プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


蓮栽培開始から、
大変な反響、ありがとうございます。(え(^_^;)嘘うそ…!)

蓮根を植え込みしたあとも、ネットでいろいろ回って歩くうちに
睡蓮も育ててみたいなぁ。。。などと、妄想が膨らむ。

水を張って、魚粉やら骨粉やらって考えたら
ええ?蚊が湧くよな!
今でさえ、得体のしれない、猛烈に痒くなる黒い蚊がたくさん発生する庭なのに。

ん?

は!

そうか!

ビオトープってそういうことか!
何も癒しの演出だけじゃないんだ。メダカや水生動物は蚊の幼虫駆除するの?
一緒に植える水生植物も、栄養過多になるのを防いだり、水温が上がりすぎるのを防ぐとか?
調べたわけではないので、素人考えだけど。

と、なると、
ああ。やっぱりビオトープやりたいかもよ。


で、削って水に浸して三日目の種
20150323114512519.jpg

こちらは四日目の様子。
2015032311451395e.jpg

9個のうち、一個は昨日発芽、今日は兆しが見えていた三個も緑がちょろっと覗いている。
残り五個のうち、二個は薄皮にヒビが入ってきた。残り三個は変化なし。
これって順調なんじゃないのー!!(≧∇≦)

以前から言ってるけど、
「草ぼうぼうの庭に時々現れ、ブツブツ言ったり歌ったりしながら
徘徊している魔法使いの婆さんが住んでるよ、ここのお家。」←ただの認知症?
と、言われるのが夢です。

そんなことを考えてる人間は
少なくとも
若い子たちの指導からはリタイアしなくちゃね。
洋蘭、その他、植物さんたちと仲良くできるようになり、
処分品コーナーの子達も順調に復活し、
最近、調子こんでいる私。

調子に乗って、
初めての植物栽培に着手。


それは!!

蓮の花。


おっとっとに「ほーーーー、だんだんあっち側に近くなってきたな。」と、バカにされたけどな。


20150321192449e4c.jpg

これは昨年秋にブランカさんからいただいた古代蓮の種。
削って、水に入れて、発根を待つ。
これで発根しても今年は花が咲くまでいかないそうで、

ひょんなことから
会ったこともない方から
蓮根(食べる方ではありません)をいただいた。←今年中に別件でお会いすることになってる。

植え方、その後の管理などのレシピ付きだったが

いや、
ほんと、
蓮って。。。。
おかしいべ。

腐葉土はわかる。

骨粉も、まだわかる。

魚粉。。。え?野菜栽培?


煮干。。。。。。ええー?猫飼育?

という、思いがけないレシピにびっくりの連続。


直径50cm
深さ50cm
の、容器をホームセンターで探し当てられず、
睡蓮鉢は重くて最初から除外してたので
とりあえず、
バケツっぽい容器と
プランターの水はけ穴を塞いだものを準備。←いいのか?けっこういい加減だな。


いただいた蓮根、植えたよ。
ちょっとレシピどおりにはいかなかったが、まずまずクリアしたと思う。

201503211924470c9.jpg

それにしても、
蓮って、植物なん(^_^;)?

苗販売店の栽培方法なども参考にしつつ、
まずは
開花をめざすぞ!


魚粉?煮干し?水。。。。。蚊がいっぱい発生しそうで怖いよー!
20150318121549e43.jpg
くんくん・・・・・・

20150318121556a86.jpg
んん!間違いない!!

201503181215591ba.jpg
かあちゃ~~ん♪
弁当にホタテはいってる~!

風太はイカ、ホタテ、カニ、エビと、たぶん猫には食べさせないほうがいいと思われるものが大好きだ。

やれやれ。こうなると、味見させるまでテコでもテーブルから下りない。

今年は猫アートから遠ざかっている。
あれほど好きで、楽しかった創作が辛い。
もうやめようかな・・・と、真剣に思った。
そしたら、お友達のひろりんさんから
「やめるのではなく、ちょっとの間、お休みって思えばいいよ。」って助言された。
ものすごく悩んでいるわけでもなかったけど
なんか、救われた気がした。

そんなわけで、猫アートイベントのお誘いも、ぐだぐだと迷っているところ。

その一方、始めたいことが
二つ三つ・・・←よくばり!

