プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日木曜日担当パーソナリティ。歌曲他なんでも歌う秋田のオバサンです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


大仙市内の某所で
主婦が「くま」に襲われ、全治3年のひっかき傷を負った。

Mさん(53歳)が、よく人に慣れている「くま」を
背中におぶって掃除をしていたところ、
玄関チャイムの音に驚いた「くま」が
Mさんの背中と首筋を蹴って、飛び上がった。
このため、Mさんは背中に二か所
首筋に三か所、肩に一か所の傷を負った。
傷はいずれも深く、
長さ5cm、深さ1mm
Mさんは、
完全に傷跡がなくなるまでには3年はかかるだろうと
ショックを隠せない様子だった。

これがMさんを襲った「くま」

IMG_0095.jpg

IMG_0098.jpg

ぷっす~・・・
IMG_0100.jpg

ゆき

ブログご無沙汰。

それなりに仕事、それなりに練習、それなりに園芸やっとりました。







その子は天使のように白く光っていた。

ふわふわの白いタオルにくるまれ、
髪も手も同じくらい白く透き通っているように見えた。

生まれたばかりの赤ん坊は力いっぱい泣いているのが普通なのに
その子は微笑んでいるように見えた。


暖かくやわらかいのと感じるのは
その子がそうだからなのか
抱いた私の気持ちがそうだからなのか
その両方なのか・・・・

姑さんが傍に付き添っていた。
夫はどうやら仕事に出かけているらしい。

「おばあちゃん、

 この子は

 咲と彩の妹だから

 ゆき

 って言う名前にするね。」




 ゆきちゃん

 
 ゆき

 

 ゆき?





誰だよ、お前!!




今朝の夢、リアルだったなぁ・・・。

誤解を恐れずに言うならば、私は幼児も赤ん坊も苦手である。
今はたぶん、母性なんてないに等しい。
でも、今日の夢では
「母である幸せ」・・みたいなものがぱぁぁぁっと広がっていった。

はぁぁ。。。。???
何なんすか?その夢。
DSC_0312.jpg

さっぱりわかりませんねぇ。
DSC_0306.jpg

ねぇ。。。
DSC_0305.jpg


「くまよ。おめーにきっぱりわかることなんてあるのかい?」


かぁさん、それ、ひどくないですか?
DSC_0308.jpg

黒猫

猫をよく知らない人は

黒猫が不吉だとか、魔女の使いだとか思っている。


残念・・・・・


統計的に見てどうなのかわからないけど、黒猫と暮らしている人は、口をそろえて言う。
黒猫はおバカだが面白いし、かわいいと・・・。


我が家の黒猫、くまたん。

ある時、あるお宅に三匹の子猫が捨てられていた。
その翌日、同じお宅に五匹捨てられた。
黒い子が三匹いた。ちょうど、黒猫を亡くした友人がいたので、もしかしたらもらってくれるかもしれないと2匹引き取った。そのほかにクリーム色の子と茶トラとサバトラ合計5匹里親探しを手伝うことにした。
黒い子はいつも一番下でほかの子たちのベッド代わりになっていた。
近所の方が見にいらして、「その子!」と即決。

他の子たちも次々に貰い手が見つかってやれやれ、と、思っていたが、黒い子の里親候補は一ケ月以上も連絡なしだった。
もはや手放せなくなっていた。

「すみません。うちの子にします。」

あの時の選択は間違っていなかったのだろうか?


くまたんははっきり言っておバカ!

猫渡りに寝る。
他の子にしてみれば、たぶん邪魔!
CIMG0074.jpg

なんとなくだらしない格好。
DSC_0166.jpg

眠くなればどこにでも寝る。
DSC_0171.jpg

ほんっっっとに残念だが、空気も読めないし、宇宙人でお馬鹿である。
DSC_0178.jpg

だけど、超~~~~かわいいの~。

DSC_0177.jpg

黒猫好きはたぶん親ばかの中でも限りなくバカに近いと思う。
まずは12月11日(日)
ペアーレ大仙フェア10:00~
会場 大仙市大曲市民会館大ホール(入場無料)

ペアーレ大仙では講師でもあり、受講生でもあるあんだんて。

受講生としての出演はクラシックバレエ
白鳥の湖より「花嫁候補たちの踊り」を踊る。

なかなか姫スイッチがみつからな~い。(そもそもないとか?)

