プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


ここ数日も気温が20度を下回り、朝夕は涼しいを通り越して寒いくらいだ。

植え替えたり、植え付けたりした草花にとっては好都合だったけど。


今年もおもだか屋アートステージで期間限定の猫展が開催される。
また、参加できることになってうれしい。
一度は行ってみたいところなんだが・・・・

ワークショップとかできる人になったらいけるかなぁ。
まずは夏のバレエ発表会を諦める決心がついてからだな。(笑)


そして、
7月27日(金)〜8月9日(木)
丸善仙台アエル店1Fギャラリー『第15回来る福招き猫展』

昨年は震災の影響で開催が中止された。
今年は復興支援イベントも合わせて行われる。
参加させてもらえるので、一生懸命がんばる!!




植えっぱなし大作戦もひとまず終了したし、

タイムリーに例の造園屋さん(小学校5年6年と私が担任した)が、倒れた木を起こした時の請求書を持ってきたので

雑草園を少し改造してもらうことにした。

薔薇苗を地植えするのはやめにして、コンテナ植えにすることにしたが、置き場所はやっぱり緑いっぱいの雑草園(?)のほうがしっくりくると思って、薔薇の置き場所を少し地ならしして確保してもらうことにした。

D君、小学生のころはやんちゃ坊主で、20代のころはそれなりにワルっぽかったらしいけど、今は大きな仕事をたくさん任されるようになったんだね。
忙しいのはいいことだ。
なかなか飲みに行く約束が果たせないけど、必ずね!!



ヒューケラが好き。
最近は花ばかりでなく、葉の美しさにも惹かれる。
CIMG0091.jpg


クレマチス
決して死なない強い子。開花が待ち遠しい。
CIMG0095.jpg

花盛りのチャービル
料理に使う気もないので、伸び放題
後方はコモンマロウ
こんなに大きくなるとは知らなんだ・・・。これももうすぐ開花
CIMG0097.jpg

今週末は薔薇苗が届く!!
楽しみ~~!!!!
・・・の、前に。

咲いた~!

CIMG0074.jpg
デンドロの原種で、珍しい青系の花。
やはり我が家とデンドロは相性がいいらしい。

花だけ見るといい感じだけど

実は


めちゃバランス悪い。
CIMG0075.jpg
でも、いいの。咲いてくれたから。

ここ一週間ほどコンテナガーディナーがんばった。
ものすご~くたくさんの苗を買って、我ながら欲張り!と、思ったけれど、

いざ、植えてみると

「え?これっぽっち?」

CIMG0087.jpg

ま、しょうがないな。
少しずつ増やしていくしかない。

寄せ植えしてみて新しい楽しさを知った。

一つ一つもちろん可愛くてきれいで、みんなが一番なんだけど、
個性の違う花たちを寄せ植えすると、お互いの良さがいっそう際立つのだ。

背丈、花の大きさ、花の色、葉の色、葉の形、みんな違ってみんないいんだな。

CIMG0078.jpg

勢いで、

去年地植えして、雑草の林の中に埋もれてしまったミニ薔薇を二本掘り起こし、ラベンダー、セージ、源平小菊と寄せ植えにしてみた。
CIMG0089.jpg

生徒さんからおととしいただいた名無しの薔薇ちゃんも二本、掘り起こし、ティジングジョージアの周りをすっきりさせ、日陰のドッグラン外にはちょっと変わったクレマチスを鉢植えにした。
家に近いほうのフェンスにはクレマチスがしっかりからんで、花が咲くのを待つばかり。

楽しかった~。

手間がかからないように地植えするって、間違ってたな。

手間をかけ、それぞれの良さを知る。手間をかけたほうが楽しいに決まってる。
当り前のことなのに、できてなかった。

今日は百人展の書類も出したし、気持ちよく酒が飲めるぞ~。(って、毎日気持ちよく飲んでますが)
決して香りも良いわけではないし、特に心惹かれる花でもない。




今思えば、

母は年号が平成になったころから自身の老いを認めつつ、しかし完全に認めることができずに葛藤していたのかもしれない。

突然、家を捨て、縁もゆかりもない遠い地の老人施設に入居を希望したかと思ったら


妄想が徐々にひどくなり、昼夜も関係なく電話してくるようになった。


三年ほど施設で暮らした後、今度はうちの近くの老人向けアパートで一人暮らしを始めた。

部屋の小さなベランダでゼラニウムを育てていた。
はじめは小さな鉢植えだったが、それがまたたく間に大きな株になり、背丈は1メートル以上に育っていった。
老いてわけのわからぬことを口走る母と、人が暮らしている空気が感じられない無味乾燥な空間の中で、ゼラニウムだけが生きて、真っ赤な花を咲かせていることに違和感を覚えた。
あれは、


ほんとうにゼラニウムだったのか?
母の想念を栄養にして育った生き物ではなかったのか?





