プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


まさかの四日目ですが
悪いことばかりではありません。

まずは詳しい血液検査の結果が出ました。

食べる量が激減しているのでこれはしかたないのですが
貧血になっていました。
逆に良いこともありました。
膵臓癌ほか、悪性の病気が疑われる数値はマイナスでした。
(マイナスもマイナス。測定不能ギリギリまでマイナスってどーいうことー?)
というより、
膵炎を示す数値すら見当たらなかったそうです。

とすると
これは?なに?

もしかして、やっぱり胃腸にくる風邪症状?

まぁ、なんでもいいや。
とにかく今日も酒の代わりにショウガシロップ(°▽°)を飲んでますわよ。


今日はブランカさんで
「オヤジ三人展」を観てきました。
小中学校の同級生三人による
版画、写真、シャコバサボテンという三人三様の個性的な
ほっこり良い感じの展覧会でした。
こういうの企画するブランカさんも
へば、やるべーと乗っかる三人も素敵。
音楽もアートも
やる人が楽しく、
見に来てくださるお客様が
幸せな気分にならなきゃね。
来週火曜日のFMはなび、カフェフルールのゲストに
素敵なオヤジ二人が来てくださいます。
ちなみにシャコバサボテン作家?は
私が花栽培の師匠と慕っている方です。



一年365日必ず呑む私ですが、
まさかの断酒三日目です。
土曜日からぬわぁぁんと、酒が呑めません。
10年に一度やらかすアレです。
急性膵炎。。。。。。

呑むどころか、
食べる気力もない。
時々襲って来る鈍い痛みでもない重苦しさ。

膵臓は消化酵素を出す場所ですから
そこの働きが弱ってて
しかも炎症も起こしているため
寒気や微熱もあり、
いやはや。。。。
んだよなぁ。ここ一ヶ月、
気づけば毎日三合は呑んでたもんな。
ううう、自業自得。

これをきっかけに
呑まない人になれるだろうか??



さて、
東京カンタートでもお馴染みの
カール・ホグセットさんの
「奇跡のコーチ」
BSで観ました。

自分の目指しているものが
やっぱり間違ってないと確信しました。
そして、子どもたちの素直で優しい声に涙がこぼれました。

カルチャーだろうが
プロだろうが
求める場所は同じでいいんだ。
合唱を舐めんなよ。←自分に言ってます

より美しくを追求し
完璧を求めていいんだ。
もちろん完璧なものなど手にすることはできないでしょう。
しかし、
そこへ目指して旅をすることこそが価値あることなんだ。
そして、歌う人が美しい演奏を求めているかどうか、
聴く人にはそのまんま伝わってしまうんだな。

明日からまた
生徒さんに愛を注ぎまくる決心を新たにした私でした。

みんな、覚悟せいよ。
私の愛は濃いぃぜよ。(爆笑)

納得

こんなオバサンになっても色々と悩んだり迷ったりすることもある。
わずか数年前まではいい歳こいて
私は何のために生まれ、どうやって生きて行くのが良いのか?
ぬわぁぁぁんて、真面目に我が子に相談してたくらいのお馬鹿さん。

居心地悪かったのね。

好きでたまらない
猫とネコアートの
憧れの作家さんたちとお友達になれて
嬉しくて舞い上がっていたけど、
みんな、只者じゃぁなかったよ。
命削って作品作ってたよ。

私には技術も才能もないって知っていたから
その世界の片隅に居られることが嬉しいけど
同時に居心地悪かったのだね。

もちろん、
皆さん、良い方たちばかりで、
「お前なんかの来るところじゃないよ!」なんて
誰も言わなかったけど。
そして、今でも皆さん
仲間に入れてくれるけど。

11月に入って
合唱のこと
クリスマスコンサートの今後のこと(すでに今年は自分の中で完結してる)
ラジオのこと
色々ぐるぐる考えてたら
大事な書類を出し忘れてたり
連絡しなきゃいけないところにしてなかったりと
かなりヒンシュク買ってるけど

ここ数年感じてた違和感がすっかりなくなってるのに気づいた。

今、やってること
わずかではあるけど
どれもお金をいただいてる。
金額は問題じゃないんだ。
それは私にとっては「仕事になってる」と
認めてもらってることなんだな。

勤め人辞めてから、
仕事ってお金を得ることだけじゃないって
慰められたり、自分で自分に言い聞かせたりしてたけど、

やっぱり、
趣味
道楽
ボランティア

それとは違うって思ってたんだ。

ここ二、三年
決して楽しくはないし、
どっちかっていうと苦労してるし
いや、でもよくよく考えてみたら自分にとっては得意分野なのかもって思うことを
なんとなく続けて来たけど
あ。。。。。
これ、
あと15年やってみな、って言われたら
うんうん唸りながらもやれるかもなって
思えるようになった。

人は好きなことよりも
得意なことで成功するかも。
今頃ですが
納得!