そして、あんだんてが講師&指揮者をつとめる「楽しいコーラス」受講生のみなさんは11時ころの出番。
「時代」「Hail Holy Queen」「あすという日が」の三曲を歌う。

続けてクラシックバレエの先生と私の歌のコラボレーション
「見上げてごらん夜の星を」

お近くのみなさん、ぜひおいでくださいまし。


私たちの発表会は12月23日(祝・金)
第4回クリスタル・コンサート 13:00開場 13:30開演
会場 大仙市大曲市民会館大ホール(入場無料)
DM2011.jpeg

いわゆる合唱団として活動してるわけではない。
あくまでもペアーレ大仙の「楽しいコーラス」受講生のみなさんだから、メンバーは毎回少しずつ入れ替わっている。受講するにも、退会するにも、しがらみは一切ない。
そのスタンスはこれからも変えない。

一緒にステージを盛り上げてくれるのはいずれも30代の県南の若い指導者たち。
ピアノの虫、歌の虫、バレエの虫
とにかくそれが好きで好きでたまらない人たちが、ある時、まるでオーデションでもしたかのように集まってくれた。普段はそれぞれに活動し、それぞれに生徒さんを持っている。
コンサートのための練習はそれぞれができる場所でしている。
合わせる回数も2~3回。
あとはリハーサルと当日のゲネと本番。

みんな懐が深いのだ。そして実力があるのだ。(私を除いて)

今年は
第一部「祈り」
第二部「ともに歩もう」
というテーマで、歌い、踊り、演奏する。

昨年から舞台監督、照明、音響の専門家をお願いしてのステージだ。

自分が一人で企画してやってみて、初めてわかったことがある。
あたりまえだけど、舞台はたくさんの方々に支えられなければ成り立たないってことだ。
裏方のみなさんには何度でもお礼を言いたい。


来年1月22日はいよいよ県民ミュージカルの公演だが、素晴らしいスタッフのお力のもと、大きな舞台に立たせていただけることはきっと一生の宝になるだろう。ちなみに最近の練習風景はこちらで!
いよいよテレビCMも始まるらしいから、少しは周知できるかな。(大仙市は今のところ静かなものだ)

その一方で、私は私のできる範囲で、コンサートを続けて行こうという気持ちが強くなった。一人でも多くの人をステージに立たせたいし、一人でも多くの人に見てもらい、聴いてもらいたいのだ。

ぼくだって、かっこいいんだからね~。
DSC_0057.jpg


ねぇ、ねぇ、どう?
DSC_0060.jpg
稲刈りが始まった。
らん君は田んぼ道を散歩するのが大好きだが、最近はあちこち寄り道をしすぎるので、しょっちゅうあんだんてに怒られている。
あんだんてにどの程度のわがままが通じるのか試しているのかも。
まぁ、それはそれで我が家になじんできた証拠だけど、でも、ここはビシっと厳しくしなければ。
それ以外はまったく問題なしのらん君。

今年は長雨の後、記録的な猛暑。
あんだんての思い描く、「らん君との楽しいおでかけ」がまだ実現されずにいる。

涼しくなってきたから、今度はお出かけできるね、らん君。




こちら、再びお疲れモードのくまたん。
IMG_1566.jpg
「おかぁさん。小さい子というのはどうしてこんなにエネルギッシュなんでしょうね~。」
「いや。あんたが小さいころは電気器具破壊魔で、たいそう苦労したわ。ポーなんかおとなしいもんよ。」

その話題になると立場が悪くなるくまたん。


IMG_1569.jpg
「ふ・・・・若いもんは血気盛んなもんですよ。」


いや・・・あんたはただのおバカだった。


今でもはっきり覚えている。
くまたんをうちの子のしようと決心した日は、胸がざわざわして、ドキドキして、もう絶対に予約していた方のところにはやれない!という気持ちで、震えながらごめんなさいの電話をした。

カイ&ポーと同じころに保護された子達、ちょいとのぞきに行ったら保護主宅の子になっていた。
この夏の猛暑のせいか、お問い合わせがなかったそうだ。
いや。
猛暑のせいではないんだよね。

やっぱり、猫は住みたい家を決めてくる。

ポー君、君も実はあの日からとっくに決めていたのかい?

今日はイチローが10年連続200本安打を達成した日。





 | BLOG TOP |  NEXT»»