そういえば、
母は緑の指を持つ人だった。
貧しい我が家だったので、贅沢なことは何一つなく、年に一度、安い小さな鉢植えを買ってくるくらいが母の楽しみだったのかもしれない。
今のようにさまざまな花々が豊富に店に置かれていた時代でもない。
当時、せいぜい、珍しいものと言えば、シャコバサボテンやゼラニウムだったのだ。

私は母と二人暮らしだったのを嫌って、大学時代は親元を離れて暮らしている友人のところに入り浸っていたし、結婚してからもあまり「実家」というところに行きたいとは思わなかった。(実家には何かが「居た」せいもある)

それでもごくたまに訪ねると、狭い廊下にシャコバサボテンやゼラニウムやオリズルランなどの鉢植えが少しずつ増えていくのに気づいた。
買い足しているのではない。

挿し木をしたり、株分けをしたり、

もとは一つだった鉢植えが毎年増えていくのだった。


しかし、ある時から、鉢は増えなくなった。
増やすことも、愛でることもおっくうになったのか?
小さな作業さえ、おっくうになったのか?

そんな自分に「これが老いということ?」と、問いかけた母がいたのではないか・・・なんてね、勝手な憶測だけど。



CIMG0072.jpg


コンテナガーデニングに熱中しながら、ふと、母のしぐさを思い出した。

何をするにもゆっくりな人だった。
ゆっくりではなく

きっと、丁寧だったんだろうな。

それだけは真似したいな、と、思う。

CIMG0073.jpg

おととし、いただいた薔薇「ティージング・ジョージア」
クリーム色の花が次々に咲く。
その根元には白系の花を配置した。


あ!!!!
急に神様、降臨!!百人展のプラン、思いついた~!!
CIMG0070.jpg
見事なスコ座りのももちゃ。

おかさん、
何、写してるでつか?
ももちゃは今、忙しいです。
(何が忙しいんだよ?)
CIMG0069.jpg

ちょっとぉ~!
いい加減にしてくんな~い?
CIMG0068.jpg


ああ~・・・ももちゃ、
積み木崩し?
とうとう反抗期なのね?
(もちろん冗談ですとも)

植えっぱなし大作戦。
青コーナーに続く第二弾は、白とピンクだなと、心ひそかに思っていた。
こちらは背が高くならなくてもよい。
薔薇のそばで、小さな花がこぼれるように咲く感じがいいな・・・。

そしたらドンピシャ!
今日、初めて入った花屋さんで、可憐な白とピンクを見つけた。


とはいえ、ドッグランの外側はこんな感じ。
見渡す限りの雑草園なのだ。

CIMG0063.jpg

広すぎて、一気に草花を増やすのは無理だから、鉢植えで少しずつ株を増やしていこう。
とにかく、雑草と闘うのはもうやめた。
雑草の中の草花もまた、見ようによってはいいじゃないか。
(笑)

あ。ちなみに秋田県は日本一、地価が安いですから!特にこの辺は安いですよ~。
うちだけ特に広いってことはないです。

青コーナー&白コーナーがどうなったかは、もう少し花が咲いたらアップしますね。
・サルビア ネモローザ「カラドンナ」
・フロックス ディバリカータ「ブルーパフューム」
・コバルトセージ
・モナルダ(うすいピンク)

植えっぱなし大作戦の(?)花苗が届いたので、さっそく植えた。

やっぱり青い子たちが欲しかったの。
う~ん・・・
基本的に青い子や薄紫の子が好きなの。
細かい花は黄色も好きなんだけど。


そんなわけで、
植えっぱなしコンテナの中身は
去年のラベンダー
ローズマリー
カレープランツ(これは黄色だども)に続いて

結局青い子たちになってしまった。

富良野ラベンダー
DSC_0285.jpg

とうとうお天気が回復したので、朝からせっせと地味な蘭たち(マキシラリアとかパフィオとか)を風除室に移動させた。

カトレアと胡蝶蘭は昨年の反省を踏まえ、一年中部屋で管理。
(空蝉師匠、サヴァ師匠、胡蝶蘭のつぼみがやっと膨らんできました。)

勢いで、雑草と渾然一体になっている薔薇ちゃんを掘り起こして一部は移動させ、一部は鉢植えにして、ちょっと気持ちがおさまった。

はぁぁ~、幸せ!

て、、、
まだ掃除も洗濯もしてないし、茶碗も洗ってないぞ~。

集中

某所で見かけたことば。


「やらなくてはいけないこと」を「やりたいこと」に変えるんだってさ。

言うは易く、行うは難し。だって?

