プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


「ミッドナイト・ブルー」
ブルーとは言っても、エンジに近い色。
ベルベットっぽくて優雅だけど、ミニなんだな、これが。
DSC_0139a.jpg

大きな薔薇さんたちはひとまず終了。
花の終わりを待たずに新芽がぞくぞくと伸びているものもある。

新苗は花芽を切るらしいけど、新苗で届いたものもつぼみがたくさんついていて、とてもバッサリやる気にはなれない。花を観ますよ、わたしゃ。



幼少から今の今までずっと乗り物が苦手。

幼稚園に入る前は、バスが目の前を通っただけで酔っていた。

小学校では、遠足というものが大の苦手だった。

小学校の修学旅行で、当然のように車酔いした。その時は辛いのだが、車から降りると調子は良くなるので、「参加しない」という選択肢はなかったし、それなりに楽しんだのだと思う。
しかし、その後の授業で、
修学旅行の思い出の作文発表というのがあって、
ある男子が声高らかに
「・・・・でも、遠山さんが(私の旧姓)バスに酔って、茶色いものを吐いていました。」と
読み上げたとき、

さすがに顔から火が出るほど恥ずかしかった。

今にして思えば、子供というものは残酷なものだな。

中学の修学旅行は北海道だった。

当時珍しい(?)登校拒否の女の子がいて、クラス委員だった私はその子と二人行動を命じられていたのだが、案の定バス酔いした。
保健車というバスが一台あって、(ふつうの大型バス)
私と彼女はそちらに移動。
彼女に面倒を見てもらうハメになった。
大きなバスにガイドさんと保健室の先生と私たちだけでゆったり。
快適空間で、いつの間にかバス酔いも治り、彼女も旅行中、ずっと笑顔だった。


高校の時は列車で長旅の京都行き。

もちろん酔いまくった。
優しい同級生たちにさんざん迷惑をかけ、
列車から降りることもできずに、担任の先生に担がれて下りた。
しかも、そのまま京都の古い開業医へ直行。
宿舎ではおかゆだった。

帰ってきてから友人の一人に、「あんたみたいなわがままな女とは口もききたくない!」と手紙をもらった。気持ち悪くて何もできず、さすられても吐き気が襲ってくるので友人の手を払いのけた。ゴメンとも言えなかった。


そして、

大学時代

憧れの先輩にドライブに誘われた時も・・・・・・(つづく)

ゆき

ブログご無沙汰。

それなりに仕事、それなりに練習、それなりに園芸やっとりました。







その子は天使のように白く光っていた。

ふわふわの白いタオルにくるまれ、
髪も手も同じくらい白く透き通っているように見えた。

生まれたばかりの赤ん坊は力いっぱい泣いているのが普通なのに
その子は微笑んでいるように見えた。


暖かくやわらかいのと感じるのは
その子がそうだからなのか
抱いた私の気持ちがそうだからなのか
その両方なのか・・・・

姑さんが傍に付き添っていた。
夫はどうやら仕事に出かけているらしい。

「おばあちゃん、

 この子は

 咲と彩の妹だから

 ゆき

 って言う名前にするね。」




 ゆきちゃん

 
 ゆき

 

 ゆき?





誰だよ、お前!!




今朝の夢、リアルだったなぁ・・・。

誤解を恐れずに言うならば、私は幼児も赤ん坊も苦手である。
今はたぶん、母性なんてないに等しい。
でも、今日の夢では
「母である幸せ」・・みたいなものがぱぁぁぁっと広がっていった。

はぁぁ。。。。???
何なんすか?その夢。
DSC_0312.jpg

さっぱりわかりませんねぇ。
DSC_0306.jpg

ねぇ。。。
DSC_0305.jpg


「くまよ。おめーにきっぱりわかることなんてあるのかい?」


かぁさん、それ、ひどくないですか?
DSC_0308.jpg

一輪挿し

最近、お花が気になるので

作品もそっちに流れている。

と、言っても花をテーマに、とかではなくて、花を生かすもの。

吹きガラスならちょいちょいっと器ができるんだろうが、フュージングで立体を作るのはとても手間暇がかかる。

ハンダ付けという手法もあるが、

せっかくの透明なガラスにわざわざ金属でつぎはぎするのもなんだかイヤ。(個人的にはハンダ付けの作業はとっても好きなんだがね。)


どうしたらハンダなしに箱ものが作れるのか・・・


うむむ。


とっかかりとして、

こんなん作ってみた。

CIMG0241.jpg

フュージングする際に耐熱シート15mm厚をガラスの間に挟んでみた。

ここに空間ができると水、いれられるんでな~い?

