プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


あ~あぁぁ・・・・選挙も終わってしまいましたね。
別に特定の候補にも特定の政党にも応援していませんよ。それにしても酷かった・・・。
「日本の将来がどうなるとか、やがて来る財政破綻がどうなるとか、そんなことより今の生活よ!!」ということなのでしょうかね・・・。

今朝は半そででは肌寒いくらいの気温でした。
雨の月曜日はさくさくとお仕事も進みます。

て。。。言ってんのにぃ・・・・・作品、追加してしてくださいってぇぇぇ・・・・・・

は。すみません、独り言です。

雨の中のハイビスカスもきれいでしょ。


去年、250円で買ってきた子宝草が山のように増え、秋田のお店に持って行ったところ、親はなくなったそうですが、子が増え、孫が増え、、、、
商品お買い上げの方にもれなく持ち帰ってもらいたいくらい増え続け・・・・・・・
我が家にも再び帰ってきました。(出もどり?)


葉っぱから出ている小さな芽がすべて立派な一株になります。
地球が子宝草に侵略される日は近いです。

これもまた、ホームセンターの「私を助けてくださいコーナー」の一角から購入した一株が増え続け・・・・・・

恐るべし!多肉植物。

あらあら。ももちゃんったら・・・亡くなったナムちゃんにそっくりの寝相だよ。

むっ!!


誰が誰に似てるって?ももちゃんはももちゃんですから!!ぷんぷん

携帯

替えました。
今まで使っていたの、色がやわらかくて、しかも次女とおそろで、好きだったんです。
画面が小さいことと、電池切れが早くなったこと以外はさして不満はなかったのです。でも、パワーストーンのストラップの紐が切れそうになっていて、う~~~ん・・・・替え時かなぁと。

いまだにdoco○○に操をたてている伊藤家です。
けっきょく、そのままdoco○○で機種変更。
通信料が安くなった分ですか?機種は高くなったんですね。二年前のモデルなのに28000円でした。携帯なんか通話できて、カメラが使えて、メールができればいいだけの人なので、(ワンセグなんか見ないし、オサイフ携帯も使わないし、防水もいらないし、PCもほとんど見ない)最新機種は宝の持ち腐れになりますからね。

ところが
家に帰って充電し終わったのに、メールもiモードも使えない
「え?使えるようになるまで一日かかるんだっけ?」←いつの時代だ?

先程、もう一度doco○○ショップに行ってきました。
「ああ~~~・・・上のボタン二つとも不良品ですね、きっと。」
ううう・・・なんてこった。



おかさん、大変でしたね。

いよいよドッグラン測量開始です。
担当者は若い女性がふたり。ひとりは造園屋さんの社長のお嬢さん。ドッグ・ショーなどに出品して賞などもいただいているらしい大の犬好き。もう一人は設計士さん。
お庭作りは女性のほうが相談しやすくていいと思います。
なんていうのかな・・・・ターシャブームだったり、ねこのしっぽブームだったり、造作された日本庭園ではない庭を求めているのは圧倒的に女性だと思うから。
若い感性でどんな庭にしてくれるのか、とっても楽しみです。


モータとイチ子です。
イチ子は爪を切らせないくせに、「ブラッシングして~。」「なででけれ~。」と、うるさい。
スリッカーブラシは我が家では不評です。
ノミ取りぐしかラバーブラシが主流ですね。
でも、モータの一番すきなのは、「かあちゃんの手ぐし~~~」です。
洗面所にやってきては、「なお~~」と鳴いて、お尻をあげたり、すりすりしたり、「てぐし~」を要求します。
「モータ大好きよ~。待っててね~。」というと、照れる~~と、ぐねぐね・・・
ほんとに可愛いウシ!

