プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


神様~

昨日は秋田市拠点センター、アルヴェで「輪茶フェス」作家市雑貨市があり、あんだんても参加してきました。遠くは雫石町からいらした手作り作家さんも!
フリマから始まって、一時期は手作りマーケットなどにも参加していたあんだんてでしたが、最近は県内イベントは「あきたGLASS FESTA」くらいで、とんとご無沙汰でした。
たまにはお客さんと向き合っていろいろとお話をするのも良いものですね。
ただし、秋田には「ヒマジン」(イマジンではありません。暇な人」が出没します。駅前周辺のイベント会場をうろつき、買うわけでもないのに人恋しそうに話しかけてくるジジイ(あ。失礼!)、こっちも暇なときはいいけど、若いときの自慢話とか、エロ話とか聞きたくないっつうの

楽しゅうございました。
ウワサをしていたら本人が現れたり(で~らびっくり)、ブログでお見かけしていた方が現われたり・・・。
バレエの先生がわざわざいらしてくださり、ついついハグしてしまいました。←しかも前日会ってるっつうのに・・・。
最近、すぐそれだ!あんだんて!(笑)
相手は皆さん、それぞれ海外でもご活躍していた方方ばかりなのでOKってことで。ごめんなさい。


そして、郷様のところから派遣(?)されたはずの神様がなかなか到着しなくて、いったいどこへ??と昨日まで壁にぶち当たっていたあんだんてですが、今日ようやくお越しになったようです。


久々に時計を作ってみました。まだ、焼成前です。


色違いのグリーンです。

これは「おもだか屋」さんに納品します。
7月7日必着なので、そろそろお尻に火がついています。
昨日、今日はただでさえ、真夏の暑さ
エアコン、フル回転で電気炉に向かっています。
くまくまたんにはお気に入りの猫じゃらしがあります。


「がぶがぶします!がぶがぶ・・・」
あ~あ・・よだれでベロベロ


「棒をくわえて振り回すのも得意です!」


「どわ~~ふ・・・・・」


「猫じゃらさん、ボクは眠くなりました。
また、後で遊んであげます。」

「でも、ここに居てね。」


「おかぁさん、欲しいですか?
だめです。貸してあげません。」


まるでライナスの毛布みたいです。廊下で遊んでいるかと思ったら、カタンコトン・・・て、ベッドまでくわえて持ってくるんですよ。くまくまたん・・・かわえぇ。

ところで、草刈りの計画があえなく頓挫し、けっきょく造園屋さんにお願いしました。
あれこれと世間話をしているうちに・・・・
「おお~ぅ!なんてステキなの!

新たなる庭改造計画に心が揺れ動くあんだんてなのでした!!(つづく・・)
今週からおもだか屋アートステージと、丸善仙台の「来る福招き猫展」に向けて準備に取り掛かります。
前回の締め切り後すぐに猫猫保育園がスタートし、彼らが無事に旅立ってから気が抜けて、休みすぎました・・・


オレンジの箱にはおもだかやさん行きの作品が入っています。
さっそく秘書さんがチェックに現れました。
「金色の箱、まだほとんどからっぽじゃないの!」


「急がなきゃ、だめじゃないですか!おか~しゃんったら。」
「ももちゃ~~ん箱が毛だらけになりますから!!出てください!
それともなんですか?丸善仙台に搬入のお手伝いに行くとでも?」



「いいけど!」
「や~んだめだめ。ももちゃん可愛すぎるから
『この生きた招き猫ください。』って言われちゃうよ!」



「うふ~~んそれもそうだわ。
わたしって美人だから。うふ。うふふ。」

収穫

怒涛の週末が過ぎ去り・・・・・(と、言っても趣味三昧でしたが)

じゃじゃ~~~ん



プランター菜園の初収穫です。
ズッキーニは直径4cm長さ20cmの立派なものが採れました。
ピーマンも売っているものと変わりない大きさでしょ!
うひひひ
もちろん「ぬかまるこ」に入れますわ。


こんな感じで成長を続けていました。


ピーマンです。


こちらはパプリカ。オレンジ色になるはずなんですが・・・

昨日はガラスの生徒さんから大量のはつか大根をいただきました。それも畑から抜いてきたばかりという新鮮野菜です。
今年は野菜とぬかまるこブームがしばらく続きます。
シータは知能犯です。
猫じゃらしで遊ぶと、私の足元に寝転んで動けないようにしてから、隙を見て目指す獲物に飛び掛ります。
できるだけ無駄な動きをしないようにしているらしいです。