よし。次なる仕事に取りかかるぞ。

夢の話

今朝方見た夢の話です。

見知らぬ人に(知っている顔のような気もしますが、誰だかわかりません)
ぎゅーーーーっとハグしてもらっていますが
その人は「お前はまだまだ浄化されていない。優しさが足りない。」と言いました。
でも、
そのあとで
「右手を見てごらん。授けたから。」

右手を開いてみると
虹色に輝く小さな真珠粒ほどの見たこともない光が数個
手の中にありました。
指先には金の粉も見えました。

夢の中で、そのことを
Kさんに告げようとしていました。

その後続きがあったような気がしますが、
忘れてしまいました。
冒頭の虹の光だけしっかり覚えていました。
不思議な夢〜。

旧鮎川小学校が来年につながりました。
来年はコーラスのみんなで遊びにいきます。
いきましょ!
男声も!
そして、みんなでプチ旅行を楽しみましょう。

昨日はわらび座に打ち合わせに行ってきました。大道具お願いしているのです。
舞台、それもオペラの演出なんて初めてのことで
実はわからないことだらけ。
クリスタルコンサートでずっとお世話になっているライナーハウスさんと
県民ミュージカルでお世話になったわらび座さんと、
これもご縁だなぁと、
今までの自分の思いつきの行動が
少しも無駄になってないと感じるこの頃です。

明日は
由利本荘市に出かけます。
旧鮎川小学校のクリスマスツリー点灯式のイベントで
磯万里奈さんとミニコンサートやらせていただきます。
去年の初夏、
初めて行って、とっても素敵な学校でだったので
また行けることになって嬉しです。

そして帰ってきて、そのままオペラの練習。
日曜日は出演者の舞台メイク講座、
そのあと、クリスマスキャロル。
怒涛の週末です。

そのドタバタをぬって、
月曜日は初めて、味噌作り体験に参加。

でも頭の中は次なる仕掛けでいっぱいです。
どんな曲にしようか。
どこまでできるんだろうかと
妄想が暴走中!
心はワクワクしています。

今日もペアーレでコーラス講座でしたが、
各パート4名ずつでも、
澄んだ声でしっかりとハーモニーを感じて歌える生徒さんに感心しました。
平均年齢を感じさせない、癖のないやわらかな発声。
指導者として、良い財産を持たせなければ!と、思います。

あ。

ところで、スーパーの園芸コーナーから
先日買ってきた、モナラベンダー。
買って帰るなり、伸びすぎた枝をぶちぶち切って
水に入れておいたところ。。。。。
90%の発根率です!!
なんとー!!
しっかり根を張らせてから植え替えて、里子に出します。
欲しい人、手ェ挙げて!
そうそう。
刈り込んだローズマリーも一本だけ発根していました。

植物もおもしろすぎー!!
お仕事あまり好きじゃなく、
できれば植物をずーっとながめているとか
バレエレッスン、飽きるだけやってるとか
猫と昼寝するとか

そういう時間の方が好きなんです。ほんとはね。
でも、今年、怒涛の週末でもなんとかここまで来られたし、
(まぁ、責任ある立場だってこともあるけど)
コーラスに真面目に取り組んでくださる大勢の方と知り合って、
ずっと思っていたことを
やっぱり形にしてみたいと思いました。

それは、
所属の壁を壊すことです。
某国では壁を作りたい人が大統領に選ばれましたが。。。。

現在、
大仙市にはたくさんの老舗コーラス団体があります。
しかし、
合同の発表会と、
大いなる秋田という特別な曲以外で交流することはなく、
楽しみ、学び合い、分かち合うという観点でコーラスをしている団体はありません。

この狭い市内でさえ垣根は壊れないのです。残念ながら。

私はペアーレ大仙で二つのコーラス講座の講師をしています。
しかし、とてもカルチャーレベルではない合唱を求めて続けてきました。
初心者用、上級用
簡単な曲、難曲
私の中でそうした簡単な言葉で音楽を分けることができなかったのです。
それに付き合ってくださる素敵な生徒さんに支えられて10年続けてくることができました。
しかし、
一方で、
新しい人たちが入りにくい、難しすぎてついていけない
というご意見があるのも事実です。

来年から
カルチャー講座をもう少し門戸を広げ、
一方で、
長年歌ってこられた方々が、もっともっと合唱の楽しさを味わえるような方法を実行します。
そしてそれは、どこの合唱団に所属していても参加可能な形にしようと思います。

ああ。
合唱、好きすぎる!



