プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ




らん君、完治しました。
多飲多尿は治りませんが、おしっこの色も普通になったし
声も出るようになりました。
食いしん坊でいつも笑っているらん君が笑わなくなって、
ご飯。。。いらない。
と、なった時は
う、、、お別れの時が近づいたか?

と、心配しましたが、
まじめにお薬も飲み続け、
介護食も少しずつ量を増やし、
昨日からは普通のご飯(と、言っても老犬用の缶詰)を完食するようになりました。
お腹も順調に動いているようですし、
危機は脱した❣️
良かったーーー。


と、思っていたら、
玄関タイルの上でパタパタしている黒いものを発見。

ま。。ま。まさか。。。。

。・°°・(>_<)・°°・。
しまったー。
羽化してしまった。

これらは、
秋口に羽化して飛び立った子が里帰りして産んだ子たち。
日に日に寒くなり、
過酷な環境の中、
放っておいたら淘汰されるだろうと
最初は自然に任せるつもりでした。
しかし、
台風にも、大雨にも負けず
生き続けるイモムシちゃんたち。
が、しかし、
食草も十分ではなく、これ以上は大きくならないだろうと
風除室に保護。
そのうち雪が降る季節になり、
仕方なく玄関内に保護。
レモンの木ももはや丸裸。
つい1ヶ月ほど前に最後のイモちゃんが蛹化したので
やれやれ。これで春まで眠っててくれれば乳母はお役御免だ。。
と、

思った私が甘かった。


最後の子はちいっさくて、蛹になったろうけど、いったいどこへ?
と、行方不明になっていました。
事もあろうに、玄関のスリッパ置き場の棚の下で蛹になってました。
それを見つけた日に羽化!

残念ながら、羽化不全で、左右対称でなく、
左羽は動かない状態でした。
たった1日の命でした。

写真の子は箒と塵取りで蛹になった子。
え。え。え?
なんか、黒くなって透けてるんですけど。。。。

と、言ってるうちにあっという間に羽化してしまいました。

この子は形こそ美しく生まれましたが、
やはり長くつかまっていることも飛ぶこともできません。

蝶飼育の諸先輩にアドバイスをもらいながら
吸水補助に励む年末です。
蝶の口の小さなストローをそっと爪楊枝で伸ばして、
蜂蜜水を垂らして湿らせたティッシュに導くんです。
もう、
手がブルブル震えます。
でも、必死でストローを伸ばす姿を見ると
可愛いです。

生きるって尊いことだと思います。
小さな命が燃えているのがわかって、涙が出そうになります。

年を越せるかわからないけど、
乳母、頑張ります。

今年は正真正銘の
アゲハラプソディーな一年でした。

さて、
2017年も残りわずかです。

来るべき2018年を見据えて、
静かにこの先の自分の生き方を考えてみます。←今日はダラダラするけど。

今年もお世話になりました。感謝❣️
皆様にたくさんの幸せが降り注ぎますように。



カテゴリーに「蝶と蛾」を追加しました。
しばらくこのネタが続きますので、
イモムシ毛虫が苦手な方はスルーしてください。


上の写真は卵です。


昨年からアゲハが庭に飛んでくるようになり、
山椒の葉にもっさり生まれました。

が、自然淘汰され、
冬が近づいた頃、とうとう三匹に減り、
これらに源次郎と名付けて
風除室に保護しました。
その三匹も一匹だけ蛹を確認できましたが
二匹は風除室の中で行方不明になりました。

残った一匹は
なんと冬を越し、
春、桜が終わる頃に羽化しました。

冬を越したことにも感激しましたが、
あの不思議な蛹から美しい蝶に変身したことも大感激。
羽化の瞬間は見られなかったので
次は羽化の瞬間を見たい!!


という
想いが高じて、

とうとう、
アゲハのためにみかんの木を二本買いました。
もちろんこの地域では冬越しできませんから、
風除室で冬越しです。
思いがけなくミカンの花も見ることができ、
喜んでいましたが、
逆に、アゲハは一向に現れず。。。。。
そして二回の大雨。そして秋の気配。


ここに来て、
一気に展開がありました。
ミカンの木に見慣れない幼虫が居たのです。


はい。画像注意ー。




201709021133463c4.jpg

トゲトゲで色が黄色っぽい。
ナミアゲハとは違う。
だけど、誰??
20170902113357856.jpg

ちなみに生まれたばかりのナミアゲハはこちら
201709021132103b8.jpg

少し成長すると鳥の糞にそっくり
20170902113352b88.jpg

まだ鳥の糞状態
20170902113357f87.jpg

そう。よく知っているあの緑のイモムシちゃんになるのはそうとう先のことなんです。


で。
見慣れない幼虫の親がわかりました。
最近、クロアゲハが来るんです。

ミカンの木に止まっているのを発見!
卵、ありました。
これも最初は黄色っぽいのですが、
日が経つと濁ってきて、赤っぽくなって、
中に黒いものが見えます。


ナミアゲハは葉っぱに卵を産むけど
クロアゲハは幹に産むらしい。
ナミアゲハも好き嫌いがあるらしく、
実がなる山椒は好きらしいけど、葉山椒は人気がないの。

などなど、
小学生に戻って、アゲハ観察に夢中な毎日です。
台風が来るというので、
ミカンの木にごと、幼虫たちを風除室に避難させちゃった。

緑のイモムシちゃんになると、鳥に食べられたり
蜂に刺されたりするんだよ。
自然淘汰か、保護か。。。。。
迷いに迷って
今年は過保護にします。

地植えした山椒に付いたのはそのまま外で。




さらに画像注意!




20170902113523841.jpg
私の小指よりも大きい幼虫‼️
スズメガの幼虫だそうです。
雑草をムッチャムッチャと音を立てて食べていました。
そういえば、去年、チェリーセージに来て
ホバリングしながら蜜すってたもんなぁ。。。
私もギョッとしたけど、
そっちも「え?え?人?敵?」と、固まったので
殺戮せずに見守ることにしました。

虫愛ずるオバさんの幼虫観察は続く。。。。

 | BLOG TOP |