テーブルの上ではもちろん立ち上がりません。









顔も風太ほど極悪人にはなりません。あくまでも優等生、あくまでも冷静な、あくまでもかっこいいシータさんなのです。
(実はけっこう間抜けだったりするんですが・・・)
おとなしくておっとりしていて、いつもどよよ~~んと寝てばかり・・・・・
そんなイメージの風太ですが、意外にもおもちゃへの反応は良いのです。(まぁ、すぐに飽きますけど

久々におもちゃを買ってきました。
あまり高度な動きをするものや、豪華な装飾の付いたものより、我が家に限っては、いたってシンプルなものが好まれます。ただし、みんなすぐに飽きますけどね。
今回は空摩のかぎ尻尾みたいな毛のついた、シャカシャカ音がするおもちゃです。


見てください!このやる気満々の顔!!


「キタナ~!!」
うわこの顔はヤバイ!!気をつけないと怪我をします。


立ち上がる気はないが、取る気はあるのね。
カメラを構えながら、おもちゃを振るって、けっこう大変だんですよ~。


このあと、くわえて運んで行っちゃいました。
こうなると誰も手を出せない・・・。イチ子が「あ~あ~・・・・」という顔で見ていました。


明日はシータさんの反応です。

キャッツ

空摩の目ってほんとにミュージカル「キャッツ」のあの目とおんなじだよな。


抱っこして欲しいと、相変わらず「うぇぇぇぇ~」と言います。


ミーちゃんは私が朝シャン(古!)していると、こっそり抱っこをせがみにきます。
髪を洗って、ドライヤーをかけている間は、ひたすらスリスリ、くねくねして待っています。
ドライヤーの音が止んだとたんに「抱っこ」と、嬉しそうに寄ってきます。
くちゃ~い(ミーちゃんは口内炎なので口が臭い)お口で私の顔を犬みたいに舐めてくれます。


枕元で寝ているのですが、私が夜中に具合が悪くなってうなっていたときも(腹風邪)ず~っと顔を舐め続けてくれていました。
ミーちゃんは9ヶ月でうちに来ましたが、大きくなった子でもちゃんと慣れますよ。
どうしても仔猫のほうが里親募集しやすいのですが、味わいのある大人猫さんの魅力は仔猫の魅力とはまた別です。

いつも里親募集ではお世話になっているプチポンさん。
魅力的な大人猫さんがいます。
仔猫からでは大変!!と、思っていらっしゃる方がいましたら、ぜひ、プチポンさんを覗いてみてくださいね。
猫さんの食事や病気や便利なものなど、情報いっぱいのたきさんのブログもおすすめです。
秋田県ってね、そうなんですよね。
梅雨入り宣言したとたんにこの天気ですもん。
しかも、カラっとしていて、なんて爽やかなんざんしょ。

放ったらかしになっていた庭がいよいよ巨大な雑草に覆いつくされ、昨日は意を決してホームセンターに行ってきました。
目指すは「草刈機」!!ほんとかよ~
ランチに立ち寄ったブランカのAさんにも「え~・・・やめたほういいよぉ。草負けしないの?危ないよぉ。石飛んだりするんだってよ~。」と、さんざん脅され、「やっぱり業者に頼もっかなぁ~」と、気弱になりましたが、とにかく見るだけ見ようと行ってみました。

ガソリン式は絶対無理だし、金属刃は絶対無理だし、重いのは無理だし、電気コードついてるのは無理だし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そうじゃないのって・・・・あるの?

それがあったんです!!
充電式でプラスチック刃、1.8kgと軽量で女性にも扱えます!というのが!!


充電もそこそこに早速家の周りのひょろひょろの草を刈ってみました。
刈るといってもプラスチックのブレードが高速回転するのでなぎ倒すって感じですが。
おおお!!
面白い。
やれる!やれるぞ、私!!

と、調子こんでやっていたら、支えていた左腕が痛い。
夕飯の仕度をする頃になっても震えがとまらず、重いものがもてない。
うわぁ・・・五十肩も悪化しそうだ。
し・・・しまった

せいぜい一日一坪くらいだね。ああ~・・・気が遠くなるわ。うちの庭って100坪くらいない?