「やりたいこと」だらけの私は、分身の術が使えたらなぁと思う。


だけど、流れにゆだねると、おのずから行動は決まってくる。
ジタバタしないことだ。


来週から始まる企画展、ほぼ新作だけというめったにない(汗)状況。
作りたいものが魔法のように産まれてくる。
短時間でも集中できる。

CIMG0066.jpg
作りかけの作品などおかまいなしに寝る秘書さん。


なんでそう、散らかったところに寝たがるの?
CIMG0065.jpg

できた!!
「仲良し」
CIMG0067.jpg

今回の作品の中では大きいほう。絵の横で17cmくらいある。
ブランカさんで実物を見てくださいね~。
田んぼに水がたたえられ、

その上を、

恋の時期を迎えたセグロセキレイが、舞うように飛んで行った。

うん。


こういうのを見ると

雨もまたよし。だね。


真っ赤なシャクナゲが雨に映える。

いま、ももちゃを膝に置いて、庭を見ている。
(正しくはももちゃのベッドになりながら)


(そろそろ。。。。重くなってきた)

ふと気づくと5月も半ば。


ひえ~~~~


百人展のペーパープランの締切が近づいているじゃありませんかぁぁぁ

あぅぅぅ・・・まだ白紙。

優しいらん君
「うふん♪」

CIMG0058.jpg

ゴールデンウィークに次女と行った植物園で、つい買ってしまったエビネ
「一番好きな花はエビネ」と、言っていた25年前。
原点に帰ってきた感じ。
う~~~ん♪
やっぱり可愛い~♪

DSC_0264.jpg

何度も庭をいじって、見当たらなくなてしまったエビネの群生。惜しいことをした。
この子は大切に育てようと思う。


さぁ、今日は工房に籠る日。
23日から、ブランカの企画展に参加します。

*小さな絵展  5月23日(水)~6月5日(火)
      出展者:伊藤美果・草裕・佐々木久実・佐藤史子
            田口彦六・西野美佳・渡辺芳勝

どうぞ、お立ち寄りくださいませ。
我が家の庭はワイルドガーデン(つまり雑草園)
ま・・・ね・・・・
それでもいいんだけど。

こんな感じ

CIMG0059.jpg

ここはドッグランなので基本的に花は植えないからいいんだ。

ね。らん君♪

「そ~です。おかぁさん。僕が走れなくなるのは嫌ですからね。」
CIMG0055.jpg

したがって、基本は雑木林
ナラの木(どんぐり)と、ハナミズキ
CIMG0053.jpg

しかし、


雪解けとともに、どうしても草花が見たい。

しかし、一年草の植え付けはプランター7個×3~4ポットで勘弁してほしい。(これは私の仕事ではあるが、私の花ではない。)

耐寒性多年草か宿根草で、背丈はそれなりに高く、できれば秋口まで花があって病害虫に強く、植え替えなしでもぐんぐん育つものはなかしら・・・(わがまま&ずぼら)
と、face bookで相談したところ、心優しいお友達からたくさんのアドバイスをいただいた。

かなりの植物を網羅している庭だが、

おお!

ほ~~?

ふむふむ。

そんなのもあるんだ?

と、


植えてみたい子たちがわんさか出てきましたよ~。


朝から、ネットでず~っと植物をみていたら、すっかり目がしょぼしょぼになってしまった。

いろいろ教えてくれたM穂さん、Chiakiちゃん、ほんとにありがとう。

いずれ、近々、その後のことをお知らせしますね。

今が盛りのライラック(リラの花)
良い香り。
CIMG0042.jpg

ツツジも咲き始めた。
CIMG0044.jpg

実家から持ってきたドウダン。
2m以上ある。
カバープランツは草南天。
CIMG0046.jpg

強風で倒れたヒマラヤシーダーも元気に復活。
CIMG0051.jpg

家の前の福祉施設の桜はすっかり葉桜になった。
今年は桜吹雪がきれいだったなぁ・・・
CIMG0050.jpg

田んぼに水が張られ、この辺は農作業の真っ盛り。
一年で一番好きな季節。
まだ床暖のスイッチを切れない。

だって、ももちゃに文句八百ぐらい言われるから。

庭に出ている母ちゃんを
不審そうに見ているももちゃ。
それを写しているいる私も・・・写っている。
窓ガラスが汚れているのは、ももちゃの鼻水だから、気にしないように。(笑)
DSC_0280.jpg

それにしてもこの寒さ。

せっかく動き出した蘭たちの新芽も縮こまってしまう。


それでも、秋田の五月は花々が一番美しい季節なのだ。

大大大好きな姫リンゴの花。
これは毎年、ほんとに綺麗な花をたくさん咲かせる。
DSC_0258.jpg

亡きチョビ君の樹、ハナミズキ
DSC_0266.jpg

三色見事に咲き分ける木瓜
DSC_0260.jpg


地味だけど、、、モミジの花
DSC_0274.jpg


地味だけど・・・・
処分品だった100円のクリスマスローズ(しつこい!)
DSC_0265.jpg


今日はわらび座のI先生がコーラス講座の様子を視察(?)にいらした。緊張した~~~!