その一つが
昨年秋にブランカさんからいただいた蓮を種から育ててみようプロジェクト(って、実行委員は私だけですが)
ひょんなことから
我が家から郡山に嫁いだ猫さんつながりで、ず~~っと仲良くしていただいているKちゃんが
睡蓮と蓮を育てることにしたって聞いて、
あららら?奇遇ね!
と、言ってるうちに、
種から育てるのは大変だし、一年目は咲かないということで
株をいただくことになった。

さあ。どうする?

今年は、初心者の蓮栽培日記もアップしますよ~。


で、今日は種を削っている。
蓮の種って削ってから水に入れるんだってよ。
と、な~~んにも知らないほんとの初心者!大丈夫か???




20150308200135236.jpg

20150308200133d38.jpg

この春、ぞくぞくと咲いているテーブルシンビジウムたち。

蘭、枯れる気がしねー!
と、鼻息荒くしているが、
実際は、

ねぇ、ねぇ、どう?ちょっと乾燥しすぎ?

霧吹きした方がよい?

もうちょっと窓辺でお日様にあたる?


と、米つきバッタみたいにヘイコラしている私。



んで、

話は蘭のことではないっつうね。


46歳からクラシックバレエを始めた。10年過ぎた!
10歳から憧れていたから、35年来の夢がかなったわけだ。

私ほど、色々なお教室や体験に通った人は秋田県内にいないんじゃないだろうか?
本当ならお稽古事のお約束として
ホーム以外を選択するのはなし!の世界。
しかし、
ホームの先生にはいつもすべて
オープンにして、
了解を得て他のところに通わせていただいた。
クラシックバレエやりたい!と、火がついてから
あまりにも学びたくて、(こう見えて真面目なんです)
週一回じゃ我慢できなくて…

が、始めた頃から今までずーーーーっとホームスタジオというか
ここが始まりで、ここが終わりという場所はある。
それがS先生のSGバレエスクール。
(もっともスタートの時、S先生はほかのスクールの助教サンで、
しかも私が入会した時は産休でいなかったんだども)←(笑)

大人から始めたバレエって、
たぶん、きっと、

うーーん、誤解を恐れずにいうならば、


なんちゃってバレエ。
おばちゃんバレエ。

だから、多くの先生方もお茶を濁す。
大切な資金の出処だから大人リーナたちを発表会にも出すけど
簡単なステップ中心とか
それなりにバレエっぽく見えるとか
そんな振り付けが多い。

S先生、チャレンジャー!

大人リーナたちは経験年数も違えば、年齢も違えば、
志も様々。

なのに、「なんちゃってバレエ」は絶対なし!
大人バレエらしい、
んんんんーーー、なんていうの?
よく言えばコンテンポラリーっぽい???
それなりに見栄え良くまとめる???みたいなのが

ない!!!

まじで、嘘も隠しようもなく、
クラシックバレエ!!

私が心からついて行きたい!と思ったのはその辺なんだな。


私は、ぶざまでみっともなくても
正しい!←(ここ大事)クラシックバレエにこだわりたい。

(JPOPやゴスペルじゃなくて
正統派の日本の合唱曲から離れられない気持ちと似てる?)

古典の振り付けを踊らせてもらえる大人リーナなんて少ないと思うよ。
「あなたはポアントで立てるような脚じゃない」と批評されれば、反論できないけど
でもさー、仲間たちと作品を作っていく過程を楽しみたいし、
ポアントで踊る苦しみも喜びも知ってしまったんだよね。
挑戦したからこそ知り得たことだよね。
これからも批評されようが、笑われようが
古典作品をポアントで踊りたい!!

ここが一番好き!ここが最高!

それにしても、
今年も難しすぎるぜ。。。。。







20150312203427ac8.jpg
ご飯の催促をするシニア組

シータ13歳
風太12歳
いち子10歳

20150313193241454.jpg

仲が良いようで悪い二人。
ヤングとも言えない年齢になってきた、、、、

は!
くまたんはもうシニアだ!!


くまたんとポチ君は
べったりの甘えっ子。
嬉しいけど、ウザい。
ウザいけど超ー可愛い。

それなのに、
やっぱり、もう一度みーちゃんに会いたくなる。
みーちゃんとモータが相次いで逝ってしまったのは
震災の年の秋だった。
10年も昔のことのような気がする。

変な自信

今、私の仕事場(モノ作りの工房)は




こんな状態だ、201503122034206ad.jpg
20150312203423492.jpg

うちは床暖房なので、冬場は部屋が乾燥する。

冬場に魔がさして買ってしまった蘭さんたちは
蕾付きの場合、ほとんどが
カサカサになって、あっという間に散ってしまった。

それならば…と、
石油ストーブで暖を取るおっとっとの部屋に
間借りして一年過ごさせてみた。

湿気はある。


しかし。


素焼きの鉢にカビが生える。

そして、ほとんどの苗が死なないまでもひょろひょろと
モヤシのようになってしまった。

開眼!!←遅っ!