郵便受けを見たら、造園屋さんが「その後いかがですか」ってメモをはさんでありました。
まさか、この奮闘を笑って見てたわけじゃないですよね~

猫sはいつもどおりの平穏な日々にもどりました。

けっきょく小さい子たちに一度も面会しなかったイチ子
「ネズミがいたって?そんなのあたし、食べないもん!」
ネズミではありませんよ、イチ子さん。


「ぼくはあの、小さいの、弟子にしてもよかったんです。」


「かあちゃん。。。むにゃむにゃ・・・」
モータ、あたしの枕で寝るのやめてくれないかなぁ・・・


「ぼくは今回がんばりました!!次も手伝ってあげます。」

それぞれお気に入りの場所で一日中寝てます。君たち、平和だね・・・・。
あんだんては「くるねこ大和」さんの大ファンです。
マンガは全部持っていますし、二階トイレのカレンダーはもちろんくるさんのカレンダーです。

うちの保育園児、230g~400gだったので、市販のケージからは簡単に脱走しました。また、脱走しきれず首を挟んでもがいているのもいて、これはダメだな~・・・と今回思ったわけです。
そしたら、たまたまくるさんんとこの保育園児の記事を見て、彼らの入っているケージがわりの入れ物がドンピシャ、仔猫に適しているようだったので、昨日、思い切って、コメントに「それはなんですか?」とたずねてみたわけです。

そしたら、私以外にもそんな質問をした方がいたらしく、今日のくるねこはこんな記事でした!!

いや~~~~~ん。
なんだか、「ジュリ~」って叫んだら、投げキッスが返ってきたくらい(年代がわかるたとえで申し訳ありません)嬉しかった~~

くるさん、ありがとうございます!!
これからもずっと応援します

育ち盛り

忙しい日常がもどってきました。
何が忙しいったって、あんだんては週の後半、木金土日は激務なんですよ。踊らにゃならんし、歌わにゃならんし、ガラス教えなきゃいかんし・・・と、いうわけで、昨日、今日はぐったりです。
保育園児がいる間も同じようにバタバタしていたのに、、気がぬけっちゃったんでしょうかね。。。。

外ではこれまた育ち盛りの方々がいます。
そう。糠漬けとともにマイブームのプランター菜園の野菜たち。


これはズッキーニです。順調に育っています。


ナスも花が咲き・・・


ピーマンも小さな実をつけました。

しかし、ベテランガーディナーA子さんのご指摘どおり、ズッキーニとミニトマトをひとつのプランターに植えたのはまちがいだった~~ この人たち、どちらも譲らずでかくなる、でかくなる・・・・

そして、葉ものは全滅でした。
小松菜もルッコラも辛子菜もすっかり虫さんのお食事処として繁盛し、虫さんたちがどんどん成長なさるので今日、とうとう全部引っこ抜いてしまいました。
やっぱ、葉ものは部屋の中で水耕栽培するしかないかなぁ・・・←実はすご~くやりたい。

糠漬けは順調ですよ~。
野菜だけで酒がうまい

さてと。これからZUNBA踊ってきま~す

猫猫保育園、上半期が終了しました。

最近、SOSで動くことはあっても自分の手で保護することはなくなりました。
自分の手で保護した子はさっさと自分ちの子にしちゃいたい衝動にかられるので、私にとってはSOSのほうがありがたいのですが。

昨日、無事にヘンデル(改めとらちゃん)をお届けし、店長のあんだん子と本音を語り合いました。

ご縁があって我が家を通過していった子たちのその後が幸せいっぱいであることを心から願っています。

動物の飼い方は昔と今ではずいぶん変わりました。
昔はどこのうちでも外出が自由で、恋も自由で、おおらかに、たくさん子供を産んで育てて暮らしていました。現代社会はこうはいきません。外は危険がいっぱいです。
交通事故(自分が加害者になる場合もあります)、農薬(その苦しみは酷いものです)、鳥インフルエンザ(猫もかかります)猫嫌いの隣人(よそさまの家で排泄させるのは飼い主が100%悪い)etc・・・