昨日からモヤモヤと考えていたことに
今朝、急に天からメッセージが降りてきました。
いやいや、
オバちゃん得意のいつもの思いつき?
と、言ってしまえばそれまでなんですが。

思いついて、
ふと時計を見たら
11時11分

さらに考えて
パソコンのスイッチオンにしたら
11月14日 11:14と、目に飛び込んできました。

連番は何気ないときに目にする確率が多いので、
そんな時は、
おおー、今日もラッキー!と、思っていましたが
スーパームーンのせいか、
今日は、
「そうそう。次はそれでいってごらんよ。」と、
見えない存在から後押ししてもらったような気がしています。

スーパームーン、東の空から上って来るのをちゃんと見ることできました。
その後、
お願い事もしました。
お願いというより、
「こんな感じで次、行きます。見守ってね。」くらいの感じかな。

クリスマスコンサート本番一ヶ月前なのですが、
私の中では大成功で完結しています。
もう、私の頭は次に向かっています。
いつものことです。

もっと面白いこと思いついちゃった!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
クリスタルコンサート9回目を八月に終えて
私の中では一つの時代が終わった感があるんです。
普通は10周年こそがアニバーサリーなのでしょうが、
私の中では10周年は次期一年目という位置です。

それゆえ、
大ホールじゃなくてもいいんじゃないか?
冬じゃなくてもいいんじゃないか?
という気持ちです。

歌いたい歌も
歌ってもらいたい歌も
10年前とは全く違います。
世の中も
人間も
進化しているはずなのです。
ささやかながら、私も進化しています、たぶん。
何十年も「水のいのち」を歌い続けることができないのです。
(もちろん高田三郎氏の歌は好きですよ。)

まして18年の時を越えた市民によるクリスマスコンサート!
18年前と違って当たり前!!



私は
複数の音楽集団を持ちたい!
栗山先生(栗山文昭氏)が憧れです。
今はゴスペル、コーラスというカルチャーの講師ですが
いつかは混声合唱の仕掛け人にもなりたいし
ア・カペラの女声コーラスユニットもやってみたい。。
自分自身ももう一度歌ってみたい。。。。。。

11月はいつも自分にとって新年なのですが
今年は
強く強く、音楽への憧れが膨らんでいます。

今日も秋田市から、横手市から、
クリスマスキャロルのために駆けつけてくださった皆さん!
9年前からずっと付き合ってくれている皆さん!
そっと支えてくれている事務局の皆さん!
偉くもなく、実力の程も怪しい
ただの音楽好きのオバさんに付き合ってくれてありがとう!!!
ほんとに感謝の気持ちしかありません。

でも、まだ足りない。やりたい。
人生ってもっと面白くてもいいよね?

面白いことやりたい人、この指、とーまれ!!
この歳になっても悟れない我々夫婦。
夫は、クラブのせいではないと知りつつも、
また(何十回目だろう?)
新しいゴルフクラブに望みを託しています。
2年ほど前までは、その様子を見てせせら笑っていた私ですが、
今、夫と同じようにジタバタしています。

そうよ、そうなのよ。
立てないのも踊れないのも
ポワントの(トゥシューズ)せいじゃないのよ。
知っているけど、この数ヶ月、ポワント履いてなかったから?
全然立てないし、踊れないのよ〜〜!と、
またまたポワントジプシー。

全然知らないメーカーのを注文してみました。
だけど、
今年から履いているバレエリーナのレガートプラスが
まぁまぁ立ちやすいから
これでダメならもう絶対ジプシーやめます。
諦めます。。・゜・(ノД`)・゜・。

これからプリマ目指すわけでもないし←をいをい。
所詮は趣味だし←んだんだ。
怪我をせず、楽しく踊れれば良しというレベルなのに
なんでこう、こだわるかね?自分。(´;ω;`)

何かの誰かの話だったけど、
「好きなことで成功するより、得意なことで成功する方が近道」
だってよ。

それは、ほんっと、そう思う。
ネコ好き、アート好き!
あわよくば猫アートの作家さん達に紛れ込みたい!
なーんて思ったこともあったけど、
それはね、少なく見積もっても500 年くらい早い!って思い知った。
モノづくりやバレエは好きだけど、
それ以上にはなれない分野なのさ。

