プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


一輪挿し

最近、お花が気になるので

作品もそっちに流れている。

と、言っても花をテーマに、とかではなくて、花を生かすもの。

吹きガラスならちょいちょいっと器ができるんだろうが、フュージングで立体を作るのはとても手間暇がかかる。

ハンダ付けという手法もあるが、

せっかくの透明なガラスにわざわざ金属でつぎはぎするのもなんだかイヤ。(個人的にはハンダ付けの作業はとっても好きなんだがね。)


どうしたらハンダなしに箱ものが作れるのか・・・


うむむ。


とっかかりとして、

こんなん作ってみた。

CIMG0241.jpg

フュージングする際に耐熱シート15mm厚をガラスの間に挟んでみた。

ここに空間ができると水、いれられるんでな~い?

へば!

CIMG0240.jpg

この作品の裏にフォトボンドで貼り付けて、
一輪挿しになるんじゃない?

う~ん・・・・
でも、

どうやって立たせる?

詰めが甘かった!!

リベンジ、リベンジ(カゲの大声)(笑)

10年ぶり?

思えば、小さな電気炉を買って

毎日毎日ず~っとガラスの溶けるのを見ていたのは

やっぱりこんな寒い日が続く3月のことだった。


七宝だと考えると

無理があるべ~

と、思い

フュージングと考えると

簡単すぎて

工作だべ~

と、思い

ガラスの良さを生かしつつ、ガラスにも自分にもストレスのない作品作りを
模索し続けてきた10年だったように思う。


IMG_2879.jpg

IMG_2881.jpg

IMG_2882.jpg

アールをつけて二度目の焼成
台座をつけてLEDを置けば完成だ
IMG_2884.jpg

あ~!楽しかった。
10年ぶりにストレスなくガラスに向かえたわ。


いまさらだけど

ガラスって綺麗~~~~

引き算

ケイ酸化合物が好き。
だから、ケイ酸を含む鉱物も好き。

透き通るものが好き。
光を通すものが大好き。

IMGP2678.jpg

雲竜和紙を焼きこんだガラス、こうなった。
自然の光を通すとこんな感じだが、明かりにしてみても面白いと思うんだ。
後で細工するぞ。

7cmのミニ角皿
シンプル。
かつて、七宝作家の長谷川淑子先生に師事していた時、よく言われたこと。
「女の作品は足し算が多すぎる。真に美しい作品は引き算やで。」
IMGP2667.jpg

植線して、金箔貼って、ミルフィオリちりばめて・・・・・・
これでもか、これでもかと足し算していたあの頃・・・・
今は先生のおっしゃることが少しだけわかるようになった。

IMGP2673.jpg

IMGP2661.jpg

11月はこんな作品が並ぶ予定。
IMGP2104.jpg

桜猫と梅猫のブローチ完成しました。
市販のフレームに入れておしまいにしようかなぁ~と、夕べ、ちょっとヘタレましたが、思い直して自分でフレーミングしました。

私はいわゆるビーダーではないので、んで、今後もビーズをやっていく気はないので、フレーミングは試行錯誤です。ワイヤーワークの本やビーズの本も何冊か参考にしましたが、細かい作業ではつくづく「手ぼけ」(秋田弁で不器用という意味と思われます)を思い知らされます。
銀板や銅板を切って磨いている暇がなかったので、下の台は鏡を使用しました。
このやり方、ちょっと気に入ったかも。(笑)

ちょっと一息ついてから、オーダー品のライトの手直しにかかります。

結局、横手市には明かりを持っていけませんでした。
スタッフの皆様、許して~。

昨日の「桜猫」と「梅猫」
梅猫はどうしても先日逝ってしまった「うめちかちゃん」を思ってしまいます。
桜猫はなんといってもうちから郡山に嫁いだ「桜ちゃん」がモデルです。

とりあえず、釉薬で色付け。

IMGP2094.jpg


IMGP2095.jpg

このように焼成前は粉状なんです。
今日はこれを焼成します。

そのあと、線を出すためにやすりで表面を磨き、もう一度焼成して表面を綺麗にします。
そのあと、パーツを考えて・・・・・

うえ~~ん
一個出来上がるのに何日もかかるじょ~。

 | BLOG TOP |  NEXT»»