今回、芸術家4兄弟、鶴亀兄弟を新しい家族に迎えてくれたおうちでも一番の大きな変化は飼い主本人だったのではないかと思っています。

「え?猫ってケージ必要なの?」
今回、これが新しい飼い主さんたち共通の驚きでした。
しかし、皆さんすぐに用意してくださり、小さい子には必要不可欠であることを実感していただきました。
おとなになってからも重宝します。体調を崩して安静が必要な場合、ケージのほうが落ち着きますからね。

昔と違う飼い方に戸惑っていらっしゃる方もおられます。
これも仕方のないことかもしれません。
でも、昔ながらの飼い方から、今BESTな飼い方にぜひともシフトチェンジしてほしいです。


完全室内飼い
避妊去勢すること


最低二つはぜひ実行して欲しいです。

やれ、癒しだの、猫ブームだのとマスコミやネットでは猫様人気で大騒ぎですが、その反面、まだまだ昔ながらの飼い方をしている人は多く、その結果、飼い主のいない猫が地域で暮らし、その結果、望まれない命が生まれるという悪循環は断ち切られていません。

飼い猫が産んだ仔猫を「もらってください」なんて新聞広告に揚げる勘違いの飼い主もいまだにいます。
それでも、箱に入れてベンチのそばにおいてくるような飼い主よりはましですけど。

某ペットショップにいくばくかのお金を払って預かってもらって、その後、誰かが引き取るかもしれない・・・なんていうのは妄想です。現実を知ってもらいたい!ほとんどの子はある期間が過ぎれば殺処分です。
死ぬためだけに生まれる命を増やさないでもらいたい!!


鶴亀兄弟の父親は今回、保護主さんの決断とがんばりと地域の方のご協力で去勢手術に成功しました。
大拍手です!!ここが解決されないと、毎年同じことの繰り返しですからね。


と・・・飼い主さんに望むことは多いのですが、その一方、私はまだまだ修行がたりないなぁ・・・と思い知らされた期間でもありました。
自戒をこめて・・・・自分自身に言い聞かせます!
猫のために何がBESTかを最優先に考えること

飼いたい人の都合ではなく、保護猫が家猫として幸せになるために私ができることを最優先にする。
今回、ちょっぴり妥協してしまったことがあり、とても悔やまれます。
やはり仔猫はトイレのしつけをし、ある程度ドライフードが食べられるようになるまでは、お預かりするべきだと思いました。それがその後の猫生にかかわるのだものね。
仔猫はまだなんにもわからない赤ちゃんです。性格や気質なんてまだ形成されていません。
人間がきちんとしつけて、家猫として人間社会や猫社会に適応していけるようにしてあげなくてはいけなかったんです。

あんだんて、今世紀最大の後悔と反省をしつつ、今は4にゃんs&2にゃんsの幸せを心から祈ります。


ところで・・・・
町内でミニチュアダックスを外飼いしている人がいます。
信じられません
「犬は外で係留して飼う」のが当たり前?





ばいばい

ぼくヘンデルでしゅ

おばしゃんは「へ~ぞ~」ってよぶけどね

これからあたらしい・・・ん~と、こんどはほんとのかぞくっていうのがいるおうちにいくんだって

さきにいったハイドン・・・えと、ミーくん?もまってるんだって

ぼく、かおわすれちゃったけど

だいじょうぶ 

また なかよくできるよ


おばしゃんのおうちもたのしかったよ

ごはんもいっぱいたべたし

あそんでくれたし

くろいにいちゃんや はいいろのおば・・おねえしゃんもいて

いっぱいなめてくれたし

とちゅうでよそのうちのこもきたし

ほんと おもしろかった


ぼくをひろってくれた おばしゃん ありがとう

バッハ げんきでね

ぼくたち いっぱいたのしいことしようね

おばしゃんちのおとなねこさんたちがおしえてくれたよ

ぼくたちがたのしいと かぞくのひとたちはしあわせなんだって

すこしくらいならわがままもいって いいんだって

いたずらもたまにしても いいんだって

たまに・・・ってどのくらいだろうね

ほんとのかぞくってすご~くいいもんだって、シータにいちゃんがいってたよ

うれしいな

ほんとのかぞくにあえるよ

だから ぜんこくのヘンデルふぁんのみなしゃん

ばいばいね




ばいば~い







昨日は亀吉くん・・・改め、レオ君のお届けが無事終了。
明日はとうとうヘンデルが旅立ちます。
ヘンデルは滞在期間記録最長かも。
思えば230gでうちに来て、くるさん風に言うと、「ごねごね・・わっしょーい・・・ぐるぐる・・・わっしょーい」だったんだよね。それが一ヶ月以上経って、部屋の中をドタバタと駆け回り、おもちゃで遊べるまでになりました。
途中、心がグラグラ・・・と揺れたあんだんてでしたが、今は笑って送り出せそうです。

