プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


肩書き

新聞にコラムを書くことが決まった時、
肩書きをどうしましょうか?という話になりました。

たかだかカルチャーの講師ですから

うーーーん、、、、、、、

ヴォイストレーナー?

合唱指揮者?

カルチャー講師?


と、
思いつくままに並べてみましたが、
支局長さんの決定は
「合唱指導者」

そんな肩書きが社会的に通用するのかどうかはさておき、
私にとって、一番ぴったりハマるものになりました。


自分は歌が大好きということは小学生の頃から知っていましたが
それでも合唱部に入ったことは一度もありませんでした。

私は歌いたいのではない!
歌わせたいのだ!

と、実感したのは高校生の時でした。

全校合唱コンクールなるものに三年間、指揮者として挑みました。
学年別では三年間優勝。二年、三年と、全校優勝。
毎年三年生が優勝をさらう合唱コンクールで二年生が優勝というのは
歴史に残る事件だったと記憶しています。

教員になってからは、横手南小学校でも、大曲小学校でも合唱部担当。

最近まですっかり忘れていましたが(笑)
NHKのコンクールで二度の全県制覇。
ABSのコンクールでは毎年東北大会に行きました。

そうそう。
よく他の学校の先生が指導の様子を見学にいらしてましたね。

私は、
どう歌わせればよいか、わかるのです。
「明るい」の「あ」を
どういう口型で、どんな発声で
どんな表情で、どんな気持ちで歌えば
より良く聞いている人に伝わるのかわかってしまうのです。

それは、曲によって違うということもわかるのです。

だから、
どんなに私を見に来てもらっても、
私のようには指導できないよ!
私のようには上手く歌わせられないよ!
と、
思っていました。

それは今でも変わっていません。

私の「感性」なのです。

たった一つの和音が曲によって、
言葉によって
どう歌えばより美しいのか

そこに到達するためのノウハウを知っているのは
この私なの!という自信だけはいつも揺らぎません。

合唱指導者

私の肩書きとして、
最適にして、最強です。

私は、
ただ、ひたすら発声練習をしろとか、
わかるまで歌い続けろなんて
馬鹿馬鹿しい指導はしません。

技術のない人には技術を高める方法を
技術のある人にはより高度な表現力を

適切な指導で上達するのです。
合唱というものは!!!

良い合唱はメンバーのおかげ、
悪い合唱は指導者の責任

合唱指導に関わってからずっと自分に言い聞かせています。

私は

「合唱指導者」であり続けたい。

大仙仙北合唱祭が終わりました。

実力以上の無謀な曲を選んだので、
いろいろ葛藤はありました。
おそらく、生徒さんたちにも相当な負担をかけただろうと思います。

今持っている技術はさて置いて、
曲と私の思いに対する皆さんの一生懸命さがわかっているから
どんな評価をされても私の中の
「歌って良かった!」という気持ちは揺らぎませんでした。

ちなみに酷評していただいたのも
嬉しいと思えました。

連盟の会長さんは
全部の団体に文書でコメントをくださるのですが
ベタ褒めでした。
コンクールではありませんから、
良いところを探して書いてくださるのだろうけど。
話、半分に聞いても高評価でした。

・二曲とも本格的なコーラス、うれしい。
・のびやかな歌声、うれしいです。
・よい曲を歌い込んでいますね。

「広い河の岸辺」
・出だしのア・カペラ良いですね。自信のある歌声すばらしい。
発声も曲想も良いですね。成長が素晴らしい。

「雪はりんりん」
・良い曲を歌っていますね。アルト、もう少し声量が欲しい。
コンクールに出てみたら?
謡曲部分の声色、見事。


コンクールに出る気はないですが、
生徒さんたちを輝かせる仕掛けと、場をたくさん持ちたいです。


と、言ってたら!!

8月23日の24時間テレビに出演オファーきました〜!
クリスタル・クワイヤー
クリスタル・キッズ
合わせて30分強の演奏時間いただけそうです!

やった〜!

さあて、どんなステージにしようかしら。ワクワク!
四月から取り組んできた
「広い河の岸辺」←朝ドラで有名だとか?