へば!

CIMG0240.jpg

この作品の裏にフォトボンドで貼り付けて、
一輪挿しになるんじゃない?

う~ん・・・・
でも、

どうやって立たせる?

詰めが甘かった!!

リベンジ、リベンジ(カゲの大声)(笑)
ブランカさんで

ジオラマ伊藤幸正~四季の情景展~ 6日(水)~19日(火)
 
残り会期が今日と明日の二日間になってしまったが、

ぜひ、会場で実物を見ていただきたい。

昨年も開催され、

私は二点GETしてきたが

その細密な表現と、思わずぷぷぷっと笑ってしまうツボがいたるところにちりばめられていて

観ていると幸せな作品ばかりだ。


今回も二点GET

そのうちの一点はもちろん猫ものだが、

ずうずうしくも

「猫の顔がかわいくない!」と、作家さん本人に向かって言ってしまった。

ジオラマ作家の伊藤氏は、偶然にも同い年で、その辺の親近感から悪気なく言ってしまったのだが、さすがにプロ根性!
二、三日後に「リベンジしたから見に来てくれってさ~」と、主催のブランカさんからメールが来た。
おお!!行くともさ!!

伊藤氏、私のブログで猫たちを観察したという。
「最近のブログ、猫でなくて薔薇ばっかりだっけしゃ。」と、文句言いつつ、薔薇も作ってみせてくれた。

猫好きの我々からすれば、まだまだ可愛さが表現しきれていないけど(ごめん!)
でも、その心意気と勉強熱心さにとても感激したし、見習いたいと思った。

img_1024568_46380378_1.jpg

15cm四方の世界。
私たちが生まれ育った昭和30年代の食卓。
丸テーブルの脚に新聞広告を小さく折ったものがはさんである。

んだんだ~~!!これこれ!!
(昭和生まれにしかわかるまい)

購入作品に
リベンジした猫を置いてみた。

あたくしの可愛らしさは
作品におさまるもんじゃございませんのよ。
CIMG0239.jpg



詳しくはブランカさんのブログで。
こちらも。
CIMG0225.jpg

手前はおととし作ってもらったハーブの花壇。

そして、その奥に見えるチェス盤のようなタイル敷きの一角・・・ここがコンテナガーデンの中心地となる。
現在、散らかっているテラコッタの鉢植えを配置する予定

よし!引退後のオープンガーデンの準備はできた。(笑)


反対側からみるとこんな感じ。
クリーム色が「ティージング・ジョージア」で
奥の赤いのが「テス・オブ・なんちゃら」
CIMG0228.jpg

もりもり咲いてる!
CIMG0232.jpg

CIMG0227.jpg

毎年少~しずつ庭を改造してきたが、
これでほぼおしまいかな。

もりもり咲いてる子たちの横で、二年目の子たちがひっそり咲き始めた。

つぼみも愛らしい
CIMG0216.jpg

「琴音」
名前も可愛らしい
この優しいアプリコット色に惹かれて、昨年新苗を購入
CIMG0234.jpg

昨年は298円のミニ薔薇だった。
CIMG0223.jpg

この子も。
CIMG0224.jpg

何度も言うようだが、私は園芸に詳しいほうではない。
剪定の仕方、肥料のタイミングなどなど
薔薇は難しい・・・と、言われているらしいが、

そんなことは、どうでもいい。

たくましく、美しく育ってくれるから。

(品評会出品レベルの方々は読まないでください)
昨日は劇団四季のミュージカル「赤毛のアン」を観てきた。

四季の「アン」は二回目。

前回もマリラ役とマシュー役の「大人の味」に魅せられたけど、今回も役者は違うものの、この二人が良かったなぁ。

話の展開上、ダンスシーンはすくなかったけど、それでもさすが、四季のダンスはエネルギッシュだったな。
ギルバート役の役者さんの汗が飛び散っていたぞ!最前列のおじさんは思わず身をよじっていた。(笑)
(例によって、私は3列目の左側でかぶりつき。)

