プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


モータはよく「しかめっ面」をする。
嫌なとき、(たとえば、ミーちゃんに文句を言われ、猫パンチを食らったとき)まぶしいとき。
今日はまぶしかったのね。


陽だまりの中のキャッツらを見てるとこちらも幸せな気持ちになる。


こちらはイチ子。
我が家ではタオルケットは金輪際買わない。なぜなら、イチ子がことごとくループを引っ張って、めちゃくちゃにしてくれるから・・・・・・。をいをい・・・あんた、もう4歳なのに、まだその癖、なおらないのかい?
爪をひっかけ、一本一本糸を丁寧に引っ張ってくれる。おかげで我が家のタオルケットでまともなものは一枚もない・・・・恥ずかしくてクリーニングにも出せないよ。

やっぱりNHK杯は見てしまうよなぁ・・・
日本人でフィギュアは嫌いだから見ないっていう人、いるのかな??

おかげで夕べは飲んで、TV見て、今後のイベントについて覚書を書いて、工房には寄らずに寝てしまった。まずいぞ、私。

酔い酔い招き猫のシータさん。牙がでてますよ~。笑ってるし。


座ろうと思って、何気なく椅子をひこうとしても椅子が動かないことがよくある。
椅子いっぱいのおおきなキナコもちが乗っているのだ。どえ~~~ん


あいかわらず、父ちゃんにべったり。


うふ~~~ん僕は父ちゃんが大好きなんでしゅ。にこっ


ね!!とうちゃ~~~ん


こんな顔で見られて御覧なさい。猫好きでなくともドッキュ~~ンですよね。
人にあまりかまわれたくない子。人に甘えたい子。人が大好きな子。・・・7人(にゃん)7色です。
ぎうぎうです。
そういえば、「くるねこカレンダー」に誤植があって、お詫びのシールが来ましたけど、二箇所から同じものが届きました。得したような・・・でも、またまたドジですなぁと、思ったり・・・。

秘書のももちゃんをいじって気分転換しています。

スコフォのももちゃん


栗坊のももちゃん


ももちゃんは何をされても決して怒りません。


かわいいももちゃん。ごめんね。お母ちゃん、もうちょっとしたら一緒に寝るからね。

雪囲い

しばらく天気が悪くて寒い日が続いたので、今日は久々のお日様がとてもありがたい。
そして、朝早く、造園屋さんが来た。いよいよ雪囲いなんだな。
実は先日の初雪が思いがけず立派に積もったので、自慢のナラの木がぽっきり折れてしまった。葉が全部落ちないうちに雪が積もったので、重さに耐えられなかったのだろう。・・・残念

先日、猫トイレの中に鮮血を発見
「ぎゃ~誰だ???」
大腸癌??直腸癌?それとも・・・・・
翌日、偶然にもミーちゃんがトイレに入っているところに遭遇。
立派な一本○ソと鮮血ポタリ・・・・・・あ・・・・猫にもキレ痔ってあるんだ?
翌日からはウ○コだけだったから、どうやら治ったらしい。

ミーちゃん、絶好調。

こう、手をクロスして踊りますのよ~♪

最近、テーブルの下の椅子に潜んでいること多し。


たまに、こんなにお行儀悪く寝ていることもある。元気ならよし。
12月10日から23日までブランカさんでガラスの個展だ。
「歌う」「踊る」「創る」と、忙しいあんだんてだが、ようやく創作の神様が降りてきた。
って、遅すぎるでしょ!

「やさしいガラスたち展」
会期 12月10日(水)~12月23日(火)
    午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで) 
会場 画廊喫茶ブランカ

今回はガラスクラフト教室(ブランカ&秋田市あんだんてにて開催中)受講生の皆さんの力作も展示。小学生の受講生もいます。みなさん、創ることを純粋に楽しんでいます。ぜひ、ごらんください。


いつも夫には「やることを絞ったら?」と言われるけど、どれも私の一部だからなぁ。確かに音楽に復帰してからこれまでの比ではないくらい忙しいのだが、ガラスをやり始めると、「やっぱりガラス好きだなぁ」と、ワクワクしてくる。やめるのはいつでもできるんだから、体力と気力が続く限り、今のままでやれたらいいな、と思う。もちろん、すべてを認めてくれる夫には最大級の感謝をこめて

何度も言うようだけど、ぼくたちってすごく仲良しなんだ。


水を飲むときもいっしょなんだよ。


並んで順番に飲んだほうがゆっくり飲めると思うわ!どうでもいいけど早くしてよ!


