プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


大晦日

予報通り、大荒れの大晦日となりました。

大曲名物納豆汁もできました。
さぁ、お正月をお迎えする準備、完了~。

今年もブログに遊びに来てくださってありがとうございました。
来年も歌に踊りにガラスに
パワーアップする気満々です。

来年もどうぞ、よろしくお願いたします。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
ここ数日の大雪で、ドッグランがすっかり雪に埋もれてしまった。

帰省中の次女とドッグランに迷路を作って遊んだ。(?)

「やた!走る!」
らんくん大喜び。
CIMG0548.jpg

「おねえさん、ありがとう。」
CIMG0557.jpg

「ぼくも掘っちゃおうかな。」
CIMG0566.jpg

「雪は冷たいけど、このくらいならね、へっちゃらだよ。」
CIMG0565.jpg

「旭川のかよ母さん、旭川、寒いんだってね。風邪ひかないでね。
ぼくは元気だよ。安心してね。」
CIMG0564.jpg
新年の参加イベント~!!
そうよ。二月は猫の月ですもの。
三つぐらい重なるわよな。

はははは・・・。はは・・・は・

う~ん。。。。。


●「猫展パート8」
 2月8日(金)~22日(金)
 愛知県一宮市 MIU~美卯~

●「パリ・NEKO・コレクション」 
 2月18日~2月24日 
 
●丸の内オアゾCatアートフェスタ 
 2月22日~28日 



ステージイベントもあった。

●「輪茶フェス」
 1月20日(日)
 秋田市アルヴェ多目的ホール

よろしくお願いします。
すみません。タイトルは何の意味もありません。

第5回クリスタルコンサートが終わって・・・・


自分の中では何かもやもやとしたものが残った。それは、「もっと演出家に徹したかった。」という思いだ。
自分も楽しめて、出演者も楽しめて、お客さんも楽しんで・・・というところを目指そうとするなら、私は一歩も二歩も引いて、もっと冷静な目で全体を見渡せないといかんなと思った。(そのようにできるかも!と根拠なく思ったというべきか)

終わった瞬間、次のステージを夏に移行しようと思い、そのまま仮予約の形で打診。

実は前日リハで激しい自己嫌悪に打ちのめされる事件があった。
これも修行か?と、悶々としながらコンサート当日を迎えたが、歌い終わり、踊り終わった仲間の顔は心からの笑顔で輝いていた。

いいんだ。
みんなを信じ、自分を信じ、やれることをやるんだ。

「やれることがある人はやらなければいけない」

今年、紅白歌合戦に出場するプリンセスプリンセスのリーダーが言ってた。
そうとも。恐れるな、あんだんて!

サウンド・オブ・ミュージック~二人の息もぴったり。
DSC_0480.jpg

フィーナーレ~ドレミの歌
DSC_0527.jpg

ひとりぼっちの羊飼い~歓音+恵理子さんの特別ユニット(個人的には一番楽しかった!)
DSC_0604.jpg

カーテンコール~明日を担う若い指導者たち
DSC_0629.jpg

クリスタル・クワイヤー~単なるカルチャー受講生以上の頑張りをみせてくれた
DSC_0645.jpg

出演者全員
DSC_0666.jpg

余韻に浸る間もなく、
次のイベント、次の出展イベントの締切がひたひたと忍び寄ってきた!
あわわわ・・・・

わくわく♪

猛暑の夏、可愛がりすぎた蘭たちが、室内に取り込んだら相次いでみまかった。

水やりの極意がまだわかっとらんかった。みんな、ごめんよ~。


中でもデンドロビウムの原種で、青い花が咲くビクトリア・レギネを枯らしてしまったのが残念でならない。

だがしかし!

なんというタイミング。
半額セールを見つけてしまったので、すかざずGETぉぉぉ!
開花株が届いたわん。


某所で、立派な胡蝶蘭の寄せ植えが悲しいことになっているのを発見。
ついついおせっかいにも里親を名乗り出て、化粧鉢ごと連れ帰ってみたが、大きな立派な葉がぽっきりと折れていた。

だがしかし!(またですかい)

根っこはものすご~く立派なのだ。鉢いっぱいに回って、しかも青くて生き生きしている。

ダメ元で植え込み材料を一切使わず、時々霧吹きをして、ごくたま~に水をあげていたら


CIMG0530.jpg

こ・・・これは!!



え~と・・・・


花芽?
葉芽?
根っこ?