ITOHKE

10月24日~25日のデザインフェスタの出展者紹介に掲載されました。

東京ビックサイトといえば、実はあんだんて、恐れ多くも「ギフトショー」に出展したことがあるのです。
何も知らないって怖いことね~~。。。。
あんな規模の商談会とは夢にも知らず、当時、会社を興して間もない頃で、右も左もわからなかったので、まずはビジネスの世界を覗いてみるか~~~ってな勢いで。。。
高い授業料でした

今週から「平成の招き猫百人展」の準備に取り掛かりました。
いつになく早いでしょ。

にゃんだらマンダラ

直径30cmの大物なので割れないかと心配でしたが、
なんとか一回目の焼成ができました。

完成まで、絵付けして何回も焼成します。
シルバー連休があるので、9月16日には発送しないと間に合わないのです。
考えてみたら、全然余裕ないのです。走れ、走れ~~



あんだんて、ガラスクラフト作家なのに、粘土???
うふふ。これもガラスになるのですよ。まだ秘密。

格差

地方と都会の格差、格差って言われるけど、格差を作っているのはわれわれ自身じゃないのか?

って・・・・・、あんだんて、いつになくシビアになっています。


8月22日、大曲の全国花火競技大会・・・・・・・には行かず・・・・・・・


渋滞の反対車線を走り、横手市に向かいました。
外山啓介ピアノリサイタル」

「2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せて増沢賞、井口賞、野村賞、河合賞、聴衆賞受賞、2007年2月より、サントリーホール(大ホール)を始め、全国各地で行なわれたデビューリサイタルは完売、新人としては異例のスケールでデビューをした。」

という、輝かしい経歴の持ち主であり、今後の活躍が期待されている若手ピアニストのコンサート!
秋田県でなぜか横手市に来ることになり、関係者は色めきたったのですが、いざ、ふたを開けてみると・・・・・
チケットの売れ行きはさっぱり。

当然でしょ

なんで、大曲の花火の日にコンサートぶつけるんだよ!!

と、いう私も声楽の先生から緊急招集いただいて、なんと、招待席で(無料で)見て来てしまいました。
市民会館の中通路から後ろはほとんど人が入っていなくて、おそらくは教育委員会とか、市役所とか、ピアノの先生とか、関係者の方々が大急ぎでかき集めたとおぼしきお客さんがぱらぱらと入ってきました。


・・・・・・・・・



この時点で、私が演奏者なら「二度とこんなとこ来ません!」って言うよ、きっと。



でも、外山啓介は偉かった。(当たり前か)
アンコール3曲も弾いてくれて・・・ううう・・・・おばさんは応援しちゃうぞ。



前半のショパンは酷かったんです。
いや、演奏はすばらしかったですよ。でも、会場のエアコンががんがんきいていて、「凍死します~~~」というくらい寒かった。そのうえ、エアコンの稼動音でしょうか?「ひゅ~~~、ひゅ~~~」と、幽霊登場の効果音みたいなのがず~っと鳴ってて、演奏に集中できなかったのです。
横手市民会館の責任者、でてこい!!

休憩時間にはトイレに長蛇の列ができていました。
「エアコン、止めてください!!」と事務室に駆け込む人も。(あんだんても走りました)


そして、ピアノの調子が悪かった・・・・・。
ペダルに変なくせがあるのでしょうか?弦がびよよ~~んと変な残響を発するのです。
横手市民会館の責任者、でてこい!


一流の演奏者を呼んでおきながら、これはないんじゃないか?????


いえ、横手市ばかりじゃありませんよ。大曲市民会館だって、満席になるのは地元住民による地元住民のための「新舞踊おさらい会」であって、交響楽団なんか呼んだって席は埋まりません。
だから一流の演奏家や劇団は来ない。
来て、がっかりして、もう二度と来るもんかと思っちゃう。

一流が来ないんじゃない。
残念ながら、私たちが一流になれないってことですよね。

開催時期、時間帯、チケット料金、ちょっと配慮すればいいことなのにね。

くるさん

今では超~~~有名人になってしまった「くるねこ大和」さんが好きです。
きっかけはなんだったのか忘れてしまいましたが、初めて読んだブログの内容が笑えるほうじゃなくて、泣けるほうだったんですよね。
同じコマがず~っと続いて、うにゃっと画面が崩れる・・・・
その、言葉のない同じコマの連続のあとに号泣しました。

