プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


この時間にブログ更新って珍しいんですけど・・・。

またまたご無沙汰してしまった。

バレエの発表会が終わって、余韻に浸る暇もなく、花火ウィークの歌イベントがあって、これまた余韻に浸る暇もなく、花火競技会が終わって、あっという間に明日から9月・・・。

これは花火ウィークでの「歓音~Kanon」のステージ。
歓音は大仙市と近隣町に在住の50代中心の女性コーラスユニット。
この町を歌でますます元気にしたいと2007年に結成された。
ゴスペル、Jポップ、クラシックとレパートリーは広い。
以上、CMでした。
CIMG0390.jpg


とか言ってるうちに

あわわわわわ・・・・・・・

瀬戸の「招き猫百人展」が近づいてきた。
スケジュール帳(これだけはipadでもスマホでもなくアナログな私。)と何度もにらめっこし、何度も計画建て直し、どう考えても時間が足りないと思い知る。

それでブログ更新・・・?

はい。つまり、逃避ですにゃ。


FB(顏本)で「かもあおさ笑学校」なるものの存在を知った。
うっひゃ~。
ワタクシ、大学卒業して翌年、採用試験落っこちましたから、戸賀小中学校で講師していたのですわ。
小中併設校だったので、小学校4年生(9人)の担任しつつ、中学校の音楽も担当してた。
もう30年近くも・・・てか、きっちり30年も前の話だ。
小中全員で「全校合唱」やったっけなぁ。(遠い目~)

で、
「賀茂青砂(かもあおさ)小学校」は戸賀小学校からさらに奥(つまり立派な僻地校)に位置してたわけ。
戸賀小学校の保健の先生(養護教諭)が賀茂青砂地区の人で、よく遊びに行った。戸賀小学校には当時、若い独身女性(美人)が四人いて(はなはだ僭越ながら私も含む(笑))四人娘はとても仲良しだった。
楽しい一年だったなぁ。

もちろん、アパートなんてないから、下宿してた。

赴任して一カ月くらいは、波の音が耳についてなかなか眠れなかった。

戸賀も賀茂青砂も美しいところだった。

な~んて、月を見ながらうっとり思い出にひたってる場合ではないのであ~る。
「あきたGlass Festa」に向けて、二日間ひきこもり。(ICレコーダーで24日に歌う曲をおさらいしつつ)

久々にダイクロガラスを贅沢に使って(ケチケチな私にしては珍しい)アクセサリー量産中。


DSC_0324-1.jpg

DSC_0325-1.jpg

バックの色が変わるだけで全く別の顔になる。同じものとは思えない色の違い。
反射光と透過光によって色が違って見えるダイクロガラスゆえの面白さ。


え~と、なになに?
「大きめの代表的な作品を一点加えてください」だって・・・・。

ふむふむ。

代表的な作品ねぇ・・・・・

今までは「ガラス胎七宝」が代表作だったので、ちまちまと線を立て、彩色し、手間暇かけたわりにはストレスばかりの作品だった。第一、大物の作品なんかガラスに有線では作れませんよ。成功率が低くって。

今回は迷うことなく、ブラストとフュージングの額絵と灯り。
ようやくスタート位置に立った感じ。←ひ~~~!遅すぎ~。


怒涛の八月九月だ。
歌のイベントも作品発表の場もここに集中。

あ?百人展の書類提出っていつだっけ?

そんな中、ももちゃの念入りな毛づくろいを見て、気分転換。

ねちねち(臨場感重視)
CIMG0348.jpg

ねろんねろん
CIMG0349.jpg

べろりん
CIMG0351.jpg

おかさん・・・なにか用かにゃ?
CIMG0350.jpg

用がにゃいなら呼ばないでくだしゃい。ももちゃは今、いそがしいです。
CIMG0352.jpg

たっぷりと時間をかけて、毛づくろいするももちゃであった。
明日、毛球を吐きませんように(祈)
長らくご無沙汰。

三足のわらじを履く身はこれでもけっこうシンドイ。

秋田市でお世話になっているバレエスタジオの発表会が無事に終わった。

無事ではなかったんだが。


前日リハで怪我人が二名出たもよう。ポアント組の若いKさん、捻挫。
クーリング、マッサージ、テーピングとプロのダンサーのアドバイスのもと、捻挫をおして出演した。
もう一人は出演できなかったらしい。

ところどころ重要な場面では急きょ、代役が指名され、Kさんも代役の子もなんとか舞台に穴をあけずにすんで、袖に入った瞬間、へなへなと崩れ落ちていた。

当り前に舞台に立って、当り前に終わるんだと思っていた。
当り前のことは決して当り前じゃないんだ。
舞台に立って踊れるということに感謝して・・・なんて、口では言ってるけど、今回ほど「今年も踊れるんだ。ありがたい。」と思ったことはない。

細かいことでは立ち位置もパも不安満載だったけど、私たちの前に踊ったMちゃんのパ・ドゥ・ドゥ見たら、ものすごいパワーをもらった。
いいんだ!今、イメージしていることをしっかり表現できるように、気負いなく踊ればいいんだ。


仲間がけがして自分の演技に不安を覚えるとか、逆に誰かの金メダルがパワーになったなんていう話をいくつも聞いたオリンピック、まぁ、比べるのも恥ずかしいけど、なんだかすごくよくわかった。

やっぱ、舞台は魔物だ。
下りた途端にまたのぼりたくなるもん。

遠いところ、わざわざ見に来てくれたお友達、ありがとうございました。
たくさんのプレゼント、花束、ありがとうございました。

今朝のハイビスカス
CIMG0340.jpg

つやつやしている中心と、おしべの影がかわいい。
CIMG0341.jpg


ここでゆるゆるしたいところだが、
24日には花火前夜祭ということで、「街中音楽SHOW」に出演。
ペアーレ前のサブ会場でPM7:30くらいからほんの少々歌うので、お近くの方、お時間ありましたら、見に来てくださいね!!(というか、私が一番練習不足!まずい!)