とにかく生きていることが分かったのでうれしい。
がんばれ~。

以下、蘭友にメッセージ
私のようについつい水をかけたがる人は、根っこを植えこみ材料で覆わないほうがよさそう。空中でびょ~んと遊んでいる根っこを持った胡蝶蘭がほかのに比べて圧倒的に元気だ。

ということがわかって、自信をつけたので、処分品漁りの悪癖が再発。(汗)
猫は本来、大きな音がするものや、騒々しい子供が嫌いなものだ。
うるさくかまわれるのも好きではない。

ところが・・・
うちのももちゃは温厚で、なでまわされようが、ひっくり返されようが、まったく嫌がらず、爪も出さない。

ちょいとイタズラして掃除機で吸ってみた。

くるさんとこの実家のチビ君みたいなことはゆめゆめあるまいと思っていたのだが・・・・・・



ももちゃ・・・・
あんた・・・・
CIMG0521.jpg
迫ってまいりました。

体調不良なんて言ってる暇はありません。

年に一度の主催コンサート・・・

最初は生徒さんたちと一緒に楽しい発表の場になれば・・・なんて軽い気持ちで始めたのですが、三回目に若い音楽家やダンサーとコラボレーションする肩の凝らないクラシック音楽のステージが実現しました。
そして震災。

昨年は「祈り」「共に」というテーマを掲げ、単なる発表会ではないのだという気持ちを強く持ちました。

私は3.11以来、自分にできることはなんだろうといつも悶々としていました。
祈りのブレスレットを一年間限定で作ったり、友人が頑張っているプロジェクトにささやかなモノづくりで参加したり、被災地で動物ボラをしている友人のネットショッピングに商品を送ったり、基本はモノづくりの立場からの応援を続けていこうと思っていました。

しかし、あの時、私にはほかにできることがあったように思えてならなかったのです。
それが、いろいろな事情でかなわなかった。
心の片隅でそのことが私を苦しめました。

でも、先日、


「忘れないこと」

それも支援だという文章を見つけて、ふ~っとしこりがとれました。

忘れない。忘れられるはずがない。

私が年に一度コンサートを開く意味はそれだ!(もちろん、それがすべてではないけれど)


シロオトの私がちっぽけなコンサートを開くことなんて、本当に意味があるのかわかりません。
第一、恥ずかしくない演奏ができているのか・・・自信もありません。
こうみえて小心者の私が「ぜったい来て!」「聴いて!」「見て!!」と
強引に宣伝することもできず、いつもたいした動員数ではないのですが、

それでも今年はちょっと大きな声で呼びかけています。

ぜひ、会場に足を運んでください。

私たちのためにではなく、忘れないために。


昨年のコンサートより
IMG_9162.jpg
平成15年5月以来の胃カメラ

実はわたくし、怖いもの知らずの鉄仮面ですが、これだけはとっても苦手!!!

喉に麻酔をかける段階ですでにだめ。
今まで二度、胃カメラやってるけど、うまく麻酔がかかったためしがない。
喉を通過するときもげ~げ~・・・胃に到達してもげ~げ~・・・・

医者に「こんなにカメラ飲むのがへたな患者は年に一人しかいない」←わたし
と、太鼓判を押されています。

今回も全くダメでした。

だからカメラを飲もうなんて気になったということは、かなり調子が悪かったということです。

実は

2週間ほど前から、食べ物がのどにつっかえるような感じ、少量しか食べられず、第一、空腹感がない・・・・。
食べないので体重も2kgも減りました。

この大酒のみが、酒を飲みたくない。
以前から、「酒飲みが酒飲まなくなったら死ぬ時だな。」と、言っていたので、

これは・・・


もしかして・・・・


と、考えは良くないほうへと向かいます。


夕べ、夫は「緊急手術か」「余命三か月か」と覚悟したようです。
いや・・・・実は私も、かなり真剣に今後のことを考えました。

DSC_0397.jpg

結果は無罪放免。

ほっとしました。

検査しようと決めてから、いろいろなことを考えさせられました。
もしかしたら、この後の生き方を立ち止まって考えろという神様の計らいだったのかもしれません。
のど元過ぎれば熱さを忘れるにならないように、(カメラはのど元過ぎてもしんどかった!)丁寧に生きていかねばと思った次第です。
まだまだ修行が足りないなぁ・・・・わたし。

DSC_0399.jpg
うむ。精進せよ。byぽち

 | BLOG TOP |