以来、ブログもマンガも欠かすことなくチェック。
くるさん、「日本酒好き、ケモノ好きのおばさん」と、自称していますが、「むふむふ・・・私とおんなじだぁ」と、勝手に友達気分になっています。
そして、猫保護のスタンスがいい!
これまたほぼ同じです。
ですから、猫保護においても勝手に師匠と決めております。

そのくるさんが、くるねこ大和の作者としてではなく、いちデザイナーとして「デザインフェスタ」に出展すると聞いて、あんだんての無謀なる計画がスタートしたのであります。
「そ~だ!わたしもデザインフェスタに出る~~~!」

・・・動機が不純です。
10月24日(土)25日(日)の2日間、次女と二人で「伊藤家」の出展名で出ます。
(出すものあるのか~・・・という心配はおいといて・・)

夏休み、大手書店でバイトしている長女が持ってきてくれました。(たぶん、職権乱用
ふっふっふ。

とめちゃ~~



うっふっふ。
芸術家4兄弟のヘンデルとハイドンですよ~~~~。


昨日、お店に遊びに来てくれたそうです。大きくなったね~~~。
よぼよぼ・・・ぽけぽけ・・・
ちゅぱちゅぱ・・・の二人でしたなぁ・・・・。
確か手のひらサイズだったような・・・・あれは幻覚?
二人ともイケニャンですね~。


どきどき・・・・ここ、どこ?


「やめれ~・・・にゃにすんだよ~」

あんだんて保育園を無事に巣立って、幸せな家猫生活を送っているの見ると、
やっぱり保育園は閉鎖できましぇ~ん。

店長~、勝手に写真もらったよ~。

休み明け

15日早朝には長女が、16日午前には次女が、早々ともどったので、私もお盆中に蓄えた脂肪を燃焼すべく、16日午後からズンバへ行って来ました。
次女に踊らせようと思って、ズンバDVDも購入。
見ているだけでも楽しい
USAヴァージョンはやはり違いますねぇ・・・。カッコイイ・・・
私はスポーツジムで十分なので、DVDはそっくり娘に送りました。

そうそう・・・・
「山の手ホテル」のスペイン会席ですが・・・

う~~~ん。
おいしいです。しかし、感動するほどではない。
お料理は感動がないとダメですね。

昔、十文字の駅前にあった「ブランダニエ」(今もある?)というフランス料理のお店は行くたびに感動モノでした。しかし、シェフがこだわりがありすぎて、研究熱心、仕入れもとことんこだわる・・という感じで「大丈夫ですか?倒れませんか?」と声をかけたくなるような悲壮感が漂い始めてから行ってません。
楽しさもお料理のうちですからね。


前菜


スープ


魚料理


肉料理


パエリア


デザート

スペインで食べたパエリアとシェリー酒・・・おいしかったなぁぁ・・・・20年も前の話です。
新しいHPです。
http://andante22.jimdo.com/
いかにも「あのソフトだな」というものもいいかげん嫌になってきて、かといって自分でタグを打ち込んで作れるほどの腕はなく、人に頼んでみたものの、その後の更新がままならず・・・という、いつまでたってもきちんとしたHPの完成をみないまま、遍歴しておりましたが、このたび、それなりにかっこいい体裁で、私でも簡単にいじることができる無料のHP作成サイトを発見しました。

まだしっかりできていませんが、いずれ、ここにお引越ししようと思っています。
これからのイベント参加のお知らせなどはこちらでご覧くださいね。

お盆休み

夕べはいつものように姑の家でお盆を過ごしました。
お墓参りは例年より一時間も遅い時間に行ったので、お参りの人はすでにニ、三人でした。午前中は雨が降って酷い天気だったのですが、夕方には雨は上がっていました。
お墓参りってなんだかほっとしますよね。

姑の家がある(もともとの伊藤家)内町は子供たちが小さかった頃は遅くまで迎え火をたいたり、花火をしたり、子供たちの駆け回る声がしていたものでしたが、年々静かになり、今年は本当に今までにないほどひっそりとしていました。
両隣の家には住む人がいなくなり、どちらも取り壊しましたしね・・・・。


