プロフィール

みかえる♪

Author:みかえる♪
大仙市コミュニティFM「FMはなび」お昼の情報番組火曜日(金曜日も)パーソナリティ。歌うこと踊ること大好きな秋田のオバさんです。


最新記事


最新コメント


地球の名言


presented by 地球の名言

カテゴリ


月別アーカイブ


春、蘭らん

20170318184830914.jpg
この子は2年前にホームセンターで買ったお値下げ品の
サクラポエムです。

御用達のホームセンターは
スタッフさんが皆さんお人柄で、
園芸担当の方もお花好きなので、
お値下げ品になってしまっても
再生不能の状態にはなってないんですよね。

名前を出したらまずいんでしょうけど、某サ◯デーなどは
絶対生き返らないよね。。。。という状態までお値下げしないし
お値下げしても
ずいぶんお高いし。そこでは買わないですね。(^_^;)

私の御用達はホー◯ッ◯ですが
スタッフさんが親切で、リクエストすると変わった植物も取り寄せてくれます。
見切り品も、ん?これならまだ見切り品と言っても元気!
という状態です。

今年はこのサクラポエムと、
なんちゃらジュエルが花芽を付けました。
20170318184806e46.jpg

色々挑戦してみましたが、
私に合ってて、うちを気にいってくれたのは
テーブルシンビジュームと、カトレアでした。
あ。最近は胡蝶蘭も二株、毎年咲いてます。

この二つ、どちらも手がかかりません。
夏は外に出して雨に当て、日当たりを確保する。
秋、霜の降りる前に室内に取り込み、
ちょっと乾燥気味にしておく。
寒くなってもあまり過保護にせず、
日当たりの良い窓辺を指定席にする。

それだけです。
たくさん肥料をあげてるわけでもありません。
201703181848300c6.jpg
もらいものの胡蝶蘭。三年連続開花!

201703181848201b6.jpg
テーブルシンビジュームの「このみ」
グリーン系、ホワイト系の花は
連年開花が望めるよ、と、石田蘭園さんに教えていただきましたが、
本当にその通りです。
寒いところに置いてあるアイスダンス(ホワイト系)、連年開花はもちろんですが、
今年はなんと、花茎が7本!!!

蘭は楽しいです。
庭に出られる時期はちっとも面白くない蘭ですが、
室内に彩りも香りもなくなる時期にやっはっはー!と
蕾をつけるこの子たち、かなりノウテンキな感じ?

とはいえ、
雪解けが待ち遠しいです。
秋に買って、冬越ししプレクトランサス。
切って水に入れといた挿し木も全員元気に冬越ししました。
どんだけ生命力強いの?
2017031818500044d.jpg

こちら、先日買ってきた
カトレアのマキシマ
小さい株なのにやたらにでっかい花芽!
20170318184959515.jpg
まもなく咲きます。






お値下げ品好きで有名な(?)わたしですが
某ホームセンターで買ったお値下げ品の中で
今まで一度も年を越して開花させたことがなかったのがカトレアです。

このカトレア、名札も取れていて、名無しさん。
花も終わっていましたが、
株が丈夫そうだったので去年連れてきました。

それが上のように咲いたのですよ!
本当は花茎が二本あったのですが、
一本は蕾になってからなぜかしおれてしまいました。

開花したカトレアは思っていたよりも大きな花で、おまけに優しい香りがします。
ミニやミディサイズのカトレアはあまり香らないのですが、
これはお得な気分です。
カトレアとは相性が悪いのかなぁ。。と、諦めていましたが
そうではなかった!!
咲くに時あり 散るに時ありですね。

14580922160.jpeg
これは、ステイ・ゴールドというシンビジュームです。
お値下げ品500円でした。
我がバレエ教室の「SG」は「stay gold」の意味なんですって。
ご縁を感じ、昨年連れてきました。
花茎は二本。
わいわい賑やかな若いお花という感じがします。

14584269090.jpeg
こちらは見切り品ではなく、
昨年、夢メッセみやぎのラン展に急に行きたくなって
その際に購入した、しぶーい感じのエピデンドラムです。
今年も花茎が4本も出て、びっしりと花を咲かせました。

デンドロビュームのキンギアナム系はもともと寒さにも強く、
連年開花するのですが、
今年も無事に咲きました。
14584268920.jpeg
14584269280.jpeg

この後もデンドロビュームのノビル系
テーブルシンビジュームたち、
花芽を付けて待機中です。

ランラン♪気分ですが(普通はルンルン気分っていうのかな)
今日は友達とブルーメッセで開催されている洋ラン展に行ってきます。
これ以上ふやさないぞー!という決心はたぶんすぐに崩壊するだろうなぁ。。。。

運命の子に出会えますように!
いってきまーす。ランラン♪
一昨年の4月から読売新聞に月一回、コラムを書かせていただいているのですが、
日南子写真の入賞を知った担当者さんが、「コラムの内容に合った写真も掲載してみませんか。」と、
ご提案くださいました。
立派なカメラも腕もありませんし、どうしようと一瞬迷いましたが、
そこは、ほら、なんでもチャレンジ精神の私のことですから、引き受けちゃいました。