この三人は常にセットで動いているなぁ・・・
最近、イチ子、いい味だしてます。
初雪
ううう・・・・さすがに寒い。

うちの猫ズもチョビ君もウルトラプレミアムフードを食べているが、別に私が「いいふりこき」(見栄っ張り)だからというわけではない。大勢いるんだし、食費を考えれば安いフードにこしたことはないんだが・・・
まず、チョビ君がものすごいアレルギー体質。
あるときから、毎日のように酷い下痢をするようになり、これはフードのせいか?とアレルギー検査をしてもらったら、牛肉、鶏肉はあまりよろしくないと言う結果になった。そればかりか、ナラノキにアレルギー??(チョビハウスの前には立派なナラノキが生えていますがなぁ)ハウスダスト??小麦??
ひ===
なんたる虚弱体質!!
市販のドッグフードにはほとんど小麦が原料に使われているではないか!!
がっくり・・・・

猫ズの中ではモータが虚弱体質。
こちらも市販のキャットフードは一切ダメ。
でも、モータだけ別のフードにしても、誰かの残りカリカリをきれいに平らげてくれる律義者なのでこれはなかなか難しい。
結局、全員がプレミアムフードを食べることになったのだ

でも、さすがにプレミアムフードのおかげでみんな毛艶はよいし、まるまる太って(いいのか??)健康でとてもよい。
高いお金を出してワンコやにゃんこをペットショップから求めてくる一方で、その子の食事にはあまりお金も気も使わない人がいるが、それってどうよ?
良質の食べ物が病気を予防する一番の近道だと思う。
そして、たまには茹でたササミやホタテの汁なんかもあげたらいいと思う。


美人ですねって言われるとうれしいわ。


うふ。お母ちゃんの手、舐めてあげる


きゃははは。くすぐったいよ。


にゃははは・・・・

と、いうわけで、朝一番にスタッドレスタイヤに交換してもらった。
秋田市に行くことが多いから、早めにタイヤ交換だけはしておかねば。

夕方、階段下のドアに付箋が貼ってあった。
「台所・・・危険。風太か?」←夫の字

なんじゃ?


台所は酷い有様だった。
一面にガラスが飛び散り、足の踏み場もない。
割れたのは耐熱性のガラスポット。
その瞬間は想像できる。
さっき、練習用の花火がかなりの大音響とともにあがったから、その音に驚いた誰かがびびって、さらにびびりが伝染して、パニック集団になって、ガラスポットを落としたのだろう。(この近くに有名な花火師さんがいて、年に何度か練習用の花火があがるのだ。)
ん???落とした???

今、思うと不思議なんだが、割れたガラスポットの底だけはIHヒーターの上に残っていた。????え?
そして、普段なら我関せずの風太が果敢にも割れたガラス片の間を何度も気にして歩いていた。
「やっぱ、お前か?」

ま。いずれにしても、そんなドジを踏むのは風太か空摩にきまってるけどな。


「僕じゃないでつよ。」と、相変わらず父ちゃんにべったりのくまたん。


「グーグーだって猫である」の大島弓子さんが書いてた。
(私たちにとっては「いちご物語」の大島弓子さんなんだけどな。)
サバ(大島さんの猫)と暮らしていなかった頃、リスを飼っているお友達に「リスのってなぁに?」と、聞いた。その瞬間、お友達の顔がさっと曇って、次の瞬間、聞こえなかったかのように「リスのご飯はね・・・」と話し出した。

