FC2ブログ

プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組「花咲きレディオ」火曜日パーソナリティ。歌って踊る合唱指導者。大仙市からおいしい酒、自然、音楽を発信します。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ



10月14日の大仙カンマーコーア演奏会が終わり、
怒涛の秋が去りました。
ほんとに。。。
まぁ、多くは語るまい。

結論

違う!こうじゃないな。


あ。二年前も同じこと言ってたわ、私。


夫から「学習しないやつだなぁ。」と、呆れられつつ、
しかし、
「クラシックなんか全然わからねーども、えがった。」
と、褒めてもらえたのでよしとしよう。

その週の土曜日、
横手かまくらFMのごやさん主催の「気まぐれ弾き語りコンサート」に出演させていただきました。

201810281832468bb.jpeg

201810281832439c1.jpeg

アットホームでじんわり温かいコンサートでした。
なんか、涙出た。
音楽は人に寄り添って奏でる人と聴く人が共に心を揺さぶるものだと思う。
技術の凄さを見せつけるものでもなく、
だからといって聴く人に媚びるものでもなく、
言い方は当たってないかもしれないけど
ステージのこっち側とそちら側は対等であらねばならないと思いました。

もしかしたら、この十年の間に私も傲慢になっていたかもしれない。
そんな反省も踏まえて、
原点に帰ろうと思います。


なによりも演奏する側が楽しい!嬉しい!幸せ!と思える演奏会であること。
そして、聞いてくれた人が、
また聴きたい!何度も聴きたい!
と、思う演奏会であること。

演奏する側の我々はプロではありません。
技術の及ばないところは強い思いでカバーします。
だけど、自分だけ気持ちが良いものはステージに上げてはいけません。

ステージはある意味、自分のものだけど、
ある意味お客様のものであるから。

やっぱり老若男女、ステージで輝けるような演目をやってみたい。
人生最後の私の目標だな。
そして、もう一つ。
自分も輝きたいな。


このコンサートで、夫の高校の同期生とばったり!
彼とはよく色んなイベントで会うんです。
後日、彼が、
「おい、お前の奥さん、色んなところで活躍してるけど、お前ら夫婦仲、大丈夫か?」
と、心配してくれたそうです。
すかさず、周りにいた同級生が、
「Rは(夫)ゴルフと母ちゃん(私)しか見えてねーんだ。」と叫んだとか。
思わずニンマリ。
我が家の家訓は
「人生一回しかない。
好きなように生きるべし。」
夫は私の応援団長です。
それを再確認したので、
今年の苦労は相殺されました。

12月は街角コンサート2回。
そして本命のクリスタルコンサート。
色んなアイディアが出てきて、だんだん盛り上がってきました。

いただいたお花と、お菓子と、お酒の中に埋もれていましたが、
やっと出てきました。

気持ちも体もいっぱいいっぱいでしたので、
全然本番に浸る余裕もなく、
素晴らしかったよとお客様にはおっしゃってもらったけど
いやいや、まだまだですよ。と、思っていました。
最終的に音楽監督の責任?いや、違うでしょ。
それまで指導してきた私の責任でしょ。
しかもこの地区。
クラシックで集客するのはものすごく大変で、
その上色んな秋祭りや学校祭が重なり、
世界的に活躍なさっている小松先生がいらっしゃるのに
お客さんが少なかったら恥ずかしい!
最終的にはファンの集いの方々がチケット販売頑張ってくださったけど、
本当に前日までハラハラでした。
私は
一年以上、全く無報酬で、それどころか、範唱CDやら練習会場費やら全て自費で負担して
それでも良い音楽が作れたらと頑張ってきました。

でも、私の力はこの程度だな。
201810181130073c7.jpeg


ファミリーメンバーは
みんな、私が引き受けたならしょうがない、参加するか。
って、協力してくれたけど、
私たちがやりたいのってこれじゃないよね?
って思ってたはず。
確かに勉強にはなったけどね。

終わってみて、
やっぱり私がやりたいのはこれじゃないな。
と、正直に思いました。
良い舞台とは
その舞台にいつまでも居たい、明日も明後日もやりたい。
お客様の立場からしたら、
また見たい。何度でも見たい。
そういうことじゃないかなぁ。
20181018113007582.jpeg


終わってから
もしかして◯守さんになら本心言ってもいいかしら?と、
調子に乗ってメールしたら、
めっちゃ叱られたけどね。
小松先生への感謝が足りないと。終わりよければ全て良しで、
音楽監督に感謝を述べるのがオトナの常識と。
本当だね。そこが抜けてた私って非常識よね。

でも、万が一、次があるとしても
実行委員長と常任指揮者を兼ねることはできないってわかった。
運営と音楽現場は分けてもらわんと、できません。
てか、
(私はどちらも解任してもらいたい。)
ふ。。。
なんか、二年前と同じだなぁ。
夫にはお前は学習しないやつだな。って呆れられたけど。

さ。次へ進むぞ。
クリスタルコンサートは自分のライフワーク。
そして、音楽劇、シアターピース。長年構想を練ってきたことに力を注ぐぞ。
この街で生きてこの街で死んでいく人間なんだから
ここで幸せを感じて時を過ごしたい。
同じ気持ちで語り合える仲間と共に。

20181011105840218.jpeg

20181018113007a0e.jpeg

ご無沙汰しておりました。

って、いくらなんでも1ヶ月半も放置って
ブログ始めてから最長不倒距離じゃない?
もう、やめたのかも!って噂になってましたよね。。。。
この間、話題がなかったのではなく、あまりの怒涛の日々に
ブログも開けなかったというわけです。←ほんまかいな?