また宿題増やして、自分の首を絞めることに。。。。は、なりませんよっと。(笑)


さてさて。
いつもの冬なら、連日の鉛色の空に気も滅入って
ホームセンターの園芸品コーナーにいりびたっている私なのですが、
忙しい毎日と
嬉しい誤算(笑)で、
今年はホームセンター通いしていません。

だって、だってね!
3年越しのお値下げ品や、一昨年の子や、昨年の処分品が
次々に花芽を付け始めたのですよ。

もー、嬉しくてたまりません。
14544592580.jpeg
これは、3年前に買ったけど、以来一度も咲いていないシンビジュームです。
「月の踊り子」という名前に惚れて買ったけど、
どんな花が咲いていたのかもはや、記憶にありません。
14544592400.jpeg
しかも、花茎が二本も。

うふふふふ。もうすぐ開花です。

14544591800.jpeg
こちらは、一昨年購入。
すでに花が終わっていたカトレア。
蕾がみえます。
お値下げ品のカトレアが咲くのは初めてです。

14544592110.jpeg
これは昨年の購入。やはり花後500円になっていたシンビジューム。
「ステイ・ゴールド」という名前にご縁を感じて連れて帰ってきました。
これも花数は少ないけれど花茎は二本です。

そして、ミニ胡蝶蘭たち。
14544591960.jpeg
14544593190.jpeg

このほかに昨年、夢メッセみやぎから連れてきた子たちも続々と花芽を付けています。
蘭にハマって約5年。

昨年から蓮にもハマり、今年はきっとダリアにもハマるよ。わたし。(笑)

やられた!

ここしばらく工房の植物たちに関心のなかったももちゃだが、

おととい、



やられた!!


バリケードを突破して、蘭の鉢を叩き落としてくれていた。
鉢も壊れたが、
バークが部屋中に散らばって、
葉先の尖ったものはことごとく
彼女の牙にかかっていた。

あーあ。この蘭は枯れるな、きっと。

朝からまたまた大移動。
夫の応接室に出戻り。。。。

最近、夫は蘭栽培に協力的で、
私より先に部屋のカーテンを開けてくれていたりする。
蘭には日光が必要!ってやっとわかってくれたらしい。
今までは、(約20年間)
部屋の中が外から見えるのが嫌だと
カーテンを閉めたままだったんだよね。
蘭栽培で暗中模索はまだ5年だけど、
昨年、カーテンが開かれてからというもの、
始めた頃の何倍もの成功率!

良い香りの蘭もたくさんあるので夫もそれなりに気に入ってたってことだろう。

そんなわけで、
ももちゃの攻撃をかわすために
もとの部屋に戻った蘭たち。(といってもカトレア系と胡蝶蘭)
和蘭とテーブルシンビジウムは屋外へ。
デンドロは風除湿へ。

今日は思い立って出かけたホームセンターで水生植物発見!!
蓮が待ち遠しすぎて、花蓮と可愛い水生植物をGET!

私が休日に行楽地に行きたくないのは
我が家が一番の癒しの場所だからなのさー。

変な自信

今、私の仕事場(モノ作りの工房)は




こんな状態だ、201503122034206ad.jpg
20150312203423492.jpg

うちは床暖房なので、冬場は部屋が乾燥する。

冬場に魔がさして買ってしまった蘭さんたちは
蕾付きの場合、ほとんどが
カサカサになって、あっという間に散ってしまった。

それならば…と、
石油ストーブで暖を取るおっとっとの部屋に
間借りして一年過ごさせてみた。

湿気はある。


しかし。


素焼きの鉢にカビが生える。

そして、ほとんどの苗が死なないまでもひょろひょろと
モヤシのようになってしまった。

開眼!!←遅っ!


蘭に必要なのは
湿度でも温度でもなく、
日光だった!!

おっとっとの部屋は、外から見えないよう、一年中カーテンを開くことがない。
適度に湿気はあるが、
ピカピカの太陽がない部屋だったのだ。
カビるのあたりまえやー!

洋蘭たちは思っているよりずっと低温に強い。
暖かくて暗い部屋よりは
凍らない程度の部屋でも
ちゃんとお日様にあてればオッケー!


結論。
日が当たる場所へ大移動!!

で、このようになった。


蕾をつけたら寒いくらいの場所でゆっくり開花を待つ。
花が終わったら、養生させて、日当たりの良いところで春を待つ。

今年は処分品もうまいこと育っている。これだ!!


ちなみに

趣味の園芸とか
◯◯の栽培12ヶ月とか
秋田県では当てはまりませんから!

その家、置き場所、手をかけ過ぎるか、放っておけるか
などなど。。。。
その家に嫁っ子にきたら、その家に馴染むように
姑としてもいろいろかんがえねばな!

素焼きの鉢に水苔がいいなんて、うそーん!!←失敗数しれず!
私は愛しすぎ、水をかけすぎるから、
たとえ素焼きの鉢でも植え込みにはバークが良いと判断。
はーーーー。
今年は殺戮しない気がするー。(笑)

 | BLOG TOP |  NEXT»»