今朝は次女が持ってきた「コアリズム」のDVDで親子そろってフィットネス
ほわ~~
恐るべし、コアリズム
でも、私としましては、やっぱり「ズンバ」かな。

お宝画像シリーズ続きます。

風太ってほんとに可愛かったぁ

そして、小さなケーキの箱に入るももちゃん


貴重な貴重な一枚!うちに来た頃のモータ


シータは来たときからあんまり変わらないね。


今日はこれから娘達と「山の手ホテル」でスペイン会席を食べてきま~~す

8月

昨日は母の命日でした。
小学校6年生のときに父が亡くなり、その後、母は必要以上に肩に力を入れて私を育ててくれました。
それがある意味、息苦しくて、早く独立したかった10代。
23才でさっさと結婚し、25歳で長女を産み、子供を育てるうちに母への気持ちもやわらぎました。
しかし、その後、母はいわゆる認知症を発症し、老人施設に入所、退所、老人向けアパートに入居、精神科に入院、そして退院・・・・。
この間、5年余りは夜中の電話や妄想などに辟易する毎日が続き、わが親でありながら「早く死んで欲しい」と思ったこともありました。

足をくじいて病院に入院してからはどんどん認知症が進み、退院後、ようやく近くの老人施設に入居。

しかし、わずか10日後、食べ物を喉に詰まらせ、誰にも看取られることなくひっそりと息を引き取りました。
おりしもその日は8月11日。夫の仕事も明日から5日間のお盆休みに入るという日でした。
母は人に迷惑をかけることを極端に恐れる人でした。
逝く日まで慎重に選んでいたのかと思うほどのタイミングのよさに妙に感心したものでした。

8月11日は私も仕事で田沢湖町に出かけていました。帰ってくるなり、夫が「おめの母さん、逝ってしまった。」
と・・・・。
不思議に心は静かでした。
鏡のようになった湖面が心の中に広がりました。
母とシンクロしたのかもしれません。

結局、11日は施設の中の安置所で夫と母と私と三人で過ごし、翌12日は葬儀場に併設された小さな別館で過ごしました。
今は珍しくありませんが、家で葬儀ができない人のための施設は本当にありがたかったです。
まさか私の嫁ぎ先に連れてくるわけにもいかなければ、我が家に連れてくるわけにもいきません。
当時、「こういう施設はこれから増えるだろうな。」と、思いましたが、思ったとおり、ここ数年でまったく珍しくなくなりましたね。
この辺では家で葬儀をする、近所がお手伝いに来る・・・というのが主流ですが、家にお悔やみを述べに来る方々にお茶を出したり、お料理を振舞ったりして、悲しみに浸っている時間がないのはどうなんだ?と、ず~っと思っていましたので、2日間、ゆっくりと亡くなった母のことを話しながら夫とふたりだけでお通夜をしたのはとてもよかったなぁと思います。
「火葬に来てくれた人さ、お茶っこだすもんだ。」とか
「昼のまんま(ご飯)出すもんだ。」とか
亡くなった人のこと、その後のことなどは二の次。
悲しくて泣いてばかりいたりすると「まんず、モノを知らない人たちだ!」
などと非難されるありさま。
なんか間違っているよなぁ・・・・と、ずっと思っていましたので。


結局8月13日にお葬式をし、集まった親戚も自分の家にお盆を迎えなければ・・・と、早々に引き上げ、私たちはあまり疲れないで済んだのでした。

父が亡くなってから私と母は毎年8月10日か11日におまいりを済ませるようにしていました。
菩提寺の天徳寺は国の重要文化財になっている建築物で、お盆の時期はおまいりの方以外にも見学者が多かったので、道路も混んでいたからです。
その習慣を続けるようにとのことだったのでしょうか?
母は8月11日を選んだのですね。

8月はいろいろな意味があります。
父の誕生日が8月10日
次女の誕生日は8月5日
運命の仔猫ナムを拾ったのが8月8日
そして母の命日が8月11日

今、ここに生きていることに感謝をこめて、お盆を迎えます。

・・・・ところで・・・・
母の葬式が終わって、家に帰った私はその日、嫁ぎ先のお墓参りにはいきませんでした。

「こっちの(家の)墓さは、来ねぇもんだ!!」
と、非難されましたよ
その頃は「このク○ババ○め~~!!」と、思いましたが
今は笑い話。
泣く子とトシ子さまには勝てませんからね。


さぁ、この子は誰でしょう~~~~????