蘭に必要なのは
湿度でも温度でもなく、
日光だった!!

おっとっとの部屋は、外から見えないよう、一年中カーテンを開くことがない。
適度に湿気はあるが、
ピカピカの太陽がない部屋だったのだ。
カビるのあたりまえやー!

洋蘭たちは思っているよりずっと低温に強い。
暖かくて暗い部屋よりは
凍らない程度の部屋でも
ちゃんとお日様にあてればオッケー!


結論。
日が当たる場所へ大移動!!

で、このようになった。


蕾をつけたら寒いくらいの場所でゆっくり開花を待つ。
花が終わったら、養生させて、日当たりの良いところで春を待つ。

今年は処分品もうまいこと育っている。これだ!!


ちなみに

趣味の園芸とか
◯◯の栽培12ヶ月とか
秋田県では当てはまりませんから!

その家、置き場所、手をかけ過ぎるか、放っておけるか
などなど。。。。
その家に嫁っ子にきたら、その家に馴染むように
姑としてもいろいろかんがえねばな!

素焼きの鉢に水苔がいいなんて、うそーん!!←失敗数しれず!
私は愛しすぎ、水をかけすぎるから、
たとえ素焼きの鉢でも植え込みにはバークが良いと判断。
はーーーー。
今年は殺戮しない気がするー。(笑)

昨年から
一日の目標
週目標
月目標
年間目標

と、

まあ、それぞれ大した目標じゃないんだけど、
設定して、振り返りをしている。
昨年は週目標と月目標がほとんど達成できなかった。
とりわけ月目標は埋没。

市議会よりも県議会が遠い存在な感じと似ている…いや、似てないか。


月目標は
本を読むという
まるで小学生の目標。

一月は三冊読めた。
二月はやっと一冊。

今日は一冊読み終えて、次に着手。
20150311191907f2a.jpg

情けないほどたいしたもの、読んでないわー。
しかも一月に読んだ本なんか、既に内容忘れてるし。。。。
ポチっとやってしまった本がまたまた積み上がっている。


二月末からもう一つ目標増やして、ますます
ハードル上げてる自分。
そのうえ、またまた道草食いそう。
何かを手放さねばにっちもさっちも行かないぞ!
…とは思うんだがね。


今日は
ものすごい風と、時折ホワイトアウト。
どこにも出かけない。何もしない日と決めた。
お昼ごはん後、眠くて眠くて目を開けていられず
二時半までこんこんと眠ってしまった。

こんな日もある。

迷走中

ここ数日、
今年のクリスタル・コンサートのプログラム考えて頭が沸騰している。

仕上がった曲をお披露目していた数年とは明らかに違ってきて、
聴きにきてくださるお客様を意識し、
魅せるステージを目指している。

それは一年間の集大成であり、
第二部の、バレエとのコラボレーションステージには
特に力を注いできた。

しかし。だ。


昨年から、
第一部の純粋なコーラスステージの在り方に気持ちが大きく傾いている。

メンバーさんたちの半端ない自主練のおかげで
コーラス本来の力で人を惹きつけることができるようになってきたから…
それもある。

さらに。

コンクールに明け暮れ、
子供達と共に、しつこくいやらしく(笑)合唱に向き合っていたあの頃の自分が
息を吹き返しているのだ。

だがそれは、私のエゴではないのか?

楽しい!やりがいがある!
生徒さんたちは、本当にそう思ってくれるのか?

実はここ数週間、悶々としていた。

自分が求めるコーラスの完成形があまりにも自己満足で
あまりにも自己中心的で
そのくせ出来上がったものと言ったら笑っちゃうレベルじゃないのか?