それに比べたら、
歌うことや歌を教えることは、好きなうえに得意だもん。

歌ってみたいな、
もう一度勉強してみたいな、
そんな曲が
近ごろ一気に増えました。
注文した楽譜が
次々に届き、
久々にワクワクしています。

最近は、どうしても「次、コーラスの皆さんになにを提示する?」という視点で
曲をリサーチすることばかりだったのですが
思いがけなく、
自分が歌ってみたい曲に、複数出会えました。(再会もありますが)
そして、

憧れていた曲と、
得意かもしれない曲は
全くベツモノだったのね。。。。と、知ることにもなりました。

今日は完全offだったので
話題の映画に行こうと思っていたのですが
直前で体調悪くなったり、宅配便が来たり、
結局上映開始時間に間に合わず、
数ヶ月ぶりに隠れ家的癒し空間、ロミロミに行ってきました。
ここはいつも、施術する側が納得いくまでやってくれるので、
60分コースだったにもかかわらず、かなり延長してくれました。
「酷く硬くなってましたねー。特に首から肩、左足、前腿。」
と、
ほんとにプロの施術なんです。
都会だったら伝説の施術師になると思う。
予約取れないくらい引っ張りだこ!
使っているオイルもエッセンシャルオイルもこだわりあり。
サービスのハーブティーもとても美味しいし。
ご夫婦のぽわわんとした雰囲気も好き。

今週は頭痛が酷かったんだけど、おかげさまで
頭が軽くなりました。(°▽°)

また明日から頑張ります!


おだて

夫は勤め人ではないので、四六時中うちに居ます。
私が仕事のために出かける火曜日と金曜日以外は、
「コーヒーだが?」(コーヒーを淹れて欲しいなという意味)と、10時から11時の間
不定期にリビングにやってきます。
たまたま手が離せないことをしていたりすると
ムッとして、
「湯を沸かすとか、豆を挽くとかしてもバチは当たらないよ!」と、
喧嘩ごしに言うのですが、
自分で準備なんて一向にする気がないようです。

今日は、
その時間に来客があって応対していました。
夫が二階に上がるのが見えたので、
(あ。コーヒーだな。)と思い、
大急ぎで要件を済ませて戻ってみると。。。。。。




な。



なんと、コーヒーを淹れてくれていました。



「え?ちょっとー、だから雪が降ったのよ!」←今日は初雪
と、言ってから
思い直して
「ありがとう。」と言いました。
「薄かったかもしれない。」と、何度も言うので、

はっと気づきました。
あ。そうか。
口に合う濃さに淹れる自信がなかったから今までやってくれなかったのか。

ちょっと薄いような気もしたけど
「なんも、なんも。薄くないよ。んめ!ちょうどいい。」
と、おだてました。

よし。これで、今後は進んでコーヒー淹れてくれるかもな。(°▽°)

結婚当時、リンゴを剥くのが上手だったので褒めたら、
リンゴだけは自分で剥きます。
私はリンゴをそのまま食べるのが苦手なので
いつも皮ごとジューサーに突っ込みますが、
夫はたまに食べたくなるみたいです。
でも、私は一度も剥いてあげたことがありません。

煽ててれば木にも上るのは皆同じか。
ラジオネーム(笑)たまちゃばあばさんからもアドバイスされたことあるけど

「ふふん、と反対側向いて鼻で笑って、
クルッと振り向いて大袈裟に褒めとけばいいのよ、男なんて。」

還暦近くなって、やっとその技を習得しつつあります。

JAGMO

私はゲームというものを一度もやったことがありません。
あ。
スーパーマリオは一回ぐらいやったかな。あと、テトリス。。。。(爆笑)

ところがゲーム音楽って馬鹿にできないですね。
いや、馬鹿にできないどころか
一つの音楽ジャンルとして定着した感があります。

ファイナルファンタジーを次女が弾き始めた頃から
おやおや?
良い曲がたくさんあるなぁと感心していました。
ゲーム音楽専門のオーケストラJAGMOを知ったのはNHKのニュースでした。
その翌日、BSで「シンフォニック・ゲーマーズ」という番組があり、
そのJAGMOの演奏だと知り、興味深く聴きました。
大学卒業以来、オーケストラを聴きたい気持ちがすっかり失せまして
「たいくつ」
「おおげさ」
「疲れる」
という感想しか出てこなかったのですが、
いや。これはクール!!
ゲーム音楽専門のオーケストラ?その発想は凄い!
機会があったらナマで聴いてみたいです。