モータ?
っぶっぶ~

ほんのわずかの期間、あんだんて保育園児だった「鶴吉亀吉兄弟」覚えていますか?
この子は鶴吉・・・あらため、ミント君です。
2,3日前、芸術家4兄弟のうちのバッハのおうちに遊びに来たときの画像です。

か細くて、弱弱しい感じのミント君でしたが、(同時期の芸術家4兄弟に比べると)
今ではバッハより大きくなりそうな勢いだそうです。
目が可愛い子だったけど、ますます魅力的なおめめになっていますね。
そして、お笑い系だったのがうそのように、なんだか上品な箱入りおぼっちゃんの風情を漂わせています。(笑)

バッハと2時間も大レスリング大会をしたそうです。
いつまでも遊び友達でいて欲しいです。

出会った時の仔猫はどの子も皆、「可愛そうなわたし」「可愛そうなぼく」を完璧に演じます。
しかし、成長するにつれて、人間にベタベタの甘えっこになったり、人間嫌いの変人(猫)になったり、猫は嫌いだけど人間は好きだったり、その逆だったり、家人には横柄なくせに、来客には愛想がよかったり、その逆だ
ったり・・・・・・どのように変わっていくのか見当がつきません。
また、構成メンバーが変わることによって突然、性格が豹変したり(おそらくはそれが生来の性格なのでしょうが)猫歴10年になりましたが、まだまだわからないもの・・・・それが猫です。

ももちゃんは5年目にして豹変した子です。


拾われた日のももちゃん


シータさんはすぐにシッターとして活動開始。
ももちゃん、怖がっていますが、シータはほんとうにやさしい子で、保護した子たちに「しゃ~!」なんて言ったことないんですよ~。


二ヵ月後。優しいまなざしのシータさんに甘えます。


年の近い風太とも仲良かったし・・・(今は男嫌い←特に風太嫌いのももちゃんです。)

昔のお宝画像を見ていると、ミーちゃんとモータが一緒に猫団子になっていたり、風太とミーちゃんがいっしょに座っていたり・・・、今なら絶対にありえない衝撃の写真が出てきます。
あんだんて家の猫たちには流血事件やストレスによるおしっこ事件が一度もありません。しかし、構成メンバーが増えるにつれて、それなりにストレスや人間関係(ニャンげんかんけい)の軋轢は確かに存在していたのだろうな・・・と、あらためて思います。
どの子もみんな気持ちよく暮らせるように、猫の都合もよくよく考えてあげないといけないのだと思います。

また拾ってしまいました~~~~




と、いうのは嘘です。

これ、うちに来た頃の風太なんです。

夫が「あの茶色(ヘンデル)めんけがったなぁぁ~・・・。今まで来た中で一番めんけがったんでね~が?」と、いまだに時々言うので、
「あんたね~!うちの風太があのくらいの頃、すご~く可愛かったの、覚えてないの

と、過去の画像を掘り出して見せてあげたんです。
(シータ&モータ、風太、ももちゃんの幼い頃の画像がどうしても見つからなくて、必死で探しました。そしたら、フロッピー時代の後、CDまでの間にわずかにMO時代があったでしょ。たった一枚のMOに全部入っていました。めでたしめでたし。)


ベビーシッター現役時代のシータ。シータもまだ一歳になっていません。


ちっちゃ~い。ぷよぷよ~~

風太がいかにラブリーだったか納得した夫です。
そして、「あのめごい茶色も・・・こうなるんだべか?」と、急に力なくつぶやいていました。


どえ~~~~~ん

わはは!みんなうるうる目の心細げな仔猫にだまされて、家を乗っ取られるのさ~~
はい。
夏休み気分はまだまだ続いています。

湯沢市はここ大仙市の我が家から車で45分ぐらいのところにあるのですが、これまた出不精ぶりを暴露するならば、今まで一度も見に行ったことがないのです。
夜は・・・・飲むし・・、夫が人ごみ嫌いだし・・・・、運転も嫌いだし・・・ぶつぶつ