あ。そうそう。
うちと入れ違いにくるさんとこで保育園が始まったみたいです。
こぼちゃん似のシャムっぽい子、ポ子似のサビの子。
どちらも可愛いです。
うちの子に~~~~!と手を挙げそうになった阿呆なあんだんてでした。

ももちゃん、今日はすご~く幸せそうな顔しています。
一ヶ月、不自由させました。ごめんね、ももちゃん。
ももちゃんは長女が高校三年生の今頃、拾ってきた子です。人見知りで、引っ込み思案の子でしたが、新居に引っ越してしばらくしてから突然猫を脱ぎました。ミーちゃんと全面対決姿勢になり、とうとう一階の秘書の座を獲得。優雅な一人っ子生活を満喫。
時々、保育園生が来るのは最近あきらめて受け入れてくれるようになりました。

猫には猫の言い分というものがあるらしいです。


おかあちゃん。
やっと静かになるわね~。



あたし、けっこう我慢強いのよ。
でも、やっぱり時々は時間を気にしないで
ず~っと抱っこしててもらいたいのよ。


ももちゃんは赤ちゃん抱っこが大好きです。
っへっへっへ!いいだろ~。

育てます

また???ですかって?

NO!

昨年秋からどうしても治らない「糠漬けやってみたい病」
しかし、一から熟成糠を作るほどの時間はないし、毎日糠に手を突っ込んでかき混ぜるなんてことが私にできるのか?という躊躇もあって、なかなか実行できなかったんです。
そんなときに「まちかど情報室」で見た、糠容器!!
なんと、かき混ぜるためのハンドルがついている!
しかもホーローで、冷蔵庫に入る大きさ。

これは買いでしょ~~!と、ネットを検索したところ、あまりの人気で3月まで生産が追いつきませんとのこと・・・。
へぇぇぇ~~~
がっくり・・・。

しかし、この半年、やっぱり熱は冷めなかったんですよ。
と、いうのも同じスタジオに通っているバレエ友達が、若いのに発酵文化大好き人間だったのです。
「私、味噌作ったの~~!!簡単なの。しかも、おいしいの~~」と、満面の笑顔でおっしゃる!そして、翌週には味噌作りのレシピまで作ってきてくださって、みんなに配る熱の入れよう。
その気持ち。わかる!!
味噌もやってみたい。
今年はお仕事も猫猫保育園も忙しくて、まだ味噌までは実行していないけど、必ず作るわ!N子さん!!
で、私が糠漬けやりたいのよって話をしたら大いに盛り上がってしまったというわけ。


とうとう届きました。
「ぬかまるこ」



このようにハンドルをセットするだけ。

昨日は熟成糠も届きました。さっそく容器に入れ、捨て野菜は必要ないと書いていたので、大根とラディッシュを漬けました。

漬け終わったらハンドルはたたんで、
ポリのふたをして、さらにホーローのふたをするので
におわないというわけです。


うふふふ。
プランター野菜も順調に生育中。
・・・て、ズッキーニとトマトは巨大化していて、プランターが小さすぎたことに気がつきました。

次は味噌に挑戦するぞ~。

こうして、バレエ仲間は「もやしもん仲間」へと育っていったのでありました。
オリゼーちゃん育てるぞ~。あ。違った。糠漬けは乳酸菌か!

めでたい

やっぱりネーミングセンスが良かったのでしょうか?
(違うと思う)↑

 鶴亀兄弟、それぞれ新しい飼い主さんが見つかりました~~

今回は芸術家4兄弟を保護してくれたKさんの猫友ネットワークを駆使して探してくださいました。
ありがと~~
猫さんと暮らしたい、あるいは二人目の猫さんを迎えたいと思っていた方々との縁組でした。
タイミングもありますが、やはり鶴亀兄弟は強運の持ち主ですね!!
応援くださった皆さん、リンク貼ってくださった皆さん、ありがとうございました。

鶴吉はお見合い後、すぐに新しいおうちへ旅立ちました。
亀吉と別れて寂しがっているかと思いきや、おうちの中ではぶっ飛んでいるらしいです。
ご飯の時間と、人がいて遊んであげる時間以外はしばらくはケージ暮らしです。
「出せ~!出せ~!」と、騒ぎますが、人が離れると諦めます。仔猫にとっても人間にとってもケージに慣らすことはメリットがたくさんあります。
鶴吉君改め、ミント君。
幸せに!!