今日はお会いしたことはないけれど、
音楽や植物の話ですっかり意気投合した方から
フランス歌曲のCDをいただきました。

大学の卒業演奏に選んだのは、
ドイツ歌曲でもイタリア歌曲でも日本歌曲でもなく
フランス歌曲だったワタクシ!(どんだけへそ曲がり?)
当時、誰一人フランス歌曲なんかやってなくて
もちろん先生もバリバリのドイツリートの方でしたから
もうね、、、誰だったか有名な歌手の歌ったのを耳コピしましたよ。
フランス語なんて習ってなかったし。
今、思うと恐ろしいことをしたものです。

最近、フランス歌曲をまた歌ってみたくて
フォーレの楽譜を取り寄せましたが、
すっかり忘れてました。
これ、暗譜して歌ったの?わたし?
再び。。。信じられないことをしたものだー!(°▽°)

プーランクも歌ってみたいなぁ。
あ。フランスじゃないけど
武満徹も歌ってみたいなぁ。。。。と、
クラシック音楽は嫌いじゃない。
だけど、やっぱり自分の好みはへそ曲がりかも知れないとあらためて思った次第です。




昨日もオペラの練習で燃え尽きました。
村人、色々言われたけど、
実際にステージに上がったら、
遠くのお客様からはほとんど見えないから、
音楽から外れてようが、
出のタイミングがどうだろうが、
ほとんど問題ないっす。
と、笑い飛ばせる自分でいたいと思いました。

神様は面白いことが好き。
神様は笑いが好き。

大切な友人に言われました。

そうだよね。
額にしわ寄せて観る舞台なんか望んじゃいないわ。

はい。


そして、事務局でもあり、運命共同体の出演者からも
気にしすぎないで、言いたいことは言った方がいいですよ、
と、背中を押してもらい、
言いたいことの7割を言えましたよ。
良かった良かった。

県民ミュージカルに出演していた時にお知り合いになった
プロのメイクアーティストさんに
中東の男性メイクの品番を相談しています。
楽しいよね。日常から離れて違う自分になることも。

今日はペアーレフェアでした。
トップバッターでコーラス歌わせていただきました。
予定時間をオーバーしましたが、
演奏終わって、外に出たら、
男性のお客様に声をかけられました。「素晴らしい合唱を聞かせてもらいました。」と。
見知らぬ若いお母さんからは
「コラム、いつも読んでいます。」って、声をかけられました。

びっくりポン。(°▽°)


帰り
いつも買い物する某タカ◯ナギで
一ヶ月も気になってて
買おうかな?どうしようかな?
と迷ってた鉢植えがあったんです。
この一ヶ月
ずーーーーーーーーーっと
咲き続けている花、
モナラベンダー(プレクトランサス)

今日はたまたま園芸コーナーにスタッフさんがいて、
これって冬越しはどうするの?
多年草扱いなの?
などと質問していたら、
通りかかったお客さんが
「これ、私もいただいて、うちにあるけど、
冬は家に入れないとダメよー。」
「葉っぱが綺麗ですよねー。」
「花は、ずーーーーーっと咲いてるよ。
この時期になったら切り詰めてあげるの。
切り詰めた茎は挿し木にできるよ。
簡単に根がつくから。」
「わ。そういうの大好き…」
「夏は光に当ててね。花の色が濃くなるよ。」

と、園芸談義をして、
あ。
これはご縁ね。
って、買ってきました。
冬越しできるかな。
そして、早々に思いっきり切ってしまった枝で
挿し木ができるかな?

あー、楽しい会話だった。
全然知らない方でしたが、
こんなお話ができるのも同じお花好きゆえのことですね。

今日は珍しく早く帰って来た夫と
山の手ホテルの温泉にも行き、リフレッシュしました。

無謀?