私も動物と暮らしている人が「うちの○○の餌が・・」と言うのを聞くとやっぱりひどく違和感を覚える。
餌は家畜か、昆虫に与えるものであって、家族である猫様やワンコ様には「ご飯」だよね。
朝、起きると、猫様ご一同、トイレに向かう母ちゃんの後をついて回って、「飯、飯~~~♪」とうるさい。着替えて台所に立つなり、食器を六個(ももちゃんは一階なので)並べて、一つ一つにレトルトのフード3人分を6つに分けてお出しする。その後、別の場所の別の食器にカリカリ(ドライフード)をサラサラっと出して、水がおいしくなるとうわさの陶器のボールにアルカリイオン水をたっぷり注ぐ。
それからようやく人間様の朝ごはんの仕度に取りかかるのだ。

コンナ私って変ですか?

ひなちゃんはうちのくまくまたんの兄弟である。
なかなかもらってくれる人が見つからず、おっとうは「くまとひながうちの子になるのか?」と一時はかなり心配したらしい。
くまたん、ひなちゃんを含む5ニャンズは昨年8月4日に我が家の猫猫保育園に入園した。
紅一点の日南子ちゃんは5にゃんずの中でもひときわうるさくて利発で、乱暴者元気溌剌であった。
誰よりも早く、ケージをよじ登り、上の扉を頭でこじ開け、ご飯を催促するのは日南子ちゃんだった。
そして、ご飯をちょっと食べると「もういらない。おいしくないわ。」と、遊びに行き、みんなが食べ終わる頃、もどってきては「わたし、ご飯食べてないわ~~!」と、再び大騒ぎするのだった。
そして、ご飯を食べ終わると、くまくまたんとジジ君を敷いて寝るのだった。。。。
気の強い女子・・・日南子ちゃん。
もちろん、里親募集の間はこんな赤裸々な告白はできない。

一年もたつと、ちゃんとお嬢様に成長し、そんな幼少の頃のことはすっかりお忘れになり、幸せをむさぼっている様子がわかる。


秋田は寒くなった。来週は雪だるまマークの毎日だ。
ひなちゃんもコタツが恋しかろう。
(しかし、コタツで転寝をするばあちゃんっぽいぞ!)(笑)


「僕たちのないしょ話・・・」


「いや。おかあちゃんは聞いてないけど、たぶん、イチ子が聞いていたと思うよ。」

「イチ子、聞いてました。18禁の話してましたうそうそ


シータさんは「くるさん」とこの胡ぼんちゃん似だと思う。
仲良し兄弟のシータとモータ

何がそんなに楽しいんだか・・・くすくす笑って、いつまでもないしょ話がつきない。



変な顔

モータ。
結婚したいほどに好きな男!!
なぜ?っ言われると明確に答えられないのだが、シータは頭が良すぎてイケメンすぎて、結婚するには向かない。風太は可愛いけど、お馬鹿っぽい。空摩にいたっては論外。
そうすると、やさしくて何でも良く食べ、のんびりしてて意外に運動神経バツグンということで、モータなんだよな。

にへへ~なんか、照れる


あ。照れたら、痒くなってきた。カイカイカイ・・・


えへへ~こんな僕でもいいですか?
う~~~ん・・・あんまり良くないかも・・・


おなかパフパフしてもいいよ~~
うひゃひゃひゃするとも!!


一家に一人!白黒ハチワレ、牛柄猫!!



ところで、痛み出してから一ヶ月、いよいよ我慢できなくなり、とうとう整形外科に行きました。
「腱断裂?」「まさか、骨が?」「オバリーナ続けられる?」・・・・と、不安でいっぱいのあんだんてでしたが、やさしい先生は終始笑顔で、
「立派な五十肩・・・あ・・・四十肩?」と
年相応です。先生。
残念ながら、まだしばらくは痛むそうです。「一年ぐらいで完全に治るからね。」と、慰められました。
オバリーナは続けてもいいそうです。

ハンター

イチ子はKYである。
イチ子を拾ったとき、我が家は改築の真っ最中で、車庫のニ階に仮住まいだった。
バタバタしていたせいもあり、子育てはほとんどシータさんに任せていた。ベビーシッターのシータさんは、ベッドの上で、尻尾パタパタさせながらず~っと飽きもせずイチ子を遊ばせていた。
当時の様子