赤毛のアン

多くの夢見る乙女たちがそうであったように
私にとってもアンは特別な存在だった。

初めてアンに遭ったのは(?)
小学校6年生の時。

小学校二年生の時に父が倒れ、母は父を看護しながら忙しく家事をこなしていたころだ。
クリスマスに初めて本を買ってくれた。

立派な装丁の本で、「赤毛のアン」と「若草物語」の二話が一冊におさめられていた。
もちろん、まだ持っている。
宝物だもの。
CIMG0220.jpg

ゲームもなかった時代、この後、本に夢中になったことは言うまでもない。

しかし、本当にアンを「腹心の友」と、思えるようになったのは、高校生の時だった。
高校の図書室で、「赤毛のアン」は実はシリーズもので、話はまだまだ続くということを知った。

アンは実にアンらしく成長し続けていた。アンの見ている世界を共感しながら見られる年になって再びアンに出会えたことはとても意味のあることだった。
この物語は、小学生で読んで満足しちゃダメだったんだなぁと思ったものだ。
高校の図書室でアンシリーズを読破し、大学に入って、やっぱり手元に置いておきたいと、学生協で5%割引で文庫本を買った。

アンに魅せられた人がだれでもそうだったように
アンは自分自身であり、かつ、腹心の友でもあった。

と。。。。

しばしタイムスリップしつつ、
だけど、自分はマリラの年になっているなぁ、マシューの気持ちのほうがずっと近いなぁと、気づかされもした。

マリラが「あの子は畑仕事の役に立たないでしょ」と言って嘆いたとき、マシューが「だけど、私たちがあの子の役に立つかもしれないじゃないか」と答える。
なんだろな、そんな一言に「おっ!そうだよね。」と、ジ~ンとしてしまうあたりが、年食った証拠だなと実感しちゃったよ。


「ティージング・ジョージア」咲きました。
CIMG0217.jpg

私の背丈ほどに伸びた。
CIMG0218.jpg

さて・・・
今日はちょっとペースダウンしますよ。
長い冬を乗り越えて、まさに百花繚乱の季節を迎えた秋田だから
またまたまたまた
植物ネタでも許してね。

ブルーフォーユーは
蕾の時は限りなくピンクに近い。
咲きはじめは薄い紫のグラデーション。
ほんとに綺麗。
この蜂さんは、この子が来た日からずっとそばにいる。よほど気に入ったらしい。
CIMG0177.jpg

クレマチス咲いた~!
CIMG0168.jpg

こちらは昨年購入したクレマチス
CIMG0169.jpg

こんなに大きく育った。
CIMG0170.jpg

手をかけて育てたわけではない。
クレマチスって特に生命力が強いのだ。

そして、最近よく感じるのだが、植物にも心があるらしい。
うちの環境が気に入ってくれて、私の話しかけに応じてくれる子は放っておいても大きく育つ。
肥料をあげたり、丁寧に扱ったつもりでも、何か気に入らないとうまく育ってくれない。

白樺はほぼ全滅。
こぼれ種で育った子だけがかろうじて生きている。
こぼれ種はここが我が家と思ってくれたのだろう。

植物と暮らすのって、子供と暮らすのと同じなのかな。
「ああせい、こうせい」と百万遍唱えても
塾に通わせても
スポ少に熱くなっても
けっきょく
子供は伸びたい方向に伸びていく。

植え方がどうの
土壌がどうの、
肥料がどうの、
病気がどうの、

神経質になってもならなくても
植物は勝手に育つ。

本当は最低限の環境を整えて、あとは静かに語り合うことが
ガーデニングの極意なのかもよ。
(と、ガーディナーでもないくせに言ってみる。ははは)

