プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ



寒くなるとわかりやすい二人。

最近、話題といえばイモムシのことばかりで、
さすがにブログ読者には嫌いな人も多いと思われ、
他の方へアップしてました。
ナミアゲハとの感動的な出会いと別れもあり、
イモLOVEはしばらく続きそうです。
先輩の方々からも次々に情報が寄せられ、
さすがSNSの力!と、ありがたく思っています。

この地区ではたとえ羽化させたとしても
成虫の食べる花が少なくなるし、
命も短いでしょう。
それでも今、蛹か、終齢幼虫なら羽化できるかも!と、
期待が膨らみます。
今、卵かちびちびーズは微妙なところです。
うまく風除室で冬越ししてくれればいいのですが、
それも運だな。

クリスタル星組は新しい曲をどんどんこなしています。
それぞれ個性的な声質なのですが、
この小ユニットは実に美しいハーモニーを奏でます。
指揮している私が一番癒されてる。

そして、大仙カンマーコーア・ジュニアを正式に募集、発足させることとなり
私はまた児童合唱に身を置くことになりました。
また、
まだ本決まりではないのですが
ある小学校の父兄からある依頼を受けるかもしれません。

歌うということは、
特にコーラスというものは
一人ではできません。
技術も必要ですが
素直な人、感動できる人、努力を惜しまない人、
など、ハードルはどんどん高くなります。
カンマーコーアにしても
クリスタルクワイヤーにしても
最高のメンバーに恵まれた!と、
感謝しています。

しっかり活動を続けて
次の世代にバトンを渡すためにも
私自身は体力づくりをする時間や
音楽に向き合う時間や
落ち着いて自分と向き合う時間を
確保したいと思います。

そうそう。
ラジオのオンエアの時間帯も変わるらしい。
突っ走らず、
ゆるゆる、
飽きずに続けていける方向になればいいなぁ。

201709161223133d3.jpg


愚痴が湧いてくるっていうのは
その状況から一歩踏み出せてなくて
満足してなくて
楽しくなくて
違和感があるってことよね。

楽しければ愚痴は絶対に出ない。
愚痴の原因を完全に無視できる場合もある。
関心がない!って思うこと。
それに関心がない時も愚痴はでないのだ。

今、三つの愚痴の原因とその対策を考えている。

ラジオパーソナリティー
・聴いている人の反応がわからない。
・ニ時間の拘束よりもそのために準備する時間がハンパないこと。
・不平等さを感じている。

対応策
・できるだけ時間をかけず、こだわりを捨てること。(難しい)
・人は人。自分は自分。比べないこと。

コーラス
・指導してもなかなか成果が見えないジレンマ

対応策
・生徒さんは純粋に上達と喜びとやり甲斐を求めてる。私の満足ではなく生徒さんの満足を重視すること。

◯◯◯
・うーん。。。。さすがに活字にはできない。
対応策
・あっちゃー。(^-^)見切りをつけるしかない?


人は人、自分は自分。それに徹する。
愚痴が出ないように、1日1日を楽しみながら暮らしていきます。

2017081919425268e.jpg

昨日はかつての生徒さんと、サシで呑み!!
もうね。
愚痴を聞いてもらってると
どっちが先生だよぉ〜?
という状況になるんだが、まぁ。いいよ。楽しいんだ。
今では、信頼できる飲み友達。
また来年な。


明日から未知の土地に行くし
来週は所属しているSGバレエスクールの発表会があるし、
毛繕いして(あ。美容室でカラーとヘッドスパ)
がっつり一人ランチを楽しみました。

すごいボリュームですが、
案外ヘルシーな小鉢付きで、
大満足でした。
ちなみに「喜代」の日替わりランチです。

気持ちはすでに夏休みになってたのか
ヘッドスパの途中で爆睡してしまったらしく、
スタッフさんが気を使って、
少し長く寝かせたままにしてくれてたみたい。
(´⊙ω⊙`)

明日はコーラスその後、ラジオ生放送から新幹線に飛び乗るので
たぶん、列車の中で爆睡だな。
5日の川上村の合唱セミナーがとても楽しみです。
生まれて初めての土地に行くのもワクワク。
音楽三昧の半日も刺激的。

そして、6日はおもだか屋アートステージに立ち寄ります。

日常生活は好きですが、
時々、
不本意だーーーー!
と、叫びたくなることがあって
夫の言動に
バカヤロー!と叫びたくなることがあります。

私がこの後も飯炊きババァの人生を全うするためにも
息抜きが必要です。
いや。
わかんないよー。
川上村が気に入って、
秋田に戻らず行方しれずになるかもよーん。笑

猫ロス症候群だけが心配。
あ。3日後に日南子が私を覚えているのか
そこも心配。




ガイネさんからいただいた古代蓮がやっと咲いた。
三年目!