と、言ってる間に「AKITAガラスフェスタ」も近づいてきた。ぎゃ~!

だからね!三足のわらじなんだってばさ。

いつぞや食べたビワの実
CIMG0338.jpg

挿し木成功の薔薇
CIMG0339.jpg

種をまく、増やす、育てる・・・
自分の中の可能性の種
誰かの中のたくさんの成長中の若芽
見つけて大切に育てたい

CIMG0336.jpg
こちら、爪とぎの上でくつろぐももちゃ。


町内に新居を建て、若い夫婦が引っ越ししてきたのは春のこと。
らん君の散歩中に、黒いフレンチブルを連れた彼女(奥さん)と出会った。

らん君は誰に対してもフレンドリー。
モルツちゃんともすぐに仲良しになった。

以来、モルツちゃんはらん君の姿を見つけると大喜び。

最近は、うちの小さなドッグランで遊ぶ日が続いている。

Kちゃん(モルツのママ)は若くて明るくて素直な良い子だ。
年は聞いてないが、たぶんうちの娘たちと同じくらいだろう。

ただの猫かわいがりな犬好きとは違って、犬の習性をよく理解している。
らん君がモルツちゃんを遊びに誘う様子もちゃんとわかっている。

「らん君は遊びに誘うのが本当に上手ですね~。」
なんて言われちゃって、「そうなの~!」と、わたしゃ、親ばか全開。

チョビはガウガウ犬だったので、おとなしいシーズーのリン君としか仲良くできなかった。
人間の子供が「わんわ~ん」と近づいてきても
決してさわらせることはできなかったし、ましてやよそのわんこと道端で遭遇しようものなら・・・

だから、わんこ同士が仲良く走り回るのを見ているって憧れだったんだ。
らん君のおかげでいま、猫友達のほかに犬友達までできちゃって、ほんとにうれしい。

最近のらん君は、本当に素直になった。
呼ばれても知らんぷりというのがなくなって、呼び戻しができるようになったし、散歩中も何度もアイコンタクトができる。
散歩から戻るとゴロンゴロンしておなかをマッサージして!とせがむ。
いつも笑っているけど、作り笑いじゃなくなった。

いつも言うけど、
猫のかわいさと犬のかわいさは全く別モノ。
犬と猫を比べること自体が間違ってると思うな。


CIMG0329.jpg
西洋芙蓉の花が咲きました。

大きくて優しくて素敵な色だったのでおととし鉢植えを購入。
昨年は地植えして、株を大きくしました。
今年の春、掘り起こして場所を替えたけど、ちゃんと咲いてくれて、よかった。

CIMG0330.jpg
アップに耐えられる美人さん!!

夫が50mのホースを買ってきてくれたので、朝晩の水やりがとっても楽になりました。

CIMG0326.jpg
小さなクレマチスがもりもり咲き始めました。
これは薔薇と一緒に咲かせようと思って購入。
ねらい通り!


と・・・・



元気なのは植物だけで、

私と猫sとらん君はバテバテでグダグダです。

せめて32度くらいだったらなぁ・・・・・


ピンボケですが
このお方も無事に旅立ったもようです。

CIMG0334.jpg
仙台丸善アエルで開催されている「招き猫展」に行ってきた。

会場で一人で切り絵ライブをやっている松風さんと会って、9月の「瀬戸の招き猫展」のワークショップについていろいろうかがう予定もあった。

復興支援のイベント「まねきねこけし」が展示されている「縁日」に寄り、作家さんたちの個性あふれるこけしを見た。
なんといいますか・・・・
みんなの人柄や心意気なんかがぎゅぎゅ~っと濃縮されていて、ほんとにどれも素敵に楽しい。

モノづくりの原点にかえって、
また、お客様と向き合う原点にかえって、

「楽しくなきゃ(自分が)、楽しくない(人も)」
という、シンプルな答えにたどり着いた。

歌って踊るガラスクラフト作家を自称していたら、
どれが本業???という「もじゃない」(雑然とした)自分になっていて、
作ったものも作りっぱなしで、手に取ってくださるお客さんの顔を見ていなかったなぁと反省することしきり。

今年は瀬戸のワークショップにも手を挙げ、
地元イベントの「輪茶フェス8」にも久々に参加を決めた。

実は、何年か前まで、ワークショップや体験教室的なところに呼ばれて、嫌というほど手作り体験教室をやった。一人一人が満足できるものをと、考えた結果、材料費はギリギリまで抑え、準備は手ぬかりなく、出来栄えはすばらしく・・・、何度やっても、赤字ばかりで疲れ果ててしまった自分がいた。

あのころの反省を踏まえ、ゆるゆる楽しくできることを考えようと思う。


今回の駆け足仙台の旅では、おもがけなく仙台四郎さんが祭られている場所にも初めて寄った。(なんでも知ってるねこてさん!!)(笑)
美味しいランチして、関係者にしかわからないツボな作品に大笑いして、
みんなの作品にたくさんの刺激をもらって、駆け足にもかかわらず、中身の濃い時間だった。


帰ってきたら

DSC_0245.jpg

おか・・さん・・・ぼくは・・びょうきかもしれません・・・・
なんだか・・・からだが・・・

わわわ~~!!
室温35度!シータさんが倒れてる~。

すぐにエアコン、つけたとも!


数分後・・・
DSC_0252-1.jpg
あ・・・なんだか・・・・心地よい風が・・・

上からエアコンの直撃で、飛行機耳になってるくまたん。
DSC_0253-1.jpg

 | BLOG TOP |