来年は
クリスタルコンサート10周年!
カルチャー講座の「楽しいコーラス」の生徒さん達を大舞台にあげて
ハッタリかまして(笑)10年です。

10年ってすごいです。
生徒さん達が、生徒さんでありながら
運命共同体に育ってしまってるんですね。
私が美しいと思っている発声やハーモニーを
皆さんも感じ取れるような耳と心が備わっちゃってるんです。

無謀にも(笑)
コダーイの
「天使と羊飼い」に挑戦しています。
平均年齢60に近いメンバーが、
いらない装飾や、無理や無駄を徹底的に排除した歌に挑戦ですよ。
私が求めている「音」をみんながイメージできているんですよ!
すごいことです。

プロでも、セミプロでも、アマチュアでも、レジャーでも
立ち位置を超えるものができたらすごいこと!
うちのメンバーはもともとはレジャーの域でコーラスに来た人ばかりです。
しかし、
今や演奏と意識は少なくともセミプロのレベルです。
毎年言ってきましたが、私は生徒さん達を自慢に思います。

ふたりの音楽

という本を読み終えました。
ある方から
是非とも聴いてみたらいいですよ、と、勧められた
波多野睦美さんの歌。
なんと無駄がなく、無理がなく、
いらないものを削ぎ落としたシンプルな美しさ!
と、すっかりハマってしまいました。が、
その、波多野さんと、リュート奏者のつのだたかしさんが書いた本、
「ふたりの音楽」
これも、ぜひ、読んでみたらいいですよ。と、勧められ。

しかし、
ある日、朝起きたら、
風太のゲロまみれになってて………(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
綺麗に拭き取って、
乾くまで放置していたら
今日になってしまいました。

読み始めたら一気に!


波多野さんという方は文章も美しい。
なんと、美しく簡潔でわかりやすい文章を書くのでしょう。
まさに歌のようでした。

セミナーなどで教えている時に
ある人から別人のような声が出た瞬間があるそうです。
「あ!風が通った!」
「体を抜けていった声」は、だしている感覚があまりなく、からっぽになった感じがする。
美しい声は出すものではなく出るもの

うむうむ。
深い。
すごく共感できる。

歌い手って、年とともにとっても楽に歌えるようになったり
歌いたい歌がどんどん変わったりするけど
それも自然なことなのねー。
私は今、
波多野さんにぞっこん。

だからと言って真似したいとも真似できるとも思いません。
でも、心よりも身体にすうっと染み込んでくる歌声ってこんな感じ!
という、自分が求める理想ははっきりしています。
コーラスで求める歌声もそれに変わってきています。

そして、もう一つの共感は、
歌曲もオペラ
歌うごとに演じるのだという意識。
この曲を、
どこで、どんな気持ちで、
どんな空気を吸って、
いつの時代のどんな自分が歌っているのか。
それだよねー。
ただメロディーを歌うだけならアンドロイドでもいいわけだ。

技術力は絶対不可欠な要素だけど、
その先に音楽を求める人たちの目は遠いところを見てるなぁと思います。


悪夢にうなされる私よ、さようなら。
慰め、励ましてくれたお友達よ、ありがとう。笑

オペラで気になってたところを本日、全部書き出しました。
体調悪くて寝てようかと思ったけど、結局
一日中寝てるよりは生産性のあることしようと書きました。
明後日、プリントアウトして、キャストに渡そうと思います。
この後は、全部録画して、
私はこの場面、こう思うけど、あなたはどう思う?と
客観的に場面場面を考察していきたいと思います。
波多野さんの文を読んで、
やっぱ、私の方向性、間違ってないよな?と思ったので、
やるだけのことはやろうと思います。
はい。もう、大丈夫。
これでダメなら、次の手を考えるさ。
ぐだぐだ言ってても誰のためにもならないからね。


悪夢?

ここ三週間ばかり、毎日のように夢を見ていますが
なぜか良い夢をみません。
なぜかなんて言ったけど、なぜなのかは思い当たります。

関わっている舞台に対する自分の発言力のなさに
情けないやら
悔しいやら。

演奏をいちいち止めて
演出するのが私のスタイルですが、
それがほとんどできません。
止めるタイミングを失い続け、
キャストに指導できません。

この場面、
こう解釈したら、
こう歌いたくなるはず。
この場面、この人の心の中を知ったら
こう動きたくなるはず。

そういったことの積み重ねが
やがて演技を超えた演技に繋がっていきます。
(あ。私はそう思います。)

キャストはプロの声楽家ではありません。
本来ならば、その歌唱力で物語を伝えて行くのがオペラなのでしょうが
そんなことを望んだら、あと100年かかりますね。

では、どうしたらいいのか?
演じる人が納得して、しかもやりがいを感じ、
そのことがお客様に伝わるようにすること。
それが私の仕事なのに。。。。
仕事ができない。

いや。
いかん。
負けるな、わたし。
キャストとお客様のために頑張るのだ!


という、
苦しい毎日。
自覚していなかったけど、
悪夢を見るくらい自分の中でモヤモヤしていたんでしょうか?

 | BLOG TOP |