なので、人間とのコミュニケーションのとり方がいまひとつ、スムーズではない。私たちがシータさんに任せっぱなしだったのも悪いんだが・・・。
甘えたいのだが、抱っこはちょっと怖い。なでてもらいたいのだが、みんなに見られるのは恥ずかしい。お母ちゃんの手を甘噛みしてみるが甘噛みじゃない。
KYなので朝食の仕度で忙しいときに限って「ひゃひゃひゃ・・」(イチ子は「きゃきゃ」とか「ひゃひゃ」と鳴く。にゃ~んとはめったに鳴かない)と言って、甘えに来る。

困ったやつ・・・。



私、イチ子よ。
美人って言われてるの。おかあちゃんのお友達で「でし」のクマコおねえさんは私のこと、とっても可愛いって言ってくれるよ。私、お客さんが嫌いなんだけど、クマコおねえさんは特別なの。
でも、私は美人なだけじゃないよ。
狙った獲物はにがさない!!


ふふん。こんなもの、ちょろいわ。




おほほほ・・・・
誰にも渡さないわよ!!←もんさんになってますけど・・・。

イチ子、くわえた獲物は決して放さない!!恐るべし!!


猫という生き物は不思議です。
人と暮らすうちに人語がわかるようになります。人語を話すようになります。
イチ子は「ひゃひゃひゃ」「きゃきゃきゃ」とおしゃべり猫ですが、ある日、娘が「イチ子!何言ってんのか、全然わかんね~!!」と、言ったら、娘と三日、口をきかなかったそうです。
時々、捨て猫さんとかかわるあんだんてですが、捨て猫は「野生」の猫ではありません。人災にあった猫です。
家猫とはなんぞや?
あんだん子のブログも見てね!
うちでは壁にインテリア用の段違いの棚がある。
もちろん特注だ。

ここには時々(?)、インテリアが置かれる。家主の好みとは無関係に。



そのインテリアは時々立ち上がったり・・・



あくびをしたりもする。

10月にOPENしたばかりのイオン大曲でクリスマスツリーの点灯式があった。
以前、お世話になったNさんからのお話で、思いがけなくクリスタルクワイヤーが歌うことになった。

小さな子供さんを連れた若いお母さんや、お父さん、おばあちゃんが会場にいらして、代表の子供さんがツリー点灯のボタンを押す。サンタさんが現われ、プレゼントを子供たちにあげる・・・といった30分ほどのイベントだが、4月に発足したばかりのクワイヤーが早くも二度目のイベント参加!!


歌える曲が「アメイジング グレイス」と、「ヘイル ホーリー クイーン」しかないっていうのもすごいけど、この時期にピッタリというのもすごいじゃないか!!
これは厳かに(?)アメイジング グレイスを歌っている。


ツリーが点灯して、にぎやかに「ヘイル ホーリー クイーン」


調子こいて、歌っております。わはは。


イベント終わってから、子供さんを連れた若いお母さんが「とってもステキでした!楽しませてもらいました。」とわざわざ声をかけてくださった。嬉しかった~~

なんだか、イベントのたびに自分達が一番楽しんで、元気をもらって帰ってくるような気がする。
声をかけてくださったNさん、ありがとう。
急な呼びかけにもかかわらず駆けつけてくれたメンバーの皆さん、ありがとう。

12月23日はいよいよプチコンサート。
ますます楽しいクワイヤー!!そして、またまたステキなお話が舞い込んできた。(ふふ。まだ内緒)
決して負け惜しみではない。

子供の頃、私は高慢ちきな嫌な女だった。
できない子はどん臭いと思っていた。もしくは、努力しないか、センスがないか、いずれにしても「好きじゃない!」と思っていた。私自身は、そこそこ運動も音楽も勉強もできていたからだ。

大人になって、自分の専門はそれなりに努力もし、やはりそこそこできるままで教師になった。
教師になってからも負けず嫌いの私は努力だけはした。
合唱部の顧問になれば、コンクールで良い成績を収めたかったので、合唱指導で全国的に有名なところへ出かけていって、勉強した。
授業のうまい先生が一流だと思っていたから、公開研究会なんていうイベントは大好きだったし、すすんで授業者になった。

