プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


と、言ってもわたしではありませんよ。
いや、ま、嫌いではありませんけど、やらずに済むものなら済ませたいじゃないですか。

うちの大掃除好きはこいつです。こいつ。

来年は立派な虎になると決意も新たな風太です。

大掃除に使うあの、白いスポンジ状の汚れ落とし。風太はあれが大好き。
使う分だけ切っているとなぜか、たったかた~と走ってきます。
そして、いきなり四角いスポンジを奪い取ると、(このときは爪が出るので気をつけないと流血事件)Jリーグ選手スイッチONになります。興奮して一人サッカーに汗を流す風太くんなのです。

しかし、しばらくするとTVの下か、冷蔵庫の奥にシュートして回収不能になります。

するともまた大掃除中の母ちゃんのところにやってきて「きゃぁぁ(サッカーボールちょうだい)」

レンジフードはずして、魚焼きのグリルはずしてせっせと磨いた汚れたスポンジを、再び奪い取って走っていきます。あ~あ


ところで、最近シータさんが不調なので気にしていましたが、あることに気がつきました。
猫って目の上にひげのように立派な眉毛(?)が数本生えていますよね。


このように・・・


ところがシータさん・・・・・いつの間にか一本もなくなっていました。




犯人はイチ子です。いつもシータさんの顔中を毛づくろいしてますが、そういえば、カチカチと音をたてて何か噛んでいました。どうやら眉毛を全部かじってしまったらしい・・・
まさか、それで体調崩したんじゃ????なぞです。

本日、年内最後の納品が終わればようやく今年のお仕事終了です。
と、言っても、正月中に1月12日のイベントの曲目を選んでおかなければいけないし、ふと沸いてくるアイディアが逃げていかないようにいろいろと準備もしておかなくてはなりません。

それでも昨日は温泉へ。

温泉といっても、山の奥のひなびた温泉ではありません。かといって、一億ばらまきの頃のどの町にもあるというスパ施設でもありません。
実はあんだんて、10年ほど前に大曲では珍しいリッチなホテルがOPENした時に、何を血迷ったのか会員になったのですわ。(株主のようなもの)
会席料理がいつでも20%OFF、付属している温泉とプールが同伴者含め三名まで無料で使えるということで!
しかしながら、最近の忙しさですっかりご無沙汰。年に一回行ければいいほう。
「そうだ!温泉!!」
と、腰を痛めた夫が急に思い立って一人で出かけたところ、(夫はめったに一人では外出しない人)マッサージチェアも立派なのがあって、(そりゃそうだ。高級ホテルなんだから!)いたく気に入ったとのことでした。
「そういえば、最近行ってなかったなぁ。」

家から車で15分。
行く気になればいつでも利用できたのに、もったいないことをしました。
こんなステキな温泉をほとんど貸切状態で使えるんですからね。

モータ得意のポーズ


う~~~~~ん極楽~


今年以上に忙しい年になりそうです。
でも、それはあんだんて自身が望んでいることでもあります。
車の両輪のように、制作活動と表現活動は続いていきます。
どちらかを優先することも、削ることもできません。(12月22日の予言)

はい!
怪しい預言者あんだんてでした~~~


ところでっ

昨日はAPスタジオがお休みでした。
「今月はレッスン、三回しかなかったですね~。」というM子さんの一言からすべては始まったのであります!(大げさ)
N子先生が「本部スタジオはレッスンあるから、皆さんも参加できるか聞いてみましょうか?」とおっしゃってくださり、な~~んと「OK!」が出て、みんなで平沢バレエスタジオ体験ツアーに出かけることになったのです。
なにしろこのスタジオからは宝塚音楽学校に過去二人も入学していまして、基本をきち~~~~んと叩き込む(?)指導には定評があるのです。
もっとも、I子先生の笑顔の猛烈レッスンには私たち大人組はへろへろへろ~でしたが。

ノンストップ一時間半
I子先生はじめ、N子先生、S子先生、Mさと先生、4名の先生方に温かく(?)厳しく(?)見つめられ、ご指導いただき、緊張しまくりの一時間半。

魂・・・抜けました・・・・
スーパー○○ーム飲んでいかなかったら気絶してたかも・・・

でも、楽しかったぁぁ
やっぱ、バレエ最高~~。

平沢バレエスタジオ発表会にデビュ~かも

かくれんぼ中のももちゃ。目が寄ってますよ~


そして
2月22日から3月2日まで開催される丸善本店ギャラリー(東京丸の内OAZO)で開催される
「CAT アートフェスタ」への参加が決まりました~

ほ~らね。予言どおりでしょ。

51

イチローの背番号?

