分をシリコンなどでケアしつつ
履いてみたら、
思ったほど違和感ない。
「ポワントとは不自由な靴ですね。」という感覚が少ないかも。
だからかな?
これからポワントで立ちますぞ~!という力みが少なくて済む。
とはいうものの、先週は全くダメダメだったわけだから
ポワントのせいではなさそうね~。

その2
ポワントで立つためにはアンディオールが必須。
ところが股関節周りが硬い私はアンディオールが苦手。
できないし~と
ぶ~たれてても進歩がないので
今月からバレエストレッチに通っている。
まだ二回しか受講していないけど、
これって確かに柔軟性がアップするかも。
伸びる感覚が気持ちよくなってきてる。
だけど、まだ二回だしな。

その3
さ○か教室で行っている足や足裏のケアをまじめにやってみた。
セラバンドも使って足指強化もやってみた。
でも、これに至ってはほんとに一回しかやってないな。
この時に教わった、アキレス腱を緩めるように意識すること、
これ、バレエシューズの時から気を付けるようにする。
足首固めないこと。かな。

そんな感じ。
で、さ○か教室でもふと感じたんだけど、
ピルエットの際、上体や首が脱力できてるとうまく回れることに気づいた。
首を残すという考え方だと
固まっちゃうんだけど、
力を抜いて、ふわっとした感覚で何度か立てたのが気持ちよかった。
あれがいつもできたらいいなぁ。
今日のポワントの感覚も忘れたくないなあ。
地道に自主練がんばろうっと。
201711090914037d9.jpeg

20171109091349977.jpeg

捨ててはダメなんだそうで。
はい。
捨てませんとも。

続きを読む>>

昨日のレッスンはいつものメンバーがそろわず、
二人だけでした。
いつも四人にそれぞれしっかりと指導してくださるので
私のお直しは四分一の割合ですが
昨日は倍の時間をいただけました。
「脚はここから生えてると思って。」
「骨盤を立てるというよりも、恥骨を平らに。」
「背中の中心に集める意識」
「デコルテ、もっと広げる」
と、
何度も何度も
できてないところを体に触れて、
「こう回して、こう伸ばして。。。」
と、指導してくださる先生が大好きです。

ここをこうするとお客さんから見栄えが良い

ではなく、

バレエの基本を忠実に体に叩き込んでいけば
当然のごとく、どこから誰が見ても美しいのだ

という信念でしょうね。

無駄な動きをそぎ落とし、
正しい位置に近づける。
その上で、何を表現したいのかを明確にする。
技術を見せるのが最終目標ではないから。
その考え方と指導法に信頼が持てます。
十数年習ってきて、何一つできてなかったけど、
まだ、頑張れる。もう少し教えてもらいたいと、
毎回楽しさを感じて帰ってきます。

昨日はもう一つのお教室で課題の
ポワントの際、足首と甲が伸びないという
まったくもってポワント履けない足の悩みを訴えたところ、
意外な対処法を教わりました。
もう一人のメイトさんは
そりゃーもうー、ものすごーく研究熱心で練習熱心なので
いろんなワークを知ってて、
こうしたら?こういうストレッチもあるよ!と
思いがけなく先生を交えて三人でじっくり足をケアしました。

そして、伸びなかった私の甲が、
お?少し伸びた?
と、目に見えて、
メイトさんに同じことをしたら、
なんと指先が床につきそうになり、バレエ用品カタログのモデルさんの足みたいになりました。

運動科学や骨や筋肉のことなど
情報が共有できる時代になって、
トレーニング法もどんどん変化してる。
まだ大丈夫、きっと立てるようになりますよ。

最後にそうおっしゃっていただき、
わーーーー!と、希望の光の中でレッスン終わりました。

幸せー!

そうそう。
もう一つ嬉しいことがありました。
コーラスの練習で、ある生徒さんが
「先生、ピアノも上手いですね。
歌いやすい伴奏ですもん。」
と言ってくれました。

実は私は大学時代にピアノの先生と合わなくて
結局ピアノやめてしまったので、
ピアノは苦手だし、下手くそ!って思ってました。
だから真面目に練習しないし、
いつも初見で適当にごまかしながら弾いていました。

昨日、生徒さんにほめられて(この生徒さんも音大出身でもなく
ピアノは独学だけどとても素晴らしい)ちょっと幸せ気分が継続中。

 | BLOG TOP |