しかし、ピノキオの鼻はすぐにへし折られることになる。
教職という、自分にとっては最大に自分を生かせた仕事をやめて、一個人になったとき、私には誇れるものが何もなかった。何にすがっていいのかわからず、途方にくれた。
会社を作り、秋田県の工芸品開発を目指した時は、某Iデパートの特産品フェアなんかに出店し、一般の会社で働くことの厳しさというか、公務員経験しかない自分の甘さを嫌と言うほど思い知った。
次に、「猫アート作家になる」なんて口では言ってみたものの、自分のオリジナルってなんなの・・・・?と、土台のない自分に嫌気がさした。

だけどね・・・・・・

できないことは楽しい。知らないことは楽しい。

ガラス胎七宝の勉強をしに東京に行くのは毎月、ルンルンだった。習うことはなんて楽しいんだろうと思った。

今は、自分の娘と同じ年代の先生からクラシックバレエやゴスペルを習っている。
これはまた、なんという幸せ
年若くても、指導法をしっかり学び、生徒さん達を上達に導こうと努力されている先生達はすばらしいそんな先生方とめぐり合った私は幸せ者!!
できることが当たり前だった私にとって、「できないこと」は屈辱だった。
今は違う。「できないこと」は魅力的。できないから楽しい。そして、できるようになるともっともっとも~~~っと楽しい
子供の頃もそう思えていたら、もっと楽に生きられただろうなぁ・・・。
いや。今、この年齢になったからこそ、できないことは楽しいって思えるのかもね。

大人になると、他人から誉められることなんてほとんどない。
だから、年若い先生方に誉められるのも心の底から嬉しいものなのだ。
クラシックバレエを続けているのは「できないこと」がたくさんあるせいかなぁ・・・。
できないことは楽しい!!だって、できたとき、次は何~~~???ってわくわくしちゃうもの。

12月はクリスタルクワイヤー初の単独ライブ!
生徒さんたちに「できないから楽しい」「できるようになったから、もっと楽しい」って思ってもらえたらいいなぁ。
だって「楽しさ」の原点は上達ですもの!!
私のイベント企画好きは50歳間近の今も変わらない。



あんだんての店長あんだん子のブログもよろしくね。
Cat's Best Shopあんだんて にゃんだらけ日記
風邪をひいたらしい
原因はわかっている。
昨日だ!
午前中は楽しいAPスタジオのバレエで少々の肩の痛みもなんのその。(実はまだ結構痛む)
午後は1時から2時半までゴスペルのレッスン。その後、3時からゴスペルコンサートのユニットチームの練習が続けて2コマ。
なんと6時半までアルヴェ内にいて、そのうちほとんどはヤマハのレッスン室にいたことになる。
ある意味、モダンの強化練習より過酷だった

と、いうのも空調がイマイチ調子が狂っているらしく、外は気温10度だと言うのに、レッスン室は30度暖房ではなく冷房ONになっている。・・・にもかかわらず室温はどんどん上昇・・・。
しかし、確かに冷房の風に3時間まともにあたっていたらしく、今朝起きたら喉が痛む。しかも鼻水も・・・。
くくく・・・・・
バチがあたったわ。

久々に仕事もなし、お稽古事も一切なしのオフの日なのに。。。。。。
しかも、雨天で猫とまったりを通り越して「ぐったり」して過ごそうと思っていたのに。。。。。
(晴れだと、柿の実を収穫しなきゃいけなかったり、プランターの花を抜いて冬支度をしなきゃいけないど、幸い?雨ですから)

なんのバチですかって?
それは内緒。

瀬戸から帰ってから、お店の店長「あんだん子」のブログがとっても面白くなりました。
ぬぬぬ・・・いいこと書いてんなぁとちょいと感心したり。
ぜひ、訪問してやってください。
Cat's Best Shopあんだんて にゃんだらけ日記

 | BLOG TOP |