ははは・・・・


いやいや、今日は誕生日なのさ。


ええ~?


そうだったの?
おかあちゃんって意外に年寄りだったのね!
ももちゃ、ちょ~びっくり!



まま・・・それは置いといて。

22日はガラスの生徒さんたちと展示会の打ち上げ。
盛り上がりました。ブランカさん、二週間お世話になりました。ブランカさんのA美さん、美味しいお料理ありがとうございました。

23日はイオン大曲でクリスマスゴスペルコンサートに出演。
一日に二回公演というのは初体験でしたが、不特定の通りすがりのお客さんをお相手にというのも面白かったです。ちょうど、クリスマス前の祝日ということもあって、店内はそれなりに大勢のお客様でしたし、わざわざ聴くために来てくださった方もいらっしゃいました。
MCと歌でぴったり30分。
いや~。。。。。私って才能あるかも!(笑)

そして、クワイヤーの皆さんもすっかり場慣れしていまして、すばらしい歌声をぴっかぴかの笑顔で歌ってくださいました。ソロは今年最高の出来だったと思います。
来年も楽しい活動ができるといいなぁ。

そして、二回目の演奏後、秋田市へ直行~~~
キエフバレエ団の「白鳥の湖」公演を観るためです。
うお~~
こちらは夢の世界。絵本の世界。
ベテランダンサーたちの熟練の演技と技術にただただ、ため息でした

ガラスのお仕事がまだ残っていますが、まずは峠を越しました。

「お誕生日おめでとう。って、メールすればいいが?」
「いらね。」
「クリスマスケーキ買ってけるが?」
「いらね。」
「へば、お誕生日ケーキは?」
「いらね。」
「へば、コーヒーのお供(ケーキ)、買ってきてけれ。」
わがった。」
夫とわたしの今朝の会話でした。

冬休み

今朝の雪はとうとう横から降っていますよ。
いわゆるブリザードってやつですね。
雪が空からまっすぐに地面に落ちてくるのは当たり前のことなので、ま、仕方ないかな・・・と、思うのですが、雪が右から左に(正しくは西から東に)走って、その辺で渦を巻いて、再び風に乗って・・・を繰り返すと、道路には吹き溜まりができます。交通の障害にもなりますし、何より、吹雪いているときには路肩が良く見えないものですから、吹き溜まりに突っ込んで車が動けなくなるときもあります。
路肩から側溝に落ちる車もあるし。
そんなわけで、雪国では雪のシーズン突入の前に路肩に赤白のポール(2mくらいの高さ)がたくさん立てられます。側溝の位置をそのポールで確認しながら走るというわけです。
吹雪くときはそれさえも良く見えませんから、もう・・・・・・いや~~~~!!と、なるんですけど。


依頼されていた仕事をようやく片付け、(それでもまだ2件残っています)そろそろ冬休みモードに入っているあんだんてです。
明日はガラス展の打ち上げ、あさってはイオンモール大曲で午前と午後の二回、歌うんですけど(歌い終わって即行で秋田市に「キエフバレエ白鳥の湖」を観に行くんだよ~ん)、それが終わればホントに冬休み~

秋田市のあんだんてのお店では【猫もびっくりたまて箱展】と題して、猫もの雑貨展をやっていますが、店長あんだん子のフェルト小物や手芸作品に刺激され、冬休みは私もガラスからはなれるぞ~!と、缶バッチメーカー(おもちゃですけど)やてん刻セットを取り寄せました。
こんなのも作ってみました。


ひゃひゃひゃ
これ、何?って。ふふふ。秘密です。


毎日雪の話でごめんなさい。

我が家の屋根は平らなので、ずんずん積もって今朝はこんな様子です。
いつもの年だと1月下旬から2月のような雪の量です。

せっかく作ったドッグウォークも

毎日雪かきしてあげないと、チョビが埋まってしまいます。

やれやれ・・・・いつまでつづくんだかなぁ・・・・。


あれ?こんなところに極上のターキーが・・・?
昨日、ドカ雪が止んでひと時の晴れ間がありました。
雪がキラキラ光ってきれいでした。

と!言ってるまもなく、放射冷却現象で、夕方にはもやがかかって車の運転ノロノロ・・・ノロノロ・・・・しかも一気に気温が下がって氷点下!!解けた雪が凍って、道路はアイスバーン。怖いよ~怖いよ~と、泣きながら買い物にでかけました。

そして・・・・・・・




なんだかわかりますか?