発端は、新聞を見ていた夫が「お。明日から湯沢の七夕だ。おれが湯沢に勤めていた頃は・・・何ちゃらかんちゃら・・・・・・・・(聞いてないあんだんて)・・・・・・仙台の七夕よりきれいだぞ。」

「ふ~~~ん・・・・湯沢に勤めていた頃、見に来いなんて言われなかったなぁ。」

「な~んでが!忙しくて・・・それどころでねがった」

「だって、見たんだべ?あたしは一度もみたことねぇよ!」

「ぉわ?            い・ぐ・が?」

ふっふっふ。
この辺で、いつもなら、「なんもなんも。行がねくてもいいよ。」と、答えるあんだんてですが、なにしろキーワードは「プチ旅行」ですので、今回ばかりは「いぐ!」

と、いうわけで、初めて湯沢の絵どうろうを見たのです。

きれいでしたよ~~
http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event01.htm

ドイツ風の家並みが続く通りもきれいでしたし、町のあちこちでミニコンサートやイベントが行われているのも楽しかった。
屋台があり、浴衣姿の若い娘さんや、子供たちがにぎやかに歩く・・・・・・
ああぁぁ~、久々に「昔ながらの夏祭り」を堪能しました。


小町娘が撮影に応じていました。小野小町の郷ならではの七夕祭りですね。


ありゃりゃ・・・これは仙台七夕でしょう~







私が一番好きだったのはこれかなぁ~

それにしてもびっくりしたのは、あの広い会場で、バレエサークルのS美さんにばったり!!
びっくり~~~  うふふ。よっぽどご縁があるのでしょうね。





湯沢市の七夕絵どうろうまつりは明日までですよ!


あんだんてはお仕事に関しては行動力あるほうだと思います。

まぁ・・・最初はフリーマーケットから始まりましたけどね。

これまで、特産品開発コンクールに出品し続けて、アトリオンの物産や森林工芸館などに納品することができるようになりましたし、その関わりで伊勢丹のような大きなデパートにイベント出店することもありました。
また、目上の方々やお友達に何かと声をかけていただけたのもあんだんてが今、こうしてお仕事ができる大きな要因です。
なので、バイタリティあるね、とかエネルギッシュだね、忙しいね、と誉められ(?)るのはとても嬉しいのです。

しかし、こと、レジャーとか旅行とかの話になると、7にゃんs&わん&夫のある身ゆえ、なかなか前に進みません。ぎうぎうあけて、「きょうはどこかにいくぞ~~~」と、張り切っても、せっかくの休日はぐだぐだして終わるほうが多いのです。

実は仙台ではもうひとつ目的がありました。
二年ぶりのお友達に会うことです。彼女、私にとって、心と精神と身体をチューニングしてくれる人。
曰く、「キーワードはプチ旅行」

あらら~~。
年に一度の瀬戸の招き猫祭りだけで精一杯・・・と、思っていたのにぃぃぃ・・・。いいの?いいの?
でかけていいの?


で、長い長い前置きでした。

仙台往復の翌日ですから、頭はぼへ~~っとしていたのですが、友人のN子さんからお誘いがあって、秋田市に出かけることにしました。
一台で・・・と、メールしそこねて、結局、それぞれ出発し、目的地集合ということになったのですが、到着してみたら、なんとお休み・・・・。
N子さんは「ジュンク堂にでも行くわ~。」
私は・・・・・

私は、そう!
ず~~~っと気になっていた、あの場所へ・・・GO~


そうです!!唐松神社です!!

こんなに近くなのに、来たことがなかったんですよ。


鳥居をくぐったとたんにぐるぐるぐるぐる・・・・・・およよ・・・なんだ?この目が回るような感覚は?
おお・・・もしや、これがパワースポットというものか
(んにゃ、たぶん、仙台往復の疲れだよ)









月曜日ということもあり、参拝者はなく、(女性がふたりいましたが、私と入れ違いに帰ってしまいました)たった一人で散策。なんて贅沢なの~~
樹齢300年の木々の中で、思わず「オンブラマイフ」を高らかに歌ってしまいました。ははは!!