きょうは
第一回 大仙市商工会祭りでした。

世の中、いろんなところでイベント盛りだくさんで
個人的には、わぁぁ。。。行きたい!
というところもあったのですが、
なにしろ、ほれ!
人様と違い、日曜日は仕事の確率高いですからね。

今日はその、商工会祭りに
イベント出演。
コーラスのメンバーと、合唱集団男組の皆さんで
クリスタルコンサート311の第三部を再現してきました。

うむ。
まあ。屋外イベントだし、
何も言うまい。。。


あきた姫神合唱倶楽部は
8月19日のYokote音フェスに出場が決まりました!(^^)

そして、12月16日開催のクリスタルコンサートに向けて
新曲を絶賛練習中です。

楽しい、面白い、元気、
そんなコーラスは得意だけど、
今回は
フォーレの小ミサ曲に挑んでいます。
無駄なものを一切省き、澄み切った濁りのない発声を目指し
クラシカルな
基本中の基本とも言える楽曲に挑むには
勇気が要ります。
だってね、
誤魔化しきかないもんね。

おちゃらけができる合唱団ではなく
おちゃらけ「も」カッコよくできる合唱団目指して
正統派をしっかり学んでいく時間にしたいと思っています。
そのほか、ラジオドラマ風「ある女性の一生」を構想中。

あきた姫神合唱倶楽部は
かなり昔の楽曲を引っ張り出して日本の歌にトライ。
古いけど新しい❣️
そして、秋田北高還暦同窓会のアトラクションには
オペラユニットLEGENDの
「あ・り・が・と・うの歌」を選びました。

着々と譜読みが進んでいます。


お。
クリスのブログも更新されたようです。
こちらもよろしく。
BACK STAGE

一週間前

今日はクリスタルコンサート前の最期の合同練習でした。

正直言って、


男組は、もしかしたら出演が負担なんじゃないだろうか?
と、おもうこともあり、
来年はゲスト扱いにしようかしら。。。
と、落ち込むこともありました。
が、
ここに至って、さすがは義理と人情に厚い秋田の男!

自主練に半端なく時間を割いてくださっていたのが見えました。

決して若いとは言えない男性たちにゴスペルを歌わせて、
おまけに踊れという。
しかも、暗譜せよと!
なんという無理難題!
ストライキ寸前で頭、沸騰した方もいらしたようですが、(だよなー。わたしより年上の方ですもん。
この、生意気な女がー!って思ったでしょう、きっと。´д` ;)
しかし、
しっかり暗譜、楽譜を外してくださいました。
ソロをお願いした先輩の方々も
本番は楽譜、外します!と、おっしゃってくださいました。

涙、涙です。

いや。
今回のコンサート、泣きます。
指揮してて、一緒に歌ってて、
不覚にも、う。。。と、なる瞬間があります。
音が不安定とか、響きが足りないとか
歌を歌う以前の基本的な指導に時間を取られなくなった?
伝えるために、
完成された舞台のために、
そう。
より本質的な事に集中できるようになった。

11年。生徒さんたちは確実に実力アップしています。
年は関係ないです。
経験もあまり関係ないです。

素直なこと
努力することを辛いと思わないこと
歌が大好きなこと

そんな人たちと楽しい時間を過ごせる私は幸せな人間だと思います。
出会いに感謝。

3月11日
クリスタルコンサートは
今年も魅せるぜ!
20170706214426b2c.jpg

FMはなび
花咲きレディオの来週のテーマは
チェンジ!

市民によるクリスマスコンサートは
一応の成功のように見えましたが
実は
私の中ではそうではなかった。

私の周囲にいた人の中で
私のその、憤まんやるかたない思いを
自らの痛みのように感じてくださった方もいました。
一方で
え?何がどうして
うまくいかなかったと思うの?
という人もいました。
理解力?
感受性?

まあ、なんでもいいけど

離れて行く人は離れ、
引き続き一緒にやる人は残り、
新たな動きもあり、

全ては神様の言う通り!
と、腹をくくることにしたんです。

これまでのおつきあいに対し、
礼を欠くようなことはすまい!
そう思って対応してきましたが

それに対して
え?
という応答だった場合、

はい。
わかったよー
さよならー!

そう言うことにしました。

私の人生は残り少ない。
一緒に歌ってくれる人を大事にしない舞台なんて
くそくらえ!(あ。ごめん)
音楽を自分の出世の道具にしようなんて
神をも恐れない仕業だわ!

わたし、次に進みます。


201707062144304d6.jpg

 | BLOG TOP |  NEXT»»