車の運転席から見た午後1時の大曲です。
夕方でもないのに車はライトをつけ、湿った細かい雪が休みなく降り積もるのでこんな状態です。
道路、見えませんから~~~~

誰だよ!今年は暖冬だって言ってたやつ!


ブランカさんからの注文品納品。
元子さんから依頼に着手。
プチポンさんの注文品に着手。
あ!万里子さんからの依頼品もやらねば~。
大曲駅と、アトリオンのがまだ手つかずだぁ・・・・
すみません。独り言です。
ついに屋根には80cm弱の雪が積もった。
これは、雪下ろしが必要か・・・・・・

雪が降ろうと嵐が来ようと、こうしていれば安心な二人。



ぬくぬく~




う~~~~ん・・・・・


な・・・なんか苦しい。
シータにいちゃん、あたしの腹、踏んでるよ



寝返りちたい・・・・・


ん~っしょっと。・・・・もうちょっとそっち側に・・・


あ~~・・・頭、押さえないで~

それでもシータといっしょの時間が一番幸せなイチ子です。

ぎゃぼ!

そして・・・一夜明けたら・・・・















湿った雪です。
ふわふわに見えますが、実は水分をふくんで重いんです。
だから雪かきは重労働
それでも、我が家には消雪設備があるので積もった雪を消すことができますが、寄せるだけのおうちはどんどん高く積み上げなくてはならないのでさらに重労働です。
昨日、TVアンテナに積もった雪を払おうとして、屋根から落ちた方がいました。命は助かったらしいですが、大変な怪我を負ったらしいです。
除雪事故第一号となってしまいました。よく知っている方なので、とても残念
ど~こまで~も白~~い、ひとりの冬の~み~ち~

って、歌ってる場合ではありません。





一夜にしてごらんのとおりです。
この一週間は毎日マークでした。

雪かきに追われ、車の運転はのろのろ・・・・・・、暗くて寒くてしんどい冬の秋田にようこそ~~~



来年、あの!辻井伸行さんが大仙市でコンサートやるってウワサです!!
マジですか~~~
即日完売となりそうで怖い!チケット取れるといいなぁ


元子さん、プチポンさん、お店のお客様、ブランカさん
ご注文の品、早々に作ります!!←自分への叱咤激励として

みなしゃん、お久しぶりです。ももです。
鼻づまりと青っ洟はすっかり治りましたのにゃ。
おかげでご飯がおいしいわ。
う○こもばっちり!
毎日ハイテンションよ~



ほら!いつもの可愛いわたしでしょ。


ほらほらほら~~~~
ニンニク模様もバッチリでしょ!


昨日は「アンサンブル・ド・ノエル」というコンサートに行ってきました。
お隣、横手市内のピアノの先生が中心になって三年前から毎年クリスマスのシーズンに開催しているコンサートです。
一回目はピアノと朗読とバレエのコンサートということで、出演者もそれぞれ一人。
会場も小さなアットホームなところでスタートしたのですが、今年はヴァーションアップ!
ピアノと室内楽、コンサートスタイルのバレエ(室内楽とバレエ)、お話と室内楽とバレエ(くるみ割り人形から)という三部構成で、出演者も10名以上になりました。
若く才能のある方々が、手作りで毎年質の良いレベルの高いコンサートを企画し、市も助成金を出しているということで、とてもとても好感が持てますし、大曲市民としてはうらやましいです。

バレエは私たちのサークルの先生や、秋に発表会でお世話になった先生方、そして、モダンの男性ダンサー、応援に駆けつけた山形県のダンサーと、すばらしいメンバーでした。
室内楽もすばらしかった
特にヴァイオリン&チェロの弦の皆さん!!
ホルン奏者は大学時代の同期生が担当していました。

惜しむらくは朗読者。語尾の発音の仕方、若干のイントネーションの誤り、これがなければプロ集団と見間違うほどのステージでした。(すみませんね~。アナウンスや朗読にうるさいんです、私)
企画されたK下先生とは道川の養護学校へボランティア演奏でご一緒したきりですが、またいつかご一緒してみたいです。皆さん、お疲れ様でした。ぶらぁぼ~、ぶらぁぼ~

そうです。
あんだんて。。。。嘆いてばかりはいませんよ。
私も一年遅れでプチ・コンサート始めましたが、それこそ、来年は若い才能ある人たちとコラボしたいという希望があります。今回のアンサンブル・ド・ノエルでますます刺激を受けました。
総合舞台芸術万歳!
県南女性パワー万歳!!