そして、亀吉君ですが、こちらもこのワイルドなお顔でぐぐっと運を引き寄せました。
かつて猫さんと暮らしたことのある方で、おうちではお義母もとても喜んでいらっしゃるとか。
お届けは8日月曜日になりました。
亀吉君改め、レオ君。
よかったね!!

そして・・・・ひそかに絶大なる人気を得ているらしいヘンデル君は10日のお届けになります。
これであんだんて猫猫保育園2009、前半は終了・・・・・・・(かな?)

皆さん、いつもの事ながらご心配おかけしました
お待たせしました  ←誰も待ってないかもしれませんが・・・。

純和風顔 お笑い系兄弟鶴吉&亀吉 絶賛里親募集

そのネーミングってどうよ・・・・(自分突っ込み)

でも、第一報が届いたとき、「幸せでめでたい人生(猫生)でありますように!」と、思った瞬間、「鶴吉」「亀吉」という仮名が思い浮かんだのですよ。
はっはっは・・・・

なになに?どうでもいいから引っ張ってないで、早くお顔を見せろって?
はいはい。


鶴吉♂ 400g
尻尾はまっすぐ
茶色が混じって、しかも縞あり、白黒もあり・・・・
と、いうことは「なんちゃって三毛」?
♂の三毛は一千万円の価値があるとか。
うん。かわいいから十分にその価値あり!



ああ~この模様といい、ズラといい、うちのモータ君に似ています。
すんごくやさしい味わいのある猫になると確信!!





亀吉♂ 400g
尻尾はまっすぐ
立派なキジトラ模様
好奇心旺盛
人間大好き・・・会ってすぐ、あんだんて登山しましたから・・・。



チャームポイントは、この片っぽずり落ちたみたいなソックスもようです。
将来はかなりのイケメンになると見た!!



「いつでも里親募集」に投稿しました。よろしくお願いします。


そこのあなた!!猫と暮らしてみませんか?
お散歩はいらないし、トイレのしつけはいらないし、
ワンちゃんより手がかかりません。
特に二人で喧嘩ごっこしたり、抱き合って眠ったりして、仲良しの兄弟猫はオススメですよ。
お留守番時間が長い方でも二人なら安心。(ケージは必要です!)
この子達は、近年まれにみる良い兄弟です。
初めて猫と暮らす方にも超~オススメです。

ヘンデルのお届けが決まったとたんに・・・・・・・・・・











園児お二人様、入園で~~~~~す



ま~じ~で~~~~~~~?????


詳細は明日以降!!
お楽しみに!←もう、楽しむしかないでしょう!!
ヘンデルは黒いシッターさんが苦手になりつつあります。

そりゃそうだ。
あんなに羽交い絞めにして、しまいに首根っこに噛み付いてるんだもの・・・。


シータ級長さんに、苦情を言うヘンデル君
「くろいにいしゃんのぷろれすごっこはだめでしゅ。はんそくでしゅ。」

それに比べてももちゃんは今回、やけに優しい。。。
ももちゃんは基本的に猫はあまり好きじゃないと思っていたのだけど、茶白氏は気にならないみたいね。
何が違うんだか?
猫にも好き嫌いがあるようです。


「あのね、あのね、おばしゃん・・・」
おねえさんだっつうの



「じゃんけん・・・ぱぁぁぁ」
「ますだおかだかい?」


「それはにゃに?」
「ねこじゃらしって言ってね、おかぁさんたちを遊ばせるのに使うの。」


家猫修行もだいぶ進みました。
小さな爪をちょっぴり切りました。
掃除機にも少しずつ慣らしています。
いつ、どこへ行ってもOKです。

・・・・・・・・・・・・・

てなこと言ってたらお届け日が決まってしまいました。
10日水曜日です。

・・・・・・・・・・・・・←これが心の中です。

 | BLOG TOP |