今日、合同メンバーで(とは言え、大人でカルチャーですから欠席はいます)始めて練習できました。

うーーーーん。

うーーーん。

うーーん。

うーん。

東北大会に行けるレベルじゃぁないけど、←何がしたいんじゃ?(笑)

カルチャーで、しかも大人から、初めて合唱に取り組んだ人も多い団体で
これだけのレベルなら
良し!
としようか。。。。

なにより、生徒さんたちの努力が凄いんです。
生徒さんたちは私の自慢です。
どこに行っても、鼻が高くなります。

明日は、
老舗の合唱団の皆さんとお会いすることになりますが
でも、それぞれ、演奏して

自己満足して、

で。

おしまいです。


そういうのが合唱という文化だと思われるから
若い世代がやりたいと思わないんです。

合唱は素晴らしい!
声という資本だけで、
価値ある資産になる。
しかし、指導者が運用の仕方を知らない。。。。
もしくは、運用できていない。。。

私はその現実に歯ぎしりをしています。


今回の選曲、
すごく生意気ですが
一石を投じたかった。

若い世代が
合唱って素敵!
私もあの中に入って歌いたい!
って、思ってくれるような
音楽作ろうよ。

その気持ちが高じて

来年12月開催の「市民によるクリスマスコンサート」実行委員会を遂に立ち上げました。

まもなくキャスト、コーラスの公募開始します。
大仙市と共催!(大仙市の自主事業になる可能性も!)


最近、思ったことを実現するためにかかる時間が
どんどん短くなっています。
バラは終わってしまいましたが、
早くも紫陽花と、そしてなぜか秋の花が咲き始めました。早ぐねぇ?

紫陽花コーナーは昨年大改造して、まだ小さい苗が情けなさそうに開花していますが
大株に育ったほうは生き生きと花を咲かせています。

画像によっては立派なアジサイ畑に見えますが
気のせいですからね。
DSC_0871.jpg

いい気になって手動で撮ってみましたが
ピンボケでした。とほほ・・・
DSC_0867.jpg

DSC_0869.jpg

DSC_0873.jpg

これは昨年買った小さな苗。白も美しい。
何とか花をつけてくれました。
DSC_0874.jpg

DSC_0875.jpg

DSC_0877.jpg

コンペイトウという名前の紫陽花
まだ20cmほどの小さな木ですが、頑張って咲きました。
DSC_0880.jpg

DSC_0344~2

茶トラ二匹と白黒一匹の三兄弟が無事に婿入りしたかと思ったら
八匹生まれて不幸にも育児放棄され
たった一匹生き残った女の子が
わが家に居候。
人の手で育てられたので攻撃性は皆無なのですが
何しろさびしがり屋で
人が来ると楽しくて楽しくて
遊びたくて、かまってほしくて
腕や足に絡みついては
がぶがぶ攻撃!!

大人猫さんたちに
猫社会の掟と家猫たる者の心得を教えてもらうべく
教育開始しました。

これが・・・・

はじめてのことなのですが
小さい子なんか大嫌い!と言ってたいち子さんや
いつも腰が引けてたポチ君までが
いそいそとケージの周りに集まって
くんくんしているのであります。

いい感じ。

この子はとっても美人さんになりますよ。
お転婆さんですが
大人になってもお転婆で困るという猫さんは見たことがありません。
きっと良いパートナーになると思います。

何よりも亡くなった7匹の分まで幸せになってもらいたい。

絶賛!里親募集中!!
DSC_0866.jpg
蓮の球根(レンコン?)をこの春にいただいたので
大きなプランターを用意していそいそと蓮の栽培に着手しました。

手探りで育てている割には
大きく葉が茂り、ちょっと鼻が高くなっている私です。

庭に水・・・
ということは・・・
蚊が大量発生???

という連想ゲームで、
プランターにメダカを投入しました。
これもまた、元気に生きています。

先日、蓮のほかに投入していた水生植物が増えすぎて見苦しくなったので、
水がめに移動しました。
すると!
これは!!!!!

DSC_0847.jpg
おわかりいただけたでしょうか?
そうです!
DSC_0845.jpg
メダカの稚魚です。

大量投入したメダカが
どうやらホテイアオイの根っこに卵を産み付けていたらしいのです。
画像では一匹しか見えませんが
たくさん産まれています。

たまたま移動したホテイアオイですが、
これで大人メダカに食べられることもなく
稚魚は安心して成長することでしょう。

なんか・・・得した気分。





 | BLOG TOP |