作品

今日は昨日に続いて地元新聞社の取材を受けました。
昨日はマジギレしたけど(あ!言っちゃった!)
今日はさすがに秋田県民80%が購読している新聞社でありまして、地方支局といえども、まともな記者さんがいらっしゃいました。

会場内の様子です。こちらは生徒さんたちの力作です。



ディスプレーや付属品にも工夫を凝らして、自分の作品をいとおしく思っている様子が伝わってきます。

本来、アート作品には優劣がないものと私は思っています。
技術力は年月や作品の数をこなすことで自然に身につきます。作品の個性というものはある意味その人自身を映すものでもあり、AはBよりも優れている(劣っている)というものではないのです。
生徒さんの作品を見て、「先生より上手いじゃ~ん!」と、思う人がいてもいいのです。
ただ、一応「作家」もしくは「先生」と名乗るからには「あ!これは▲△さんの作品!」と、わかる代表作品があるかないかが大きな違いだと思うのです。

私の生徒さんの最大のよいところは、誰かと比べるのではなく、自分の作った作品を「きゃ~~なんてかわいいの。なんて素敵なの。」と、思えるところだと思います。
また、そういう方々はどんどん良い作品を生み出すようになります。
歌や踊りにはハッタリがきく場合もありますが、アートにはハッタリは要りません。


フュージングとガラス胎七宝を組みあわせた時計(生徒作品)

使うガラスの一枚一枚を吟味して、作った大物作品(生徒作品)
ガラスに取り組んで10年以上が過ぎました。
20年以上も長く関わってきた音楽に次ぐ長さになりました。
バレエでさえ6年目に突入です。
長く続けることの意義とそれによって生まれる自信のようなものを最近になってようやく感じられるようになりました。今でこそ態度のでかいあんだんてですが、何事にも自信がなく、うろうろと徘徊し、自分を好きになれない時期もありました。
物事に謙虚に時間をかけて取り組むこと。
当たり前のことなのに、この年になってようやくできつつあります。


ミーちゃんと風太がモデルの時計です。

ミーちゃんのアップ


直径20cmほどの花器


二枚組の多目的皿には観葉植物を飾ってみました。

なんか、クタクタです。
心がささくれ立つことも続いて、なんだか不調・・・・。
今日はバレエに行って気分転換するど~~


こんなの作ってみました。

ステンドグラスと違うところは、最初にスランピングしてガラスに丸みをつけちゃうところです。
細かいガラスピースを磨いて鉛テープで巻いて、パズルのように組み合わせて、ハンダ付けをして・・・・という作業をするステンド作家の皆さんを尊敬します

イリディッセント(虹色の光沢)でしかも表面にデコボコがあるのガラスを使ったので、あかりを灯さなくてもきれいなんです。でも、そのままだと光源がみえてしまうので、ブラストしてゆりの花模様をつけてみました。
ゆりの型紙は市販のものです。

今日は展示ための雑用と準備に追われます。

「あんだんてガラスクラフト展&第2回ブランカ・ガラスクラフト教室展」
2009年12月9日(水)~22日(火)
会場 画廊喫茶 ブランカ
    大仙市大曲中通町3-16
    0187-62-0558


どうぞ、お立ち寄りくださいね。
美味しい手打ちそば、コーヒーもありますよ。
やっちまいました!
炉の中でぱっき~~ん
スランピングに無理があったのでしょうか、それとも耐火石膏がじゅうぶんに乾燥していなかったのでしょうか??
炉の中で粉々の作品
心に余裕がなくなっている証拠かも知れません。もしくは炉の神様が「いいかげんにせ~!」と「止め時」を教えてくださっているのかも・・・・・しくしく・・・
不幸中の幸いは割れたガラスが炉の壁や炉焼板に貼り付かなかったことかな。炉焼板をダメにすると新しい炉焼板が来るまで作品焼けませんから・・・←って、まだ焼く気か?



「ふ・・・おろかな方・・・」


「水、うんめぇ~」

ステキなシータさん
「そう!ステキなボク」


昨日はペアーレ大仙フェアでした。
私は出演&MCでした。
呆れたり怒ったりしたことは夫にぶちまけたので、後は口をつぐんでおきましょう。
(友人達は後で私の愚痴を聞いてください!)
おお~神様!大仙市に(本物の)芸術文化を

止め時

歌のイベントが終わって、作品展へと怒涛の一週間。

あんだんてさんはフットワークが軽いね、とか、超人的な行動力だね、とか、ちっともAndante(歩く速さで)じゃないねと皆さんに誉められます。(誉めてないって?)