数年前
縁あって、県民ミュージカルに参加した。
こう、演じたい…
などという強い信念もなく、
もちろん素人レベル。
演出家が絶対的な支配者。

そっか。。。。
演技者は駒なんだ。

駒としての自分の演技は最低だった。
この役は自分にとって不似合いで滑稽だ。
録画を見てそう思った。
だから、たぶん、もう二度と演技者にはならないな。


また、ある時、
縁あって、おかあさんコーラスのコンクールに参加させてもらった。
歌うことは好きだ。
だけど、歌いながら、常に、
私はそこんとこ、そういう風には演奏させたくないんだなぁ。。。。
なーんて思っちゃってる。

あ。もちろん、口が裂けても言わないよ。
音楽作りは演劇と同じ。
どうしたいかは演奏者、演技者の意図ではない。
演出家、指揮者の意図だ。

そうか。

私は演奏する側では満足できないんだ。。。。。
演出か、指揮がしたいんだ。
しかし、

私が思う音楽を
演奏する側が納得?共感?
いや、共に作りたいと思ってくれるかどうか。。。。
押し付けではなく!!

完成形はきっと、そこにあるはず。


そんなこんなで、
新譜や昔の名曲を掘り起こし、
舐めたり、頬ずりしたり、
ジレンマの日々が続いている。
まだ暫く続きそうだな。

どんだけコーラス好きなんだ、私。
どんだけステージすきなんだ、私。


ふふ。
石田蘭園さん
森水木のラン屋さん

と、来まして、

今日は山本デンドロビューム園さんです。

これまで二回注文しました。

一回目は、好きな花色の、わりと安価なものを5鉢。
五つのうち、三つが花芽をのぞかせていました。
到着時は冷え冷えで、
大丈夫かなぁと心配したのですが
三つとも無事に花が咲き、思っていた以上に花も大きく、香りも豊かでした。
大満足。
花芽がなかった二つも
バルブが健康で立派なので、
今年は咲くでしょう。楽しみー!

お買い得でした!!

大満足だったので
この度は
お任せで5鉢¥4000しかも、送料こみ!というのを注文してみました。
信じられないお安さです。
安すぎます!!
ホームセンターで買うより安い??

花付き、花芽付きではないとのことでしたので
まあ、はっきり言ってあまり期待もしてなかったのですが、

なーんと!!
201503082000389ae.jpg
ひとつは満開の花付きでした!

そして、もう一つは
20150308200040329.jpg
花芽、つき過ぎ!!(笑)
ネーム札がついてなかったのが残念!!←楽天調べればわかるからいいけど。

他の子達も
バルブはむっちむち!
新芽も順調に伸びています。

さすが、デンドロビュームの専門店です。

デンドロも比較的、寒さには強いです。
北国向きだと思います。
良いお店に巡り合って良かった!

山本デンドロビューム園さん、
ありがとうございます。

次はこだわりの逸品を注文したいと思います。
先日は石田蘭園さんのテーブルシンビについて書いたけど
今の時代、どこの誰が作った野菜、果物、米、花苗などなど
生産者の顔が見える。
良いことだ。
ネットで買うことが多いからよけいに
きちんとした姿勢をみせないお店には寄り付かないだろう。

ネットでポチることが多い私。
しかし、レビューはほとんど書かない。
本のレビューなど見ると、
特に星一つの評価なんて悲惨なものだ。
はじめから酷評する気満々の人の文章は読みたくない。

ま。レビューに限らず、
何事も評価、批評ありきという態度の人とは
お付き合いしたくないよね。

もちろん、あ。残念!という品物がくることもあるけれど、
基本的に信頼のおける対応のお店はどんどん応援したいと思っている。

前置き、長かった。

今日は
森水木のラン屋さん
洋蘭初心者4年目だが、最初の頃は失敗が怖くて
もっぱらホームセンターの処分品を買っていた。
で、まだ力が残っている苗は、がんばって成長しようとするんだが
私の知識不足・・・環境とのマッチングがうまくいかず殺戮の繰り返し。

そんな時に偶然知ったのが「森水木のラン屋さん」
とっても不安だった。
なにしろ常夏の?トバセ島から極寒の秋田に宅配ですぜ!
なぜ、わざわざ冬に注文?と思うだろうが
県内から色がなくなる秋田の冬。
ちょうどそのころに洋蘭たちがにこやかに咲き始めるわけですよ。
ついついPC画面からこぼれる色と香り(←それは、ないない)にポチっと!