日本の神様の前でイタリア歌曲ってどうよ?

思いがけず、導かれてプチ旅行(?)が叶いました。
さぁ。夏休みもこれまで・・・・


と、思ったら・・・・・あれあれ?


つづく←明日にひっぱる

まぁ、いつも休みだろうって言われたら、返す言葉もないんですけどね。
8月2日(日)仙台丸善で開催されている「招き猫展」に行ってきました~~~!!
会場ではいつもブログを見てくださっているみゃおさんとお初にお目にかかりました。
想像通り、元気一杯、明るい猫好きの可愛らしい親ばかさんでありました。わは。しっかりねこてさんの助手の席に座ってて、笑ってしまいましたよ。

会場にはねこてさんこと、きり絵作家の松風直美さん、七宝&彫金&とんぼ玉の平林利依子さん、猫はんこ屋の稲田敦さんが実演販売をなさっていて、夏休みルンルン気分のあんだんては肩身が狭かったのですが、(うそつけ~)控えめに会場を10週ぐらいしました。

今回の第一の目標は高橋理佐さんの作品をGETすることだったんです。
高橋さんの「ねここね」という本を買って、いつか真似して作ってみた~~い!!(どこにそんな時間が?の声あり)と、思っています。



私ってやっぱりスイカ好きだったんだと納得しました。(来年はスイカ植えますから!)

そして、宮城県出身の半澤淳子さんの作品。(秋田市のあんだんてお店にもありますよ。要チェック!)
一輪挿しです。会場ではミニ笹に短冊をつけたものを猫が支えていました。残念ながら帰ってくるまでに笹は枯れちゃった・・。


そして、どなたの作品でしょうか?箸置きです。ウシ柄の子がモータにそっくりで・・・つい。


会場でがんばっていらしたねこてさんと平林さんとは瀬戸に行き始めた頃からお世話になっているのですが、稲田さんとはあまりお話したことがなく、会場で拝見する作品も「凡人にはついていけん・・・」(稲田さん、ごめん)と、思っていたのです。
しか~し!
今回、絵を見せていただき、すっかりファンになってしまいました。
布モノ、立体、ハンコとまるでおもちゃ箱のように、楽しい作品があふれかえってて、あんだんてのように「これはこのようであらねばならない」というような縛りがない方なんですね。
楽しい!!
あ。そうか。こういうことって大事だよね。と、勝手に目からウロコを落としたあんだんてでした。

特に好きだった絵・・・絵ハガキですが、ちゃんと額装したのが欲しいなぁ。


ねこてさんから「フェルトNECOボール」(うちでは「ぼんぼりっこちゃん」と言います)をいただきました。(しかも特別に7個セット)
桐山暁さんが作っているものですって。

一人に一個というわけにもいかず、まずはシンプルなのを・・・と放ったら、空摩の反応が凄い!!!
くわえて唸って持ち去る・・・・・・
誰も彼を止められませんでした。
次は風太。「新しいぼんぼりっこちゃ~~ん」と大喜び!!
しかし、羽つきのを見たら、これまた理性を失い、くわえて持ち去る・・・・・
ねこてさん、ありがとうございました。
大好評です。

さて、いったん会場を出まして、今回の目的のひとつでもあるバレエショップ「シルビア」へ。
秋田市内からバレエショップが撤退して、すご~く不便になりました。
仙台にはシルビアもチャコットもあるので、はしごしよう~・・・と意気込んでいましたが、シルビアで試着しまくり、一時間も居てしまったので、チャコットは素通りしてきました。
再び、丸善にもどり、新しいまんがを三冊GETして、またまた招き猫展会場をぐるぐるして、ご飯を食べて帰路につきました。
牛タンは食べなかったよ。

帰りの新幹線、興奮していたのか田沢湖までぎんぎんに起きていたのに、田沢湖を出たとたんに爆睡してしまったらしく、ふと目が覚めると大曲駅に止まっていました。
ぎゃ~~~!!
あやうく乗り越すところでした



一日だけの夏休み。楽しかった~!!
・・・と、思ったら、夏休みは続くのでした。(つづく)

 | BLOG TOP |