私にも母のグリーンサムの血が流れているかな。

雪舟
白いけど、真っ白ではなく、5cmほどの小さな花だが
ちいさな体に似合わないくらい香りが強い。

CIMG0172.jpg

さあ、そして真っ赤な「テスオブ・・・なんちゃら(笑)」

CIMG0144.jpg

左が昨年購入した「琴音」だから
いかに大きくなったかわかるよね。


今朝、咲き始めた。
これから真夏までず~っと咲き続ける。
CIMG0175.jpg

一年ぶり

最近、植物ネタ続いて、すまんね。

ついに咲いた!

私にしては珍しく、処分品ではなく、去年の5月に秋田市の某所で買った胡蝶蘭(名無し)

CIMG0134.jpg

たいして肥料もあげず、「お!カラカラだ!」と、気づいてから水をあげるくらいだったが、つぼみが伸び始めてからはさすがに

「咲いてね~!つぼみ、落っことさないでね~!」

と、毎日話しかけ、

蘭からは逆に

「あんたこそ、水かけるときにつぼみ折らないでね!」と、叱られた。

CIMG0133.jpg


どうやら冬咲きの胡蝶蘭、管理方法が間違っていたみたい。
今年こそ咲かすぞ~。

こぼれ種から育てたエゴノキ
CIMG0148.jpg

CIMG0149.jpg

一方、ホームセンターからかってきたピンクのエゴノキは雪で枝が折れ、1mもない。
それでもたくさんつぼみをつけた。
CIMG0147.jpg

みんな、可愛いなぁ~♪
薔薇苗が届いた。

これが、ひとめぼれした薔薇。新苗に花がわんさか咲いていた。(ほんとはダメなんだっけ?)

ブルー・フォー・ユー
CIMG0119.jpg

昨年までは剣弁高芯咲きっていうの?・・・バタークリームケーキのデコレーションのような、いかにも薔薇です!という花が好きだと信じていたのだが

今年は


一重咲きやカッブ咲きに心を奪われている自分がいた。

色は昔から薄紫や優しいピンクが好きなのだが、

こんなに青いバラは初体験。


「ね~ね~、らんちゃん、見てみて!!」
「おかぁさん、それは食べられません!」
(らん君はご飯がいつまでももらえないのでちょっとすねています)
CIMG0118.jpg

もう一つは

花便り
CIMG0122.jpg

これまた薔薇とは思えない可憐な花~。

今年こそ、ポプリを作るぞ。
乾燥用のざる買ってこなきゃ~。
夕方、近所のフレンチブルのモルツちゃんが遊びに来てくれました。

らん君、実は女の子にモテモテ!
なぜって、優しいから。そして遊びに誘うのもとっても上手。

モルツちゃんとドッグラン(雑草の林!!!)で楽しく遊びました。

CIMG0104a.jpg
モルツちゃんのママにごあいさつ。

「さ!あそぼう、モルツちゃん!」
「おっけー!らんちゃん。」
CIMG0106.jpg


「あれ?どこ?らんちゃ~ん」
CIMG0111a.jpg


「ね~、どこ~?かくれんぼじゃなくて、鬼ごっこにしようよ~」
CIMG0112a.jpg

「ここだよ~。じゃあ鬼ごっこ。僕がにげるから、モルツちゃん鬼ね」
CIMG0115a.jpg

「きゃっほ~!」
「らんちゃ~ん。今度はらんちゃんが鬼ね~!」
CIMG0114a.jpg

楽しかったね。
モルツちゃん、また遊びに来てね。

わんちゃんのオーナーさん、ぜひ、我が家の雑草園に遊びに来てください。フレンドリーなわんちゃん、大歓迎です。うちのらんちゃんはとってもフレンドリーです。誰とでも仲良くできます。
え~と、まもなく草刈りします。すみません。なにしろ、雑草の種をまく、働き者の小人を雇っているものですから。(笑)

 | BLOG TOP |