12月のコンサートに向けて、第二部全曲のアレンジをお願いした。
おおよその話はまとまり、目指す方向も理解していただけた。
白瀬ミュージカルが、こんなふうに発展していくなんて、本当にありがたいことだ。
10周年にはクリスタルクワイヤーのためにオリジナル曲を作っていただきたいな。
あ。できれば歓音~KANONにも!!

よし!!
オレはいくぜ!

娘たちもそれぞれの場所に帰り、私にも日常が戻ってきた。

そりゃぁ、30年近くも家族やっていると、いろいろなことがあったし、

これからもいろいろなことが起こるだろうさ。

「娘は死んだと思うことにしよう・・・」なんて

夫と話したこともあった。




だけど、


この子たちが娘でよかったなぁ・・と思うことがけっこうあるんだ。


幼いころから、「子供としてじゃなく『一人の人間として』対等に話すからね」と、言い続けてきたせいで、保育園に通っていたころ「私たち、お母さんの子供じゃないんだって」と、姉妹は泣いていたらしいが・・・・(爆)


今は、ダメダメ母が賢い娘に救われていることも多い。


そんな娘たちからそれぞれちょっと早い母の日プレゼント

次女さんが、ファッションコーディネートの基本の伝授とともに買ってくれたストール

母のクローゼットはステージ衣装がずらり・・なので、
「どれが普段着?」
という状態だったが、このゴールデンウィークで捨てるものは捨て、普段使いできるものもそれなりにそろった。
次女さん、ありがとう。

CIMG0041.jpg

長女さんからは

先ほど届いたお花

CIMG0040.jpg

なんとまた、栽培の難しそうなのを選んだものだ。(笑)

だが、花の色は一番好きなタイプ。

ドンピシャだお、さすがだな、kisaさん。


さらに、次女さんからは「自育ノート」の書き方なるものをノートと共にいただいた。

う?


これって、あっさり断念した「奇跡のコース」に似ているかもよ。
DSC_0244.jpg

夕べのスーパームーン

ニコンの眼デジでのぞくと、月のうさぎまではっきりと見えた。
残念ながら目に見えたものと写ったものは違っていたが、

どちらも綺麗だった。

DSC_0247.jpg

このゴールデンウィークは真夏のような暑さに始まって、中盤からお天気が安定せず、昨日は雪が降るかと思うような寒さだった。


ゴールデンウィーク恒例のプランターに花苗を植える作業は、苗の到着が三日も遅れ、結局、今朝、お天気と競走しながらなんとか植えることができた。

S川の遅配はちょっと困りものだ。
暑かったり、寒かったりで、ベゴニアは茹だったようになっていた。
販売元のせいではないと思うよ。
一緒に注文したクリスマスローズは土が大量にこぼれていたし・・・。

DSC_0250.jpg


そんなわけで(どんなわけ?)
ゴールデンウィークはぱっとしなかったな。

今日は土いじりしたついでに蘭を植え替えたり、なめこ栽培したり・・・(なめこはゲームですが)

デンドロ系は毎年咲くが、カトレアや胡蝶蘭はどうも失敗が多い。もしかしたら置き場所や植え込みの素材、植え方が間違っていたのではないかと、この休みの間、いろいろな育て方サイトを渡り歩いてみた。
そして、やはり間違っていたことに気付いた。(今頃かよ?)

世にごまんとある栽培書を根底から覆すような内容だったので、ここにお知らせすることは控えるが、どうも理にかなっている気がして、さっそくトライしてみることにした。
うまくいったら公開します。(笑)

そうそう。
庭に地植えしていた(というより、適当に埋めていた・・)処分品一株100円のクリスマスローズが咲いた。地味・・・・・
地味すぎて、雑草と見まちがう。
花がなければ、きっと、草むしりの時に引っこ抜かれる。

お天気が回復したら、鉢植えに格上げしてみようと思う。

我が家の庭はあまりにもワイルドで(つまり雑草だらけで)ガーデニングを楽しむには不向きだと、やっとあきらめがついた。
今年は、めんどうでも冬越しできるものを鉢植えして、好きなように配置して楽しもうと思う。


てなわけで、クリスマスローズに手をだしてしまったのさ~。

 | BLOG TOP |