でもね、歌や踊りとガラス制作は真逆のもので、しかも私にとっては車の両輪なんです。
どっちが欠けても自分自身のバランスが崩れるような気がします。
そのくせ、どっちもつきつめると同じなんですよ~。
歌や踊りは一瞬でそのすべてが時間と空間の中に消えていきます。形としては残らない。もちろん、録音や録画はできますが、生の舞台というものはまったく違うものですよね。
それだから美しくありたいし、心に深く残るものにしたいという思いが強いです。

一方、ガラスはどんどん形になっていく。
そこにとどまる。
だから、怖い。
表現したいものが後から後から続いてきます。舞台のように時間が来たから終わりということがないんですね。
だから悩む。ここまでにしようか?もっと足そうか?いや、引こうか?
やめ時がわからない・・・。


そなの?


ふ~ん

って・・・おめぇ、な~んも考えてねぇべ!!


「悪気はなかったんだってばよ~」と、開き直る加害者K


くまは小心者です。
幼い時、ビニルの買い物袋の持ち手に首をひっかけて取れなくなり、買い物袋の中身を部屋中に撒き散らしながら(ついでにビビリしっこも!)走り回ったという事件からトラウマになったらしく、「ガサガサ」という音を聞くと脱兎のごとく寝床に逃げ込むのです。
「ガサガサおばけがきた~!」と。

おとといの夜、リビングで仕事をしていると、例によって邪魔をしに来る奴。
テーブルいっぱいに紙を広げていたので、紙の端っこをかじったり、ぐちゃぐちゃにしたりして遊んでいました。そのうちに足が滑って、「がさがさ!!」
びっくりした奴は、テーブルから私にジャンプし、私を踏み切り台にしてもう一度テーブルにジャンプ!!それから廊下に走り出て行きました。

いっで~~~~

左腕に3cmの傷一本、右腿に4cmの傷2本
そこまではいい。(良くないけど)
こともあろうに左乳房に4cmの傷2本!!

トレーナーとジーンズだったらここまでの被害にはならなかったのですが、すでにパジャマ一枚でいたために・・・。

くまめ~~!!お嫁にいけないじゃないか!!


おかさん、どうしたの?なんか、怒ってる?


ふんふん~

くるさんとのぼんとかぶるよなぁこのキャラ!もしかして黒猫ってみんなこう???
切り替えに2日もかかってしまいました。

12月9日からの「ガラスクラフト展」に向けて気持ちの切り替えをしました。
制作室はしばらく放置状態で、雑草だらけの廃屋と化し、あほなカキコであふれかえっていました。しばらくはコメント受け付けません。
どこかへお引越し・・・とも思ったのですが、エキサイトのいいところは、どど~~んと大きな画像がアップできるところなんですよね~。そんなわけで、引き続きエキサイトブログで作品関係の写真をアップします。
ご面倒ですが、作品への感想やお問い合わせはこちらのメッセージBOXかコメントでお願いしますね。

制作室、アップしましたよ~。



これは工房の中で踊るサンキャッチャーの光たち。この時期、ほんとに綺麗なんですよ~。


ももちゃ、久々に動物病院に行ってきました。
床暖房の時期になって、鼻炎がますます悪化。寝て起きると鼻の穴が青っ洟でふさがってしまいます。かわいいももちゃ・・・・かわいそうに。 
病院は珍しく空いていて、ゆっくり診ていただけました。
待合室で21歳のおばあちゃん猫さんと会いました。
白黒ハチワレのちょび髭模様、鳴き声も「げお~~~」と、決して可愛くはない。だけど、飼い主のお爺さんは実の娘(孫?)のようにいつくしんでおられました。
こんなに長い時間をいっしょに年老いていけるなんて、なんて幸せなことでしょう。

ナムがうちに来たとき、家族はみんなナムが、これから20年一緒にいるものだと信じ込んでいました。
たった二年と二ヶ月と2日で逝ってしまうなんて、誰も考えていなかった。
私たちは三日三晩泣き続け、それでも涙は枯れませんでした。
憔悴し、何もする気にならず、食欲もなく、思い出しては号泣する日々でした。
そんな私を見るに見かねた友人が、ポツリと言いました。
「猫を迎えなさい。その悲しみと苦しみからあなた達を救えるのは猫しかいないでしょう。」
ナムが10月10日に逝って、シータ&モータを迎えたのは10月末でした。
ナムを思うと今でも涙が出ます。

「この小さな子たちがたくさんやんちゃをして、泣いている暇もないほどイタズラをして、ナムちゃんの思い出を引き出しの奥のほうにしまってくれるといいですね。」
その頃、日の出先生はそう、優しく言ってくれました。

今いる子たちも半数以上がシニア世代に入りました。
ともにゆっくり年老いていけるように・・・・
それが今の願いです。

 | BLOG TOP |