プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ



寒くなるとわかりやすい二人。

最近、話題といえばイモムシのことばかりで、
さすがにブログ読者には嫌いな人も多いと思われ、
他の方へアップしてました。
ナミアゲハとの感動的な出会いと別れもあり、
イモLOVEはしばらく続きそうです。
先輩の方々からも次々に情報が寄せられ、
さすがSNSの力!と、ありがたく思っています。

この地区ではたとえ羽化させたとしても
成虫の食べる花が少なくなるし、
命も短いでしょう。
それでも今、蛹か、終齢幼虫なら羽化できるかも!と、
期待が膨らみます。
今、卵かちびちびーズは微妙なところです。
うまく風除室で冬越ししてくれればいいのですが、
それも運だな。

クリスタル星組は新しい曲をどんどんこなしています。
それぞれ個性的な声質なのですが、
この小ユニットは実に美しいハーモニーを奏でます。
指揮している私が一番癒されてる。

そして、大仙カンマーコーア・ジュニアを正式に募集、発足させることとなり
私はまた児童合唱に身を置くことになりました。
また、
まだ本決まりではないのですが
ある小学校の父兄からある依頼を受けるかもしれません。

歌うということは、
特にコーラスというものは
一人ではできません。
技術も必要ですが
素直な人、感動できる人、努力を惜しまない人、
など、ハードルはどんどん高くなります。
カンマーコーアにしても
クリスタルクワイヤーにしても
最高のメンバーに恵まれた!と、
感謝しています。

しっかり活動を続けて
次の世代にバトンを渡すためにも
私自身は体力づくりをする時間や
音楽に向き合う時間や
落ち着いて自分と向き合う時間を
確保したいと思います。

そうそう。
ラジオのオンエアの時間帯も変わるらしい。
突っ走らず、
ゆるゆる、
飽きずに続けていける方向になればいいなぁ。

201709161223133d3.jpg




今年初の腹ペコアオムシ君。
春生まれの子たちは結局一人も生き残らず、
秋生まれの出産ラッシュが続いています。

その中で第一号のアオムシ君。
たぶん、源次郎(つまりナミアゲハ)だろうと思われます。
今年は圧倒的多数でクロアゲハが食堂を占領しています。

今日も今日とて、レッスンの帰りに
鈴木植物園に寄ってしまいました。

ふと気づいたら、見逃していた葉の裏の卵が一斉に孵化していて



ん?



んんーーーー?



これ、食糧不足間違いない!

って、またまた不安になったんですよねー。
自然界の法則では
余計な手出しをして生物界のバランスを崩したりするのはご法度だと思うんですが
なんとかしてあげたい親心?

それにしても今年はナミアゲハではなく、クロアゲハが
圧倒的に多いんです。

彼らの食糧を買いに行ったつもりが、
食糧にすでについてた卵の孵化と重なり、
我が家のアオムシ状況は満員電車なみです。
食糧が底をつけば自然淘汰ですが、
もう、私もこれ以上は手を出さぬことにします。

と、言いつつ、
鈴木植物園でルーをみたら、丸々と太った幼虫を見つけ、
つい、買って来てしまった愚かな人。


はぁぁぁ。。。。
可愛い💕


いろいろ心は揺れ動きつつ
なんか、
納得のところに着地しそう。

大小島さんに会ったのも大きかった。
私、
何をしたいか
何をしたくないか
明確になりました。

少々辛いけど、
自分に正直に生きたい。

「いつ死んでも悔いはない」


そう、言い切れる人生にしたいから。


カテゴリーに「蝶と蛾」を追加しました。
しばらくこのネタが続きますので、
イモムシ毛虫が苦手な方はスルーしてください。


上の写真は卵です。


昨年からアゲハが庭に飛んでくるようになり、
山椒の葉にもっさり生まれました。

が、自然淘汰され、
冬が近づいた頃、とうとう三匹に減り、
これらに源次郎と名付けて
風除室に保護しました。
その三匹も一匹だけ蛹を確認できましたが
二匹は風除室の中で行方不明になりました。

残った一匹は
なんと冬を越し、
春、桜が終わる頃に羽化しました。

冬を越したことにも感激しましたが、
あの不思議な蛹から美しい蝶に変身したことも大感激。
羽化の瞬間は見られなかったので
次は羽化の瞬間を見たい!!


という
想いが高じて、

とうとう、
アゲハのためにみかんの木を二本買いました。
もちろんこの地域では冬越しできませんから、
風除室で冬越しです。
思いがけなくミカンの花も見ることができ、
喜んでいましたが、
逆に、アゲハは一向に現れず。。。。。
そして二回の大雨。そして秋の気配。


ここに来て、
一気に展開がありました。
ミカンの木に見慣れない幼虫が居たのです。


はい。画像注意ー。




201709021133463c4.jpg

トゲトゲで色が黄色っぽい。
ナミアゲハとは違う。
だけど、誰??
20170902113357856.jpg

ちなみに生まれたばかりのナミアゲハはこちら
201709021132103b8.jpg

少し成長すると鳥の糞にそっくり
20170902113352b88.jpg

まだ鳥の糞状態
20170902113357f87.jpg

そう。よく知っているあの緑のイモムシちゃんになるのはそうとう先のことなんです。


で。
見慣れない幼虫の親がわかりました。
最近、クロアゲハが来るんです。

ミカンの木に止まっているのを発見!
卵、ありました。
これも最初は黄色っぽいのですが、
日が経つと濁ってきて、赤っぽくなって、
中に黒いものが見えます。


ナミアゲハは葉っぱに卵を産むけど
クロアゲハは幹に産むらしい。
ナミアゲハも好き嫌いがあるらしく、
実がなる山椒は好きらしいけど、葉山椒は人気がないの。

などなど、
小学生に戻って、アゲハ観察に夢中な毎日です。
台風が来るというので、
ミカンの木にごと、幼虫たちを風除室に避難させちゃった。

緑のイモムシちゃんになると、鳥に食べられたり
蜂に刺されたりするんだよ。
自然淘汰か、保護か。。。。。
迷いに迷って
今年は過保護にします。

地植えした山椒に付いたのはそのまま外で。




さらに画像注意!




20170902113523841.jpg
私の小指よりも大きい幼虫‼️
スズメガの幼虫だそうです。
雑草をムッチャムッチャと音を立てて食べていました。
そういえば、去年、チェリーセージに来て
ホバリングしながら蜜すってたもんなぁ。。。
私もギョッとしたけど、
そっちも「え?え?人?敵?」と、固まったので
殺戮せずに見守ることにしました。

虫愛ずるオバさんの幼虫観察は続く。。。。

 | BLOG TOP |