厳重な梱包と、携帯用使い捨てカイロの添付。
苗を少しでも寒さから守ろうとする心遣いが嬉しかった。
それ以来、お気に入りのお店。

今回はキンギアナムの新商品を三個購入。
実は昨年、ゴールドナタリーを買ったんだが、
見事に一番寒い、しかも大雪で物流が滞っていた日に
宅配倉庫に一晩いたらしく、
見事に冷凍になってたんだな。
それで今年はリベンジ。

キンギアナム「恋姫」
20150305091819319.jpg
あり得ないほどのぷりぷりの株。株の数も数えられないほど多い。
花も満開に近く、新芽も順調に伸びている。
鉢増しどころか、株分けしたいくらい。

キンギアナム「アップルデイズ」
201503050918464d2.jpg
一般的なキンギアナムより少し花が大きめ。
花色がとても美しい。大人なキンギアナムという感じ。

キンギアナム「雪のうさぎ」
20150305091946291.jpg
シルキーな花弁がたまらない!
新雪に太陽が当たった時のような美しさ。

今回の苗にはとてもとても満足!!
森水木のラン屋さん。ありがとうございます。
201503031018402f2.jpg
お久しぶりのももちゃ。
ももちゃも12歳。高いところへは飛び乗らなくなったし、
工房の模様替えをしてもあまり興味を示さなくなった。

これ幸い!
と、蘭の棚を二つに増やして並べてみたら。。。。

やられた!!
カトレアの新芽は見事におひたしになってたし、
4年も咲かない胡蝶蘭の硬い葉に歯のあとが!!

ももちゃーーーー!!

それならば、ももちゃの頭が届くところに
サボテンを置いたら悪さしないかな…と、やってみたら

ぎゃーーーーー!!!
ももちゃ、サボテンに頭をこすりつけてる!
ももちゃの白い毛とサボテンの白い棘が混ざってえらいことに!

20150303101857013.jpg

ふふん♪と、鼻歌まじりのもも様

あー、可愛い。

20150303101807195.jpg

ん?くまたん、どうした?
なんか不機嫌。
201503031018235e2.jpg

あ。逆さに舐められてる。ぷぷぷ。

犯人
20150303101749a95.jpg
あー、可愛い!!



初心者の蘭栽培の覚書として・・・

20150302103519d9e.jpg
テーブルシンビジュームの「このみ」
石田蘭園さん出身のホームセンター売り。
やさしい緑色にリップがピンクがかってる。蘭の中では一番好きな色。
似た配色の「スプリング・パール」とは花の形が違う。
スプリング・パールはより和蘭っぽい感じ。
交配で、同じ親でもどちらが母になるか父になるかで花の形が変わるんだって。
これは、ふるさと村の蘭フェスタに来ていた沖縄の販売者さんから聞いた話。

20150302103609422.jpg
和蘭「よしの」
これは石田蘭園さん出身、「森水木のらん屋さん」販売。

石田蘭園さん出身の蘭たちはとても丈夫!!
なにしろ、この秋田でもちゃんと冬を越す。
あ。もちろん、屋内だけどね。
テーブルシンビジュームや和蘭は思ってた以上に寒さに強い。
風除室や暖房のない廊下でもちゃんと新芽や花芽が伸びてくるのにはびっくり。
そして、
一般的なシンビジュームがたいそうな肥料食いで
しかもかき芽をしないと花が咲かないのが多い中、
テーブルシンビジュームは
苗も小ぶりでまとまりやすく
場所を取らず
あまり手をかけなくても結構な割合で翌年も咲く。

昨年、処分品を春先に連れてきたが←あいかわらず処分品好き
なんと三本の花茎を伸ばしている。
楽しみ!
石田蘭園さんによると、白系の花は連年開花が期待できるんだって。

自分の蘭栽培を顧みるに、
手のかけ過ぎ、水のかけ過ぎで失敗していることが多い。
植え込みは「森水木のらん屋さん」では水ゴケを推奨しているが
我が家に限って言えば、
バークのほうが圧倒的にうまくいく。
冬の間、我が家は温度は心配ないが、湿度が足りない。
何よりも日照が足りない。
それでも生き延びるのはバーク植え込みのほうだった。

蘭歴4年。
殺戮と挑戦を繰り返し(ダメじゃ~~ん!)
やっと、こうすればうまくいくかもよ!というところがわかってきた。
昇天した子たちには気の毒だけど、
やっぱり投資して学ぶことで
気付くこともあるわ・・・ってことで、ごめんして。

20150302104132ad9.jpg
「アイスダンス」石田蘭園さん出身ホームセンター売り。
花茎二本でお買い得!と、思ったら、
我が家に来てからさらに三本の花茎が伸びてきた!!
石田蘭園さん、ありがと~~~!

 | BLOG TOP |