元教え子ちゃんで呑み友達のFに「いつも同じところをグルグル回ってるね。」
と指摘され、
あっちゃー!
元教え子ちゃんからそんなこと言われて情けない先生だなぁと
我にかえったとこよ。

だけど、ヤなやつはあの人じゃないよ。Fちゃん。

私もあの人も同じ穴のムジナだったってことか。
ち。情けない。


いつも同じところでグルグル回ってるあの人。
どうやら違う流れの方にようやく向かったようだもの。
私との接点はいま、ほとんどない。
みんなと一緒にやるー
って、数年頑張って
やっぱり私は目指すものが違うと思うー
って、去っていって
みんなの頑張りや輝きを見て羨ましくなって戻ってくるというパターン。
だが、ついに、このパターンも終わったようだ。
影響範囲から去ったらしい。
長かったな。やれやれ。


私のぐるぐるはそうじゃなくて。。。
ここ4,5年のジレンマ。

「あなたとは方向性が違う。
2度と一緒にはやりません。」と
絶交状を投げつけてくれた
社会的にも立派な立場の70代の方。
見事だったよ。すげーなー!
私にはそういうことができないんだよな。
違うと思っても
相手を全否定することなんてできない。
だけど、
違うと思った瞬間は記憶から消えないし
どう繕っても
心の底からは信頼できない。

割れた花瓶に接着剤を付けてまた使ってる感。

それがジレンマ。
自分に嘘をついてる居心地の悪さ。

でも、そろそろ抜けよう。
日野原先生は「命は時間」だから
誰かのために使えっておっしゃってるけど
まずは自分のために使おう。
世の中には自分のため「だけ!」に1日を使い尽くしている
羨ましい?人もいるよな。

片付け


春に秋田市の園芸師匠から分けていただいた睡蓮が咲きました。

ホームセンターで求めたピンクも毎年咲くのですが
これとは明らかに花弁の形が違います。
睡蓮と花ハスと似ているけど違う二つの水生植物ですが
一年草の花苗よりもずっと育てやすいです。
結局、ほったらかしでも毎年咲いてくれる
多年草と
蘭と
水生植物と
多肉植物
ズボラな私にはこの四つが合っているようです。

でも、路地では冬越し不可!
という植物も好きなんだなぁ。。。
それが最近増えつつある。困った。


昨日、
「あした死んでもいい片付け 実践」というのを読みました。
片付けを推奨しているのに本を買ったらまた、物が増えるじゃないの!
と、
思い切ってKindle版で買ってみました。
電子書籍がスタートした頃、新し物好きの私はすぐに飛びついたのですが
画面のページを繰る違和感と
目に優しくない仕様に
不満を持ちました。

が、

慣れるものですね。

来年は還暦です。
年々モノが増え続け、
片付けなきゃーとは思うものの
忙しさに追われ、
なかなか断捨離ができない私。

この本では、
土日以外の毎日、タイマーをかけて30分だけ
要らないものを「抜く」ことを勧めています。
家をいくつかのパーツに分けて
「抜き」の場を毎日変えるのです。
たとえば、
クローゼット
洗面所
キッチン
趣味の部屋
玄関
と分けて、
曜日によって決めたりしないで
とにかく1ヶ月の計画を立てる。
約束は
まだやれる時間があっても30分でやめる。
抜いたものは
捨てるか、寄付するか、売るか
その三つに分けておく。
そして家の外に出す。

ふむふむ。
これなら一年ぐらいでスッキリするかしら?

私の場合、
まだ「抜き」作業に入れられないものは
楽譜とCDくらいだけど、
それでもCDは買わずにPC内に取り込めるし、

問題は
本とガラスやってた時の材料と
花の鉢だなぁぁぁぁ。。。。

娘たちももうそれぞれに独立した生活をしているし、
自分がいなくなった時に山ほどのガラクタ(高価なものでもその人にとって不要なら)を
残されても処分に困るだけだろうしね。
業者に頼んで処分という手もあるけど
何より生きているうちにスッキリしたら
残りの人生もスッキリ暮らせるんじゃないかしら?と、思ったわけですよ。

必然的に
自分の人生から「抜く」ほうがいいもの
「抜けない」ものも明確になるよね。

人間関係
仕事と称しているもの

おお!!
そうだそうだ!
要らないものが見えてきたぞ!
「抜く」と
身心ともにスッキリするかも。(笑)









